〜艶肌を維持するために〜【連載 Vol.05】150系ランクルプラドのリフトアップスタイル・カスタムプロジェクト

  • 公開日時 :

TOYOTA LAND CRUISER PRADO
UpStyle Project Vol.05

艶肌を維持するために

夏休みなんてプラドがもっとも大活躍するべき時だ。だけどアウトドアに繰り出せばクルマは汚れるし容赦なく照りつける日差しでボディにもダメージが。使い倒したいけれど、キレイなボディを維持したい。そのワガママを叶えるためボディコーティングを施工した。
プラド カスタム 150系後期 ランクルプラド
パートラッピングをしたことで、いつ見ても雰囲気が良くなった……気がする。だけど飾り立てて仕舞っておくだけじゃ勿体ない。クルマは走ってナンボ。でも、いつもキレイな状態を維持したいという気持ちもまた本物である。

そこで注目したのがボディコーティングだった。今やカーディテイリングは多様化し、あらゆる商品が乱立している。コーティングのラッピングにプロテクションフィルムに……。DIYでできるものからプロショップでの施工を前提とするものまで幅広い。

まだ納車から1年と経たないこのプラドは、ボディの色艶は充分だし小傷も少ない。末ながくこの状態をキープしたいと相談したのはダムクラフトだった。カーディテイリング全般を得意とする彼らの商品群の中から選んだのはエシュロンブランドのZenーXero(ゼン・ゼロ)である。

ボディに特殊な被膜を形成することで、深みのある色艶と強力な撥水性能を持たせるもの。撥水性を活かして「汚れをつきにくくする、汚れても水と一緒に流れていく」ことによって、防汚性能にも長けているという。これなら常にキレイな状態をキープできそうである。

同店の代表を務める眞籠大輝氏は「ボディコーティングは液剤の性能そのものはもちろん、塗布する前の下地処理、塗布して定着させる技術が重要です」という。

まずはボディ表面についた細かい汚れを徹底的に洗浄し、細かい傷は磨いて取っていく。もちろん、もともと乗っていたコーティングなども脱脂して除去する。車両の状態を見極め、またはメーカーや車種にとっても微妙に研磨の手法を変えていく職人技である。

このプラドの場合、新車に近いとタカを括っていたし、パッと見る限りは綺麗だったものの、実際のところ磨き傷や飛び石傷はついていた。小さな傷も露わにしてしまう照明設備の整ったファクトリーだからこそ、余計に目立って見える。

走行距離は7000kmに達し、また撮影前に洗車する機会も多かったから仕方ない。逆に言うと、こうした空間を有していてこそ、ボディの状態を見極めることが可能となり、丁寧なコーティング作業ができるのだろう。

それにしても仕上がりは見違えた。施工前後を写真で見比べるのは難しいものの、放つ色艶に一層深みが出たのは間違いない。施工を終えて引き取る際はその美しさにご満悦だったが、実は後日、もっと驚かされることになった。

この時期は梅雨の真っ只中で、連日、雨模様が続いていた。普段から引っ張り回して、かつ青空駐車をするなど、すぐに汚れ放題になるシチュエーションだ。なのにプラドは一向に汚くなる気配がない。

どうやら撥水性の上に成り立つ防汚性というのは予想以上だった。雨の中走ればボンネットの上でコロコロと水玉が流れるので、とても気持ちがいい。さすがに未舗装路で泥をハネあげるような状況だと汚れはつくが、それだって水洗いすれば簡単に落ちる。

愛車はキレイに保ちたいけれど、状況的にあるいは性格的にマメには洗車できない人にこそコーティングはオススメしたい。さらにプラドをアウトドアツールとして使う人ならなおさら。「汚れを厭わずガンガン使い倒しているけれど、いつ見てもキレイ」っていうスタイルってとてもクールだと思う。

アウトドアとなれば未舗装路へと足を踏み入れる機会が少なくない。とはいっても汚れ放題にはしたくない。ボディコーティングをすれば、水洗いだけで驚くほど汚れが落ちる。

施工したのはエシュロンブランドの最高峰「Zen-Xero」だ。新開発のフッ素系コート剤が抜群の撥水力を発揮。さらに塗装面は美しく深みのある光沢被膜が維持される。



コーティングは下地処理が何よりも重要だ。ボディの隅々まで洗浄し、乗っている油分やコーティングを脱脂して落とす。少しでも怠ると汚れ自体をコーティングすることになりかねない。その上で細かい傷を消すために何度も磨いていく。部位や角度、塗装メーカー、経年変化の具合によって、道具も違えば磨き方だって異なる。


磨きの過程では細かい粉塵がけっこう発生する。グリルなどの細かい部分に入り込んだ粉塵をキレイに除去していく作業もひと手間だ。


一見では施工前でもキレイに見えたが、塗装面にはうっすらと線傷が入っていた箇所もあった。塗装状態を正確に判断できる照明の下で露わとなる。施工後はまるで鏡のような状態となった。

まるで新車へと戻ったかのような、そんな気分を味わうためにもコーティングはオススメだ。もちろん新車の際に施工するのが最も効率的。末ながく良好な状態を維持できる。

Dam Craft ダムクラフト

優れた鈑金塗装技術を土台としながらカーディテイリング全般を展開する。100台あれば100通りある車両状態を見極め、ユーザーのニーズに即した作業を行ってくれる。車両メンテナンスやインテリアクリーニング、AV 機器のインストールなども得意とする。今回のZen-Xeroの場合、費用は15万円程度がひとつの目安。車種や車両状態により変わる。
住所:東京都目黒区下目黒2-19-7
電話:03-5759-3575
http://www.damcraft.jp

スタイルワゴン2019年9月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :

アクセスランキング

  1. 3眼プロジェクター内部はスモール連動でレッドアイ化も(展示用デモ)|60ハリアー カスタム
    2019年09月21日
    3眼プロジェクター内部はスモール連動でレッドアイ化も(展示用デモ)|60ハリアー カスタム
  2. 3眼プロジェクター内部はスモール連動でレッドアイ化も(展示用デモ)|60ハリアー カスタム
  3. 今でもイエローバルブを入れてイイのはいつのクルマまで? ヘッドライトの決まりゴト|クルマの保安基準
    2019年09月20日
    今でもイエローバルブを入れてイイのはいつのクルマまで? ヘッドライトの決まりゴト|クルマの保安基準
  4. 今でもイエローバルブを入れてイイのはいつのクルマまで? ヘッドライトの決まりゴト|クルマの保安基準
  5. 強度1.5倍から! マジ空力な吊り下げ式のディフューザーも!|クールプレミアム|60ハリアー カスタム
    2019年09月22日
    強度1.5倍から! マジ空力な吊り下げ式のディフューザーも!|クールプレミアム|60ハリアー カスタム
  6. 強度1.5倍から! マジ空力な吊り下げ式のディフューザーも!|クールプレミアム|60ハリアー カスタム
  7. 【ホイールの色選び】艶やかな輝きが間違いなくハイクラスな足元に引き立てる。ウェッズ・レオニスの特別な“黒”
    2019年09月21日
    【ホイールの色選び】艶やかな輝きが間違いなくハイクラスな足元に引き立てる。ウェッズ・レオニスの特別な“黒”
  8. 【ホイールの色選び】艶やかな輝きが間違いなくハイクラスな足元に引き立てる。ウェッズ・レオニスの特別な“黒”
  9. リフトアップ・スタイルに似合うLEDライトバー|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
    2019年09月19日
    リフトアップ・スタイルに似合うLEDライトバー|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
  10. リフトアップ・スタイルに似合うLEDライトバー|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
もっと見る