レーシングドライバーが乗る30系アルファード。その足元を飾るホイールとは|OZ Racing

  • 公開日時 :

30と、RD(RacingDriver)と、OZと。
デザイン性、機能性、 好まれる理由がある


OZ Racing/Montecarlo HLT
オーゼットレーシング/モンテカルロHLT



専用サイズだからこそ得られるクラス上の安心感
レース中、神経をすり減らすレーシングドライバーにとって、サーキットへの移動は楽な方がいい。スーパーGT、スーパーフォーミュラで活躍する大嶋選手も、快適さを重視して30アルファードを選んだ。

ただ、純正のままというのは、ちょっと。そこで足元に選んだのが【OZレーシング・モンテカルロHLT】。今年、アルファード&ヴェルファイア専用サイズを新たに追加したOZの鋳造1ピースだ。

実は以前の愛車でもOZのホイールを愛用していた大嶋選手。ただ、専用サイズではなかったため、スペーサーでツラを調整していた。そのため、走行中、微妙な振動がステアリングから伝わり、少し気になったという。

しかし、30アルファードに乗り換えたのを機に、ちょうど専用サイズが追加されたばかりのモンテカルロHLTを装着。スペーサーを使わずにちょうどいいツラになる専用サイズの恩恵は、ルックスだけにとどまらない。

ホイールとハブがしっかりと密着するため、不快な振動を感じなくて済むようになった。

専用サイズであるだけでなく、グロスブラックポリッシュという専用色も、30系アルファード&ヴェルファイアのプレミアム感を引き上げてくれる。世界のOZを、愛車の足元に。このステイタスを得るのは貴方だ。


待望のアルヴェル専用サイズを追加
シンプルでダイナミックな意匠が話題のモンテカルロHLTに、30系アルファード&ヴェルファイア向けサイズが追加。これまでも国産車が履けるサイズはあったが、特定のクルマをターゲットにしたモデルはOZ 初。カラーも専用のグロスブラックポリッシュを採用し、優越感の高い足元を得られる。

スポークのローレットデザイン部に1箇所だけ設けられたOZロゴは鋳抜きではなく、マシニングで仕上げられているのだ。

グッとコンケイブしたスポークは、OZオーナメントギリギリまでデザインされ、足の長さを存分に主張している。

フランジ部の意匠も注目。ポリッシュ面の太さを変えることで、ダイナミックで躍動感のあるフェイスを実現。

センターからコンケイブして伸びるスポークは、オリジナルローレット加工を施す。スポークエンドをツイストして動きのある表情に。

大嶋和也選手

1987年4月30日生まれ、群馬県出身のレーシングドライバー。今シーズンは、スーパーフォーミュラ(UOMO SUNOCOTEAM LEMANS)とスーパーGT(WAKO’S 4CR LC500)に参戦。スーパーGT 第4戦タイでは6年振り優勝を飾った。


サーキットを転戦する大嶋選手の愛車、30アルファード。運転していて楽な方がいいと選んだ30系アルファードの足元にはOZ。「スペーサーを使わないで済むので、ブレなくていいですね」。
【DEMO CAR SPECIFICATION】
SIZE:20×8.5J
TIRE:ブリヂストン・レグノGR-XⅡ(245/40-20)
COLOR:グロスブラックポリッシュ

【WHEEL SPECIFICATION】

SIZE H/PCD PRICE
19×8.0J〜10.0J 5/108、5/112、5/114.3、5/120、5/130 6万7000円〜7万1000円
20×8.5J〜11.5J 5/108、5/112、5/114.3、5/120、5/130 9万円〜10万5000円
22×9.5J 5/108、5/112、5/114.3、5/120、5/130 12万5000円

●カラー:カラー:マットブラック、マットダークグラファイトポリッシュ、グロスブラックポリッシュ
※サイズにより選べるカラーが異なります。

問:オーゼットジャパン 053-469-5011
http://www.oz-japan.com

スタイルワゴン2019年9月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :

関連パーツ