【高価でも欲しい人気の足まわりといえば】国内で買えるエアサスに新たなブランド「AIRLLEN(エアレン)」が登場!

  • 公開日時 :

千葉県のプロショップ“ジェットストローク”が正規代理店に

斬新パイプレイアウト標準のエアサスキット
4独電気式、ワイレスリモコンなど装備も充実

AIRLLEN/エアレン

スイッチ操作で車高を上げたり下げたりできるエアサスキット。機能性、安全性が向上し、さらに価格も現実的なプライスで購入できるモデルが増えてきた。そんなエアサスキットの新ブランド゛エアレン゛が日本上陸。
エアサス エアレン AIRLLEN ジェットストローク
日本ではあまり馴染みのないブランドだが、オーストラリアや欧州各国へ展開している゛エアレン゛。これまでてがけてきた車種も豊富で、フェラーリなどスーパーカーの製作実績もある信頼のおけるブランドだ。

そんなエアレンの日本正規代理店として手を上げたのが、千葉県の『ジェットストローク』。「ここ最近、エアサスの需要が高まっています。特にアルファード&ヴェルファイアのお客様はエアサス率が高いですね。とはいえ気軽に購入を決められるほど安い買い物ではありません。だからこそ納得してもらえるモノを選んで欲しい。そう思っていた時、出会ったのがこのエアレン」とジェットストロークの佐々木さん。

エアレンは、落ちる、乗り心地を損なわない、そして安心して使いこなせるといった、エアサスに求められる基本機能を備えつつ、カスタムインストールしたかのようなハードラインパイピングを標準化。

しかもパイピングは鮮やかなアルマイトカラー!! カスタムパイピングの場合、パーツ代とインストール工賃が少々割高になってしまう。しかし標準化されているエアレンであれば、インストール工賃を気にする必要もない。

そして気になる値段はフルキットで50万円前後の予定。決してリーズナブルな価格ではないが、4独電気式、全長調整式で減衰力調整も標準装備、そしてカスタムパイピングが標準化されていることを考えればかなり割安。

現在事前予約受け付け中で、発売は9月。気になる人は今すぐお問い合わせを。

鮮やか質感と輝きが魅力的な、アルマイト仕上げの専用パイプ。レッドやブルーの他、現在カラーバリエーションを検討中。

4独、電気式が標準のエアレン・エアサスキット。電気式の要となる電磁弁も、ビジュアル重視のインストールで設置される。

エアサスタンクに圧縮した空気を送り込むコンプレッサー。タンク内の水分を除去するミストフィルターが標準装備となる。

車高の上下を操作する専用リモコンはワイヤレスタイプになる予定。ピアノブラック仕上げの本体カラーがクール。

標準タンクは強度に優れたスチール製の2.5ガロン。オプションでアルマイト仕上げのアルミタンクの設定を検討中。

ベース車高を任意に決められる全長調整式。32段階の減衰力調整機能が付いているので、自分好みの乗り心地に。

ALS01
ALS02
ALS03
ALS04
ALT01
ALD01
パイピングレイアウトは4パターン(ALS01〜04)の中から選択できる。オプションで2タンク×2コンプレッサー(ALT01)、スペアタイヤスペースへ設置する2タンク(1ガロン)モデル(ALD01)もラインアップされる予定。

ジェットストローク代表 佐々木裕一さん

「タンク、コンプレッサー、電磁弁をひとつのボードにまとめていますので、設置作業も簡単に。結果、取り付け工賃もお安くできるようになると思います」

スタイルワゴン2019年9月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :

関連パーツ