【流行りのアゲ系カスタム必需品】オフタイヤってどんなのがあるの!?  お薦めの最新6モデルをピックアップ!|リフトアップ カスタム

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

オフ系タイヤってどんなのがあるんだろう!?
これからアゲ系カスタムに挑戦する人必見!

スタイルワゴン・ドレスアップナビの過去記事をピックアップ

いま車高を上げてオフっぽさを楽しむUP Styleが人気だ。
SUVならプラドやRAV4、軽自動車ならエブリイやジムニー、ミニバンならデリカなどなど、ベースとなりうる車種も豊富で、まさに今が旬!
そんなアゲ系に必要不可欠なのが、タフなデザインのオフ系ホイール、そしてそのホイールに合わせるゴツゴツとしたオフ系タイヤだ。
今回は最新のオフ系タイヤ記事からお薦めをピックアップ!

いま、18インチでオフ系がアツい!! 人気のA/Tタイヤに18インチが追加!!

MUDSTAR/RADIAL A/T
マッドスター/ラジアルエーティー

オフ系 アゲ系 A/Tタイヤ M/Tタイヤ UPSTYLECUSTOM
週末のアウトドア遊びの時には、ちょっとした悪路も走ってみたいけど、普段使いの時の乗り心地だって重要。そこでお薦めなのが、全天候型のオールテレーン=A/Tタイヤ。マッドスターには、そんな使い方にベストなA/Tタイヤ、ラジアルA/Tがある。
オフ系といえば、16インチや17インチが定番だが、最近はちょっと大きめな18インチでアゲ系を楽しむというスタイルが注目されている。
そんな流れにいち早く対応し、ラジアルA/Tには、18インチが新設定。

関連記事:18インチのカジュアル・アゲ系に注目! 人気のA/Tタイヤ「マッドスター」に18インチが新設定!

SUV&ピックアップトラック向けの新カテゴリータイヤX―AT登場

YOKOHAMA/GEOLANDAR X-AT
ヨコハマ/ジオランダーX-AT


ヨコハマのオフ系タイヤブランド「ジオランダー」には、A/TタイヤのG015と、M/TタイヤのG003がラインアップされていて、どちらのアゲ系ユーザーには人気が高い。
そんなジオランダーにあらたに加わったのが、X-AT(エックスエーティー)。
オンロードでの快適性を求めながら、オフロードチューニングやドレスアップを楽しむユーザー向けに開発。オフロード感溢れるアグレッシブな外観と優れたオフロード性能に加え、オンロードでの快適性や環境性能を両立。
A/TタイヤとM/Tタイヤとの間に位置する新たなカテゴリーのタイヤだ。

関連記事:ゴツいデザインと悪路走破性とオンロードでの快適性を確保! M/TタイヤとA/Tタイヤの間を担うジオランダーの新カテゴリー!

大人気のマッドテレーンタイヤに15〜20インチまで待望の新サイズが登場

BF Goodrich Mud-Terrain T/A KM3
ビーエフグッドリッチ/マッドテレーンT/A KM3


ぶっちぎりの人気を誇るオフ系タイヤブランドといえば「BFグッドリッチ」。とくにA/TタイヤのKO2は、ホワイトレターやデザインの格好良さもあり、多くのユーザーが指名買いをしている。
M/TタイヤはKM3というモデルで、もちろんこちらも人気が高い。力強いトレッドデザインはもちろんだが、Bajaレースで培った技術を取り入れた機能性の高さも魅力だ。
そんなKM3は、15から20インチの間に12サイズを追加設定。人気の高さをうかがわせる。

関連記事:リフトアップスタイルに大人気のM/Tタイヤに12サイズが追加!|BFグッドリッチKM3|UPStyle

D:5の走破性を最大限に引き出せるオールラウンダー4×4モデル新登場

FALKEN/WILDPEAK A/T3W
ファルケン/ワイルドピーク A/T3W


クロカン4WDに劣らない悪路走破性能を持つ三菱・デリカD:5は、オフ系カスタムのベース車として人気のモデル。そんなデリカ乗りにお薦めなのが、ファルケンのオフロードタイヤブランド「ワイルドピーク」のA/Tタイヤだ。
お薦めする理由は、ゴツい表情からは想像できないほど快適なこと。ファミリーが多いデリカD:5ユーザーにとっては、普段の乗り心地も犠牲にできないところ。
ロードノイズは巧みに抑えられ、相応のエアボリュームがあることが手伝って乗り心地もマイルド。そのうえで、ステアリングを通して伝わる圧倒的な剛性感も魅力。
デザイン等はぜひ関連記事でチェックしてみよう。

関連記事:ルックスゴツイけど、静かでマイルド! USで人気の国産オフ系タイヤが国内販売を開始!

待望の国内発売 北米で支持される本気のM/T

FALKEN/WILDPEAK M/T01
ファルケン/ワイルドピークM/T01



重厚でワイドなプラドに劣らない迫力を持ったM/Tタイヤ、ファルケンのワイルドピークM/T01。A/T3W同様に、今年日本に導入されたモデルだ。
鋭利な石でも切れにくい肉厚のサイドウォールや、あらゆるオフロード路面でトラクションを稼ぐトレッド面など、いかにもな機能性を感じさせるデザイン。
こうも力強いデザインとなると、ストリートでの走りが不安だが、じつは意外なほどに快適。

関連記事:オフ系タイヤを街で履く! 北米で支持される本気M/T|街乗りPRADOカスタム

ホワイトレターが街に映える豪州生まれのM/Tタイヤ

Monsta Tyres/MUD WARRIOR M/T
モンスタ・タイヤ/マッドウォーリアM/T



オーストラリア大陸で生まれたモンスタ・タイヤも、いま注目度が上がっているオフ系タイヤブランドのひとつ。
モンスタ・タイヤの魅力を色濃く味わえるのがマッドテレーンに相当するマッド・ウォーリアM/Tだ。
肉厚でゴツいトレッドが、確かな接地感を持ってドライバーに頼もしさを伝えてくる。泥濘地など路面状況の劣悪な場所での走破性は抜群に高い。なのに、ストリートでも快適性が確保されるのは驚きだった。「真に強き者はいつも優しい」と感じさせる銘柄である。

関連記事:豪州発ホワイトレターのオフ系タイヤ|街乗りPRADOカスタム

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_霜田奈緒]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 3眼プロジェクター内部はスモール連動でレッドアイ化も(展示用デモ)|60ハリアー カスタム
    2019年09月21日
    3眼プロジェクター内部はスモール連動でレッドアイ化も(展示用デモ)|60ハリアー カスタム
  2. 3眼プロジェクター内部はスモール連動でレッドアイ化も(展示用デモ)|60ハリアー カスタム
  3. 今でもイエローバルブを入れてイイのはいつのクルマまで? ヘッドライトの決まりゴト|クルマの保安基準
    2019年09月20日
    今でもイエローバルブを入れてイイのはいつのクルマまで? ヘッドライトの決まりゴト|クルマの保安基準
  4. 今でもイエローバルブを入れてイイのはいつのクルマまで? ヘッドライトの決まりゴト|クルマの保安基準
  5. 強度1.5倍から! マジ空力な吊り下げ式のディフューザーも!|クールプレミアム|60ハリアー カスタム
    2019年09月22日
    強度1.5倍から! マジ空力な吊り下げ式のディフューザーも!|クールプレミアム|60ハリアー カスタム
  6. 強度1.5倍から! マジ空力な吊り下げ式のディフューザーも!|クールプレミアム|60ハリアー カスタム
  7. 【ホイールの色選び】艶やかな輝きが間違いなくハイクラスな足元に引き立てる。ウェッズ・レオニスの特別な“黒”
    2019年09月21日
    【ホイールの色選び】艶やかな輝きが間違いなくハイクラスな足元に引き立てる。ウェッズ・レオニスの特別な“黒”
  8. 【ホイールの色選び】艶やかな輝きが間違いなくハイクラスな足元に引き立てる。ウェッズ・レオニスの特別な“黒”
  9. リフトアップ・スタイルに似合うLEDライトバー|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
    2019年09月19日
    リフトアップ・スタイルに似合うLEDライトバー|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
  10. リフトアップ・スタイルに似合うLEDライトバー|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
もっと見る