ジムニーとシエラに! カユいところに手が届く逸品4選|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

保安基準と安全性、機能性のすべてに自信

リフトアップ対応ホース類と画期的フットレストで快適に

PLOT

プロトはそもそも2輪用のパーツメーカーとしてスタートしていて、パーツだけでなくロードホッパーというオリジナルのバイクまで製作している超老舗。今では4輪も含めた総合パーツメーカーとしてプロたちには広く知られていて、輸入パーツの取り扱いも行なっているため、プロトに頼めばたいがいのパーツが手に入る、と大きな信頼を寄せられている歴史ある名門だ。
そんなプロトが当初からチカラを入れているのが、ブレーキホース。自動車用なら300車種以上を展開しているというエキスパートで、OEMも手掛けるなど、ホース類に関してはまさにできないことはないという実力者。
受注生産で自社工場にて製作するのが基本だから、ホース長をオーダーすることができるなど、さまざまなメリットがプロト製ホースには備わっている。

そんなホースの大御所が自社ブランド、スウェッジラインで展開しているのが、このジムニー専用のホースキット。
ブレーキホースは変更すればブレーキタッチとコントロール性が向上し、ダイレクト感を増せるのがポイント。リフトアップ車であっても、500㎜まではホース長を無償で延長できるため、安全安心のリフトアップを満喫することができるのが大きな魅力だ。
同様にクラッチホースも延長オーダーができるため、こちらもリフトアップ車には必須。3インチ以上のリフトアップではフロントのプロペラシャフトが干渉するのだが、これを回避できるよう設計されたクロスメンバーも、この7月には発売が予定されている。

もうひとつ注目してほしいのが、ネオプロトのペダル類。アクセルやブレーキ、クラッチに関しては特に安全性に配慮していて、もちろんジムニー専用設計で、踏んだときのフィーリングにもこだわった快適仕様となっている。
中でも画期的なのが、フットレストバー。純正フットレストは奥まった位置に備わるため、しっかり座っているつもりでも、身体がねじれてドライビングポジションもズレる。これを解決するためのパーツがこれで、面ではなくバー状となるのが斬新。装着すればポジションが矯正され、ラクな位置に足を置けるから、疲れにくくなるのだ。

SWAGE-LINE スウェッジライン


リフトアップ時には必須なホース
ジムニー専用で開発されたステンレスメッシュホースで、ブレーキタッチとコントロール性、ダイレクト感を増すことができるのが特徴。1台分で500mmまでなら延長オーダーが可能だから、安全安心なリフトアップを楽しむためにはまさに必須なキットとなる。またボディリフトした場合はクラッチホースも延長する必要があり、プロトではこちらのロング指定にも対応。プロからの絶大な信頼を受けるホースであるという優越感も同時に獲得可。

固定はタイラップではなく、厳しい試験をクリアした専用のクランプで。安心安全で、もちろん車検にも対応可。

純正ブレーキホースよりも膨張率が低く、マスターシリンダーからのチカラを効率良くブレーキキャリパーへと伝えることができるのが特徴。ダイレクト感が増すのだ。

ホースカラーはクリア、ブラックスモークの2種類から選択可。純正ホース同様の永久結合を採用、信頼度満点。

ホースエンドはステンレス、クロメイト仕上げのスチールの2種から選択可。ともに耐食性が優秀、信頼性もバツグンに高い。

スウェッジライン製のブレーキホースは、500mmまでなら無償でホース長を延長オーダーすることが可。それ以上でも1000円アップで対応可能で、リフトアップ時でも適切な長さを確保できるから、安全性は激高。

SWAGE-LINE ブレーキホースキット
【フロント2本・リア2本の4本構成】
●価格 スチール/クリアホース 2万2500円(税別)
スチール/ブラックホース 2万2500円(税別)
ステンレス/クリアホース 3万1500円(税別)
ステンレス/ブラックホース 3万1500円(税別)
【バルクヘッド下部の2本構成】
●価格 スチール/クリアホース 1万1000円(税別)
スチール/ブラックホース 1万1000円(税別)
ステンレス/クリアホース 1万5000円(税別)
ステンレス/ブラックホース 1万5000円(税別)
●備考
・1台分のブレーキホース全て(6本)を交換する場合はブレーキホースキット前後、バルクヘッド下部の2本構成
品が必要です。
・リフトアップの場合はブレーキホースの延長が可能。1台分で総延長500㎜まで同価格。

NEO PLOT ネオプロト アクセルペダルNEO


数年かけて辿り着いた理想のペダル
フィーリングと安全性を重視し、数え切れないほどのテストも繰り返し、納得いくものになってから発売を開始するのがプロトのこだわり。このペダルセットも、実はすべてがラインアップするまで、開発に数年をかけた自信の逸品だ。もちろんジムニー専用で、フットレストバーにはマニュアル車用とAT車用を設定。アクセルなどのペダル類はすべてアルミ削り出し製で、フットレストバーはジュラルミン製、MT車用の台座はステンレス製。

アクセルはカバー式で、専用ステーで食い込ませるように装着するためズレの心配もなし。操作しやすい形状にこだわった。

ブレーキは純正のゴムを外し、ペダルプレートに穴を開けてボルトナットで固定する。クラッチはダイレクト感重視の設計に。

純正フットレストを使用する際にズレてしまうシートポジションを矯正できるのが特徴。身体のズレが消え、格段に楽になる。

●価格**
NEO PLOT アクセルペダルNEO
1万6000円(税別)
NEO PLOT ブレーキペダルNEO
AT車用 1万1000円(税別)
MT車用 8000円(税別)
NEO PLOT ブレーキ/クラッチペダルNEOセット
1万5000円(税別)
NEO PLOT フットレストバーNEO AT車用 1万円(税別)
MT車用 9500円(税別)

ヘッドレストホルダー


フラットレイアウト時にめちゃ便利
後部座席をフラットにするシチュエーションでは、ヘッドレストを抜かなければならないけれど、抜いたそれを置く場所が純正にはなく、ともすればヘッドレストが迷子になってしまうことも。それを解消できるのがこのヘッドレストホルダー。アウトドアを楽しむには必須で、取り外しは女性でもラクラク。7月発売へ向けて開発中。

後部座席のヘッドレストは、ホルダーに吊るして助手席背面へ。助手席のヘッドレストを外した場合は、運転席背面へ収納できる。いろんなシートレイアウトに対応可能だ。

純正にはないヘッドレストの収納を、増設できるのがポイント。助手席を寝かせてもヘッドレストが床に着かず、汚れないのも便利だ。

●価格:左右各1万円(税別)

クロスメンバー

リフトアップ時に干渉するプロペラシャフト問題を解消
ジムニーは3インチ以上リフトアップすると、フロント側のプロペラシャフトがメンバーに干渉し始める。これを回避できるクロスメンバーも、7月に発売される予定だ。下方へ延長すると地上高が確保できなくなるため、上方へ回避させているのがネオプロト製の特徴。強度ももちろんしっかり、ホーシングの向きが変わっても安心。

●価格:2万3000円(税別)

ハイパーレブ vol.235 スズキ・ジムニー No.5  2019年5月31日発売号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

アクセスランキング

  1. リフトアップ・スタイルに似合うLEDライトバー|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
    2019年09月19日
    リフトアップ・スタイルに似合うLEDライトバー|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
  2. リフトアップ・スタイルに似合うLEDライトバー|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
  3. 今でもイエローバルブを入れてイイのはいつのクルマまで? ヘッドライトの決まりゴト|クルマの保安基準
    2019年09月20日
    今でもイエローバルブを入れてイイのはいつのクルマまで? ヘッドライトの決まりゴト|クルマの保安基準
  4. 今でもイエローバルブを入れてイイのはいつのクルマまで? ヘッドライトの決まりゴト|クルマの保安基準
  5. 3眼プロジェクター内部はスモール連動でレッドアイ化も(展示用デモ)|60ハリアー カスタム
    2019年09月21日
    3眼プロジェクター内部はスモール連動でレッドアイ化も(展示用デモ)|60ハリアー カスタム
  6. 3眼プロジェクター内部はスモール連動でレッドアイ化も(展示用デモ)|60ハリアー カスタム
  7. 【ホイールの色選び】黒ホイールはこんなに渋い!! 力強さでタフなプラドに劣らない存在感を発揮|デルタフォース・オーバル
    2019年09月19日
    【ホイールの色選び】黒ホイールはこんなに渋い!! 力強さでタフなプラドに劣らない存在感を発揮|デルタフォース・オーバル
  8. 【ホイールの色選び】黒ホイールはこんなに渋い!! 力強さでタフなプラドに劣らない存在感を発揮|デルタフォース・オーバル
  9. ナビもSNSも縦型大型ディスプレイで楽しめる!|60ハリアー カスタム
    2019年09月19日
    ナビもSNSも縦型大型ディスプレイで楽しめる!|60ハリアー カスタム
  10. ナビもSNSも縦型大型ディスプレイで楽しめる!|60ハリアー カスタム
  11. スバル・レガシィツーリングワゴンGT tS(2010年6月〜2010年11月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車試乗記
    2019年09月20日
    スバル・レガシィツーリングワゴンGT tS(2010年6月〜2010年11月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車試乗記
  12. スバル・レガシィツーリングワゴンGT tS(2010年6月〜2010年11月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車試乗記
アクセスランキング一覧を見る

プロト

電話 : 0566-36-0456 URL : http://www.plotonline.com