30系プリウス&プリウスαでグングン走りたい人はコレだ! お手軽装着のスロットルコントローラー

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

イーコンセプト

いままでにない新発想のスロコンが楽しい!!

メイン画像

エコグライダーGT

エコグライダーGT

スロコンのみに機能を集約したエントリー機種。コントローラーを別途追加すれば、GT+と同じ機能が手に入る。

◇価格(税別):1万9800円
◇対応:30プリウス、プリウスα

エコグライダーGT+

エコグライダーGT+

グライダー走行をアクセルペダル操作なく行える、独自のクルコン機能を搭載した上級機。コントローラー付属。

◇価格(税別):2万4800円
◇対応:30プリウス、プリウスα

アクセルペダルの踏み込み量と、エンジンへ空気を送る流入弁(スロットル)の開閉量を、電子的にコントロールしているのはハイブリッド車も同じ。電子制御は無駄なアクセルワークを減らし、燃費にも大きな影響を与える重要なデバイスとなっている反面、ドライバーが思い描く感覚と、実際のスロットル開度(エンジン出力上昇)には開きがあるのも事実だ。それが”もたつき“として受け取られる最たる原因ともなっており、ハイブリッド車はその傾向がガソリン車よりも強い。勢いがまったく感じられないと不評の、プリウス純正の「ECOモード」の貧相な走りには、幻滅しているオーナーも多いことだろう。

ミラリードの「エコグライダーGT&GT+」は、そんな不快感を解消する、いわば踏んだ分だけグングン走る電子制御スロットルコントーラー(スロコン)。スロコン自体はご存じの通り古くからあるパーツで、その目的は基本同じだ。従来のスロコンは初期設定が必要である場合もあるなど、煩わしいと同時に、付加価値を盛り込みすぎで操作が複雑になりすぎ、簡単と思われながらも、じつはかなりマニアなパーツとなっていたことは否定できない。エコグライダーはその不便さを根本から改善。「扱い易さ」と「判り易さ」を第一としており、初期設定なども一切不要。OBDⅡに差し込めば即使える。

操作は、プリウスに搭載される純正ボタンで行えるイージーなもので、純正と同じ感覚でモード切り替えができる明快なモノ。スロコン起動時の違い、走りのダイレクト感をとくに注視しており、ドライバーが描く以上の加速感は、排気量を上げたかのような錯覚すら覚えるほどだ。その効果は、純正「PWRモード」を押した状態がもっとも顕著。”ハイブリッドカーをスーパーカーに“という開発コンセプトもあながち嘘でなく、体で感じることのできる判り易さは絶対ヤミツキになるはず。

キットは2タイプあり、標準の「GT」と上位機種の「GT+」がそれ。両者の違いはGT+に、エンジン回転数やアクセル開度などを表示する専用モニターが付属する点だ。モニター付きであれば、「グライダー走行」と呼ぶ、知る人ぞ知る燃費の裏技走行を、独自のクルーズコントロール機能と併用して行うことができる。グライダー走行はシビアなアクセルワークが要求されるため意外に難しいが、それをカンタンに行える点は見過ごせないアドバンテージ。プリウスはグレードにより、クルーズコントローラー無し車もあるのでまさに一石二鳥!

取り付けはOBDⅡにつなぐだけでOK

OBDⅡ

OBDⅡ-2

運転席側右足元付近にある、車輌診断コネクター(OBDⅡ)にソケットを差し込むだけと、装着は単純明快。ものの数分で完了し、初期設定も一切不要だ。

サブ画像

効果がもっとも顕著に判る純正の「PWRモード」だが、エンジン始動のたびにボタンを押すのはチト面倒。そんな場合は、常時点灯となるオプションCPUの併用を!

◇価格(税別):9980円

サブ画像2

コントローラーは「GT+」標準セットだが、単品買いで追加すれば「GT」も「GT+」同様の機能が手に入る。

◇価格(税別):5980円

サブ画像3

装着には車種別のアクセルハーネスが必須。30プリウスはH26年5月の一部改良で形状が異なるので注意。

◇価格(税別):3980円

回転数、アクセル開度、グライダー率を表示

サブ画像4

パワーオン〜オフまでの全走行に占める、実際のグライダー走行の割合%。数値が単純に、燃費上昇率となる。

サブ画像5

エンジン回転数表示(3桁)。例えば250の場合、2500rpm。回転数0の場合、写真の「ESP」と表示される。

サブ画像6

アクセル開度(throttle)を%で表示。ちなみに3つのモード切り替えは、左上のボタンの短押しで行える。

ハイブリッドカーでGT スポーツカー風の走りを実現!!

ハイブリッドカーでGT スポーツカー風の走りを実現!!

30プリウス用も設定あり

30プリウス用も設定あり

純正走行モードスイッチと連動する新発想のスロットルコントローラー

スロットルコントローラー

画期的機能が、プリウスに装備されている純正ボタンを使ってモードの切り替えができること。「ECO」「PWR」の2モードと連動しており、純正と同じ感覚でさらなる効果を楽しめる! どちらでも加速感の違いを味わえるものの、もっとも威力が発揮されるのが「PWR」。ボタンを押さない通常走行モード「STR」を含め、全3 通りの走りを楽しめる。

【NOR】ノーマル

【NOR】ノーマル

主電源ともいえる、グリッターモードボタンがOFFの状態。これがノーマルの状態。

【SPT】スポーツモード

【SPT】スポーツモード

効果をもっとも強く体感できる絶品の「スポーツモード」は、純正の「PWR」スイッチと連動。

【STR】ストリートモード

【STR】ストリートモード

純正のボタン操作をしない、もっともスタンダードな走行状態が「ストリートモード」だ。

【ECO】エコモード

【ECO】エコモード

走らないと悪評高い純正のECOモードの走りを、純正の標準時に近いレベルまで引き上げる。

プリウスのハイブリッドエンジンの能力を引き出す装着してすぐにわかる加速感が味わえる!

オートクルーズ機能

オートクルーズ機能

「GT+」には標準、「GT」ではコントローラーを追加すればクルコン機能を追加できる。純正クルコンが装備される場合は、純正を使うことも可能。

車速感知ドアロック機能

車速感知ドアロック機能

車速感知ドアロック機能2

駐車時に「P」ボタンを押すと(またはエンジンオフ)解錠されるほか、車速が20㎞/h 以上になると自動で施錠される。

最新レーダー探知機とも併用可能

最新レーダー探知機とも併用可能

最新レーダー探知機とも併用可能2

レーダー探知機を併用できない電スロがあることに対し、エコグライダーは、市販の二股ソケットを使っての併用が可能!

知る人ぞ知る!? 滑空モード(低燃費走行)ってなに?

エンジンも電気も使わず惰性で走る特殊走行

マニアなオーナーの間で話題となっている燃費走行「グライダー(滑空)走行」とは、一定速度までグンと加速したのちアクセルを離し、再びごく僅かアクセルを踏んだ状態で走り続けること。プリウスには、アクセルを踏んでもスロットルが開かず(ガソリン消費なし)、減速による回生ブレーキも効かない、駆動力と回生力がともにゼロの領域が僅かに存在する。本来の減速度合いをアクセルを踏むことでセーブしつつ、グライダーのように惰性で長く走行することから命名された裏技だ。

新滑空モードを搭載したスロコン。繊細なアクセルワークをCPUで制御簡単に滑空走行ができるようになる

スロコン

スロコン2

スロコン3

グライダーは純正機能を利用した走行のため、純正車でも再現できるものの、スイートスポットはごく僅か。シビアなアクセルワークが必要とされるため、ビギナーにはかなり難しい。「GT+」はそんなグライダーをカンタンにできるクルコンを搭載。クルコンはアクセルペダルから足を離した状態で、一定速度で走り続けられる快適機能だが、まさにその状態でグライダー走行も可能に。「GT」にもグライダーはあり、純正より操作しやすいがペダル操作が必要だ。

光るシフトスイッチ発売中!

光るシフトスイッチ

光るシフトスイッチ2

プリウスのシフトをボタン式に変える人気パーツの、イーコンセプトオリジナルモデルが近日発売。イルミ色を自由に変更でき、取り付けも楽勝!

イルミネーションシフトスイッチ
◇価格(税別):1万7800円
◇LEDカラー:全7色

最後に、皆さまにお願い!

「スタイルワゴン・ドレスアップナビ」をはじめ、「AUTOSPORT web」、「MotorFan」、「Clicccar」 、「web option」、「GENROQ.Web」の6サイトにて、いまクルマ好きの皆さまが“何”に興味を持っているのか、『1000万自動車ファン意識調査』を実施中です。Webアンケートにお答えいただくと抽選で100名様にAmazonギフト券が当たります! ぜひご参加ください!

→→ アンケートはこちらから

ミラリード e Concept事業部

電話 : URL : https://e-concept.biz/

アクセスランキング

  1. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……TRDとモデリスタが初の共作! プリウスPHVをベースに未来のカスタム像を魅せる
    2020年03月26日
    【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……TRDとモデリスタが初の共作! プリウスPHVをベースに未来のカスタム像を魅せる
  2. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……TRDとモデリスタが初の共作! プリウスPHVをベースに未来のカスタム像を魅せる
  3. 〈スズキ・ジムニー JB64〉選べる2タイプ! 安心、手軽なブーストアップチューン|カスタム
    2020年03月27日
    〈スズキ・ジムニー JB64〉選べる2タイプ! 安心、手軽なブーストアップチューン|カスタム
  4. 〈スズキ・ジムニー JB64〉選べる2タイプ! 安心、手軽なブーストアップチューン|カスタム
  5. 〈トヨタ・RAV4〉上質な快適空間へ導く、魅せるスピーカーと専用ナビ|ビジュアル&機能をブラッシュアップ カスタム
    2020年03月27日
    〈トヨタ・RAV4〉上質な快適空間へ導く、魅せるスピーカーと専用ナビ|ビジュアル&機能をブラッシュアップ カスタム
  6. 〈トヨタ・RAV4〉上質な快適空間へ導く、魅せるスピーカーと専用ナビ|ビジュアル&機能をブラッシュアップ カスタム
  7. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……“アウトドアで楽しい”“親子3世代で楽しい”を形にした2台のカスタムコンセプト
    2020年03月25日
    【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……“アウトドアで楽しい”“親子3世代で楽しい”を形にした2台のカスタムコンセプト
  8. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……“アウトドアで楽しい”“親子3世代で楽しい”を形にした2台のカスタムコンセプト
  9. いつの時代も憧れのホイールといえばBBS! 名作LMに新たなリムを手にした仕様がラインアップする!
    2020年03月26日
    いつの時代も憧れのホイールといえばBBS! 名作LMに新たなリムを手にした仕様がラインアップする!
  10. いつの時代も憧れのホイールといえばBBS! 名作LMに新たなリムを手にした仕様がラインアップする!
  11. 〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉リフトアップ量0インチ。快適な純競技マシン| カスタム
    2020年03月26日
    〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉リフトアップ量0インチ。快適な純競技マシン| カスタム
  12. 〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉リフトアップ量0インチ。快適な純競技マシン| カスタム
アクセスランキング一覧を見る

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……TRDとモデリスタが初の共作! プリウスPHVをベースに未来のカスタム像を魅せる
    2020年03月26日
    【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……TRDとモデリスタが初の共作! プリウスPHVをベースに未来のカスタム像を魅せる
  2. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……TRDとモデリスタが初の共作! プリウスPHVをベースに未来のカスタム像を魅せる
  3. 〈スズキ・ジムニー JB64〉選べる2タイプ! 安心、手軽なブーストアップチューン|カスタム
    2020年03月27日
    〈スズキ・ジムニー JB64〉選べる2タイプ! 安心、手軽なブーストアップチューン|カスタム
  4. 〈スズキ・ジムニー JB64〉選べる2タイプ! 安心、手軽なブーストアップチューン|カスタム
  5. 〈トヨタ・RAV4〉上質な快適空間へ導く、魅せるスピーカーと専用ナビ|ビジュアル&機能をブラッシュアップ カスタム
    2020年03月27日
    〈トヨタ・RAV4〉上質な快適空間へ導く、魅せるスピーカーと専用ナビ|ビジュアル&機能をブラッシュアップ カスタム
  6. 〈トヨタ・RAV4〉上質な快適空間へ導く、魅せるスピーカーと専用ナビ|ビジュアル&機能をブラッシュアップ カスタム
  7. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……“アウトドアで楽しい”“親子3世代で楽しい”を形にした2台のカスタムコンセプト
    2020年03月25日
    【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……“アウトドアで楽しい”“親子3世代で楽しい”を形にした2台のカスタムコンセプト
  8. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……“アウトドアで楽しい”“親子3世代で楽しい”を形にした2台のカスタムコンセプト
  9. いつの時代も憧れのホイールといえばBBS! 名作LMに新たなリムを手にした仕様がラインアップする!
    2020年03月26日
    いつの時代も憧れのホイールといえばBBS! 名作LMに新たなリムを手にした仕様がラインアップする!
  10. いつの時代も憧れのホイールといえばBBS! 名作LMに新たなリムを手にした仕様がラインアップする!
  1. ホイール選びに新たな刺客! 光と影。ふたつの顔を持つ新ブランド「NOVARIS(ノヴァリス)」爆誕!!
    [PR]
    ホイール選びに新たな刺客! 光と影。ふたつの顔を持つ新ブランド「NOVARIS(ノヴァリス)」爆誕!!
  2. ホイール選びに新たな刺客! 光と影。ふたつの顔を持つ新ブランド「NOVARIS(ノヴァリス)」爆誕!!
もっと見る