カスタムの魅力は 細部に宿る!?【連載 Vol.06】150系ランクルプラドのリフトアップスタイル・カスタムプロジェクト

  • 公開日時 :

TOYOTA LAND CRUISER PRADO
UpStyle Project Vol.06

カスタムの魅力は 細部に宿る!?

今回はほんのわずかな仕様変更をしたうえで裏地を凝るかのようなカスタムをしてみた。あえてルーフボックスをキャンセルしてルーフラックに置き換え、ラゲッジにもひと工夫を。アレコレとコーディネイトできるのが楽しい。
プラド カスタム 150系後期 ランクルプラド
今回はプラドのユーティリティ性能を高め、さらにスタイリッシュに魅せることのできるような、小ワザの数々をお伝えしたい。

いきなりだけれど、連載3回目から取り入れてきたPACKLINEのルーフボックスは、一度取り外してみた。440ℓもの広大な容量は確かに魅力的だけれど、その容量を持て余す日々が続いたので、一度お休みさせて別のスタイルを構築した。

簡単にオンオフできるのが、こうした載せモノ系アイテムの魅力だ(二人がかりでの脱着にはなるものの……)。

その代わり、PACKLINEを載せる際に取り付けたフロントランナー製のベースキャリアを活かして、同ブランドのルーフラックを取り付けた。

今では国連の車両や、自然ドキュメンタリー番組の撮影車などにも採用されるブランドだ。一歩間違えば命に関わる過酷な現場で認められるものだけに、強靭で使い勝手がいい。

無骨な構造はそれだけでプラドがよりたくましく見えるし、ここにくくりつけるバッグやボックス、キャンプギアにこだわりたくもなる。荷物は隠すのではなく、ドレスアップアイテムとしてみせるアプローチがイマドキである。

さらにフロントランナーには40を超えるラックアクセサリーが揃い、自分好みのラックシステムを構築できる。サイクルマウントやサーフボードマウントは当然ながら、防水性を持たせたラックバッグ、テントやベッドなどのキャンプグッズも多種多様。ルーフラックはあくまで出発点というわけだ。

と、こうしたルーフ部分のお色直しをしたうえで、今度は足もとにもひと工夫を。かねてより装着してきたホイールブランドのデルタフォースから、このOVAL(オーバル)に似合うホイールナットが発売されたので、早速、装着してみた。これだけでぐっと精悍な表情となった。

さらにはひっそりと着実に進化させたのがインテリアである。まずはナビをカロッツェリアの楽ナビにした。今年になって全面刷新されたフルモデルチェンジ版で、8V型ラージサイズのAVICーRL910をプラドのインパネにすっぽりと収めた。

さらに150系プラドの北米仕様であるレクサスGX460に対して用意されるUSレクサス純正品に注目した。ここ日本では、そうしたパーツの数々が直輸入品として出回っているのだった。

数あるものの中で取り入れたのは、ラゲッジスペースに敷くラゲッジマットや、荷物が暴れるのを防ぐカーゴネット。アウトドアで汚れた荷物だって気兼ねなく放り込める。ルーフボックス分の積載力を、先述したルーフラックへの括り付けと、このラゲッジルームを駆使して補ってみようと思った。

他にドアポケットやドリンクホルダーの底部に敷くマットや、スマートキーシリコンカバー、キーレス連動ドアミラー格納ユニットなどの社外品も取り入れた。実はレクサス純正パーツを含めたこれらのアイテム、ネットでひたすら検索したらズラリと出てきたので、つい衝動にかられてポチっと購入したもの。

ほんのひと工夫で自分好みにできるアイテムが、ネットの世界にはたくさん存在しているんだと再確認してしまった。

と、今夏の暑さにもめげず、プラドのカスタムは着々と進行している。とはいってもカスタムだと気張るのではなく、日常に中で“あったらいいな”と思う小ワザを取り入れたのが今回である。



タフな製品を数多く展開するフロントランナーの中でも代表的なのが「SLIM LINE Ⅱ」と呼ばれるルーフラックだ。軽量かつ強固なアルミ製であらゆるハードユースを想定。様々な車種に対応するサイズを持つ。また40を超えるラックアクセサリーを取り付けることによって、自分の好みや用途にあったルーフラックシステムを構築することができる。


150系プラドの北米仕様であるレクサスGX460に向けて用意されるラゲッジマットやカーゴネット。レクサス純正部品だが、ここ日本でも通販やネットなどで手に入る。床面を傷や汚れから守ってくれて荷物が暴れない。ドレスアップにもなる便利なグッズである。


ドアポケットやドリンクホルダー、各種小物入れに敷くゴムタイプのマットや、キーレス連動ドアミラー格納ユニットなども取り入れた。気の利いた社外品がたくさん世に出回っているのもプラドの大きな魅力だ。



せっかくホイールを換えたのなら、締結するナットにもこだわりたい。そこでデルタフォースから登場したホイールナット(MIL NUTS)を投入。OVAL(オーバル)のナットホール径やデザイン性にマッチし、また強靭かつ軽量なアルミ製。カラーは4色(ガンブラック、ジャングルグリーン、サハラベージュ、ツンドラシルバー)が用意されるが、今回はボディカラーに合わせてサハラベージュをチョイスした。

スタイルワゴン2019年10月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :

アクセスランキング

  1. 今日はレクサスLMの発売日!! 日本じゃないけどね……日本円で1865万円からですってさ!
    2020年02月24日
    今日はレクサスLMの発売日!! 日本じゃないけどね……日本円で1865万円からですってさ!
  2. 今日はレクサスLMの発売日!! 日本じゃないけどね……日本円で1865万円からですってさ!
  3. 今年絶対流行る「オーバーランダー」スタイルはレクサスも注目! しかもホイールはJPNブランドのレイズ・デイトナでした!
    2020年02月23日
    今年絶対流行る「オーバーランダー」スタイルはレクサスも注目! しかもホイールはJPNブランドのレイズ・デイトナでした!
  4. 今年絶対流行る「オーバーランダー」スタイルはレクサスも注目! しかもホイールはJPNブランドのレイズ・デイトナでした!
  5. ミニバンなのに2ドアなの!?  しかもアルファードじゃなくてヴェルファイアなの!! ハイクオリティな超絶ボディカスタム
    2020年02月22日
    ミニバンなのに2ドアなの!?  しかもアルファードじゃなくてヴェルファイアなの!! ハイクオリティな超絶ボディカスタム
  6. ミニバンなのに2ドアなの!?  しかもアルファードじゃなくてヴェルファイアなの!! ハイクオリティな超絶ボディカスタム
  7. ホントにいけるの!? そう、ホントにいけました! 都会的なマツダのSUV群でゴリゴリのオフロードを走ってみた!
    2020年02月23日
    ホントにいけるの!? そう、ホントにいけました! 都会的なマツダのSUV群でゴリゴリのオフロードを走ってみた!
  8. ホントにいけるの!? そう、ホントにいけました! 都会的なマツダのSUV群でゴリゴリのオフロードを走ってみた!
  9. エアロだって「センサー系」対応! ラインアップ勢揃い! フローティング仕様も|30アルヴェル エアロ カスタム
    2020年02月23日
    エアロだって「センサー系」対応! ラインアップ勢揃い! フローティング仕様も|30アルヴェル エアロ カスタム
  10. エアロだって「センサー系」対応! ラインアップ勢揃い! フローティング仕様も|30アルヴェル エアロ カスタム
  1. 悩めるホイール選びをずばっと解決!? 自分のクルマにぴったりのウェッズホイールはどれだ?【クラウン編】
    [PR]
    悩めるホイール選びをずばっと解決!? 自分のクルマにぴったりのウェッズホイールはどれだ?【クラウン編】
  2. 悩めるホイール選びをずばっと解決!? 自分のクルマにぴったりのウェッズホイールはどれだ?【クラウン編】
もっと見る