新車速報! RAV4譲りのアクティブフェイス! ダイハツとタッグを組んだ小型SUVライズが新登場【新型車レポート】

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

室内の空間効率を突き詰めた
運転しやすい5ナンバーSUV

いま流行のコンパクトSUV市場にトヨタが送り込んだ新型ライズ。ダイハツ・ロッキーのOEMとなるが、フロントマスクやホイールなどのデザインがやや異なる。月販目標もダイハツ・ロッキーが2000台なのに対し、ライズは4100台となんと2倍! トヨタはライズをホンキで売る気なのだ。
運転しやすい全長4m以下のボディに、クラストップレベルの荷室スペースや居住空間をギュッと詰め込んでいるのに驚く。荷室は通常時でも369Lあるし、前後シート間は900mm確保しているから後席は大人でもゆったりと座れる。パワートレーンは、1.0Lターボながら1.5L NA並みのトルクを低回転域で発揮する街乗り仕様。4WD車には車両の状況に応じて最適なトルクを後輪に配分するダイナミックトルクコントロールAWDを採用する。また、先進安全装備も申し分ない。スマートアシストは最新版を搭載しているうえ、全車速追従式ACCやパーキングアシストなども装備。売れる予感がムンムンと漂うライズに注目だ。

外装


フロントは角張ったバンパーコーナーや大径ロアグリルにより、力強さとワイド感を演出。薄型LEDヘッドランプやLEDウインカーのシーケンシャル化で先進性もアピールする。


オーバーフェンダーに大径17インチアルミなど、SUVらしい力強いスタイルを全長3995×全幅1695mmの5ナンバーサイズに凝縮。ボディカラーは、新開発のターコイズブルーマイカメタリックを含む全8色を用意。

内装

運転席の視認性を重視したコックピット。運転席に向けられて配置された操作パネル、自然な位置で手を伸ばせば直感的に操作できるシフトレバーなど、ドライバーズファーストな作りだ。


前席は座面のサイドサポートを大きくして、背面部とサイドパットの硬度を変えることでホールド性を強化。エッジにレッドのアクセントカラーを加えているのも印象的。

スマートアシスト

車両と歩行者を検知する衝突回避支援ブレーキに加え、アクセルとブレーキの踏み間違いに時における衝突被害軽減に寄与する「ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)」など、安全装備の充実度は高い。

7インチTFTカラー液晶ディスプレイ

LEDデジタルスピードメーターと7インチTFTカラー液晶ディスプレイをシームレスに表示できるのはGOOD。写真の先進モードをはじめ、ワクワクモード、シンプルモード、アナログモードの4パターンから設定可能だ。

【SPECIFICATION】

X 167万9000円(2WD)/191万8800円(4WD)
X“S” 174万5000円(2WD)/198万4800円(4WD)
G 189万5000円(2WD)/213万3700円(4WD)
Z 206万円(2WD)/228万2200円(4WD)

トヨタ自動車お客様相談センター 0800-700-7700
https://toyota.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
    2020年11月22日
    これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
  2. これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
  3. 【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
    2020年11月23日
    【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
  4. 【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
  5. マツコネ・インターナビユーザー必見!【ディスプレイオーディオ】デッキ交換不可でもハイクオリティサウンドを楽しむ!
    2020年11月23日
    マツコネ・インターナビユーザー必見!【ディスプレイオーディオ】デッキ交換不可でもハイクオリティサウンドを楽しむ!
  6. マツコネ・インターナビユーザー必見!【ディスプレイオーディオ】デッキ交換不可でもハイクオリティサウンドを楽しむ!
  7. MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
    2020年11月23日
    MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
  8. MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
  9. 最新パフォーマンスをスタイルで体現〈スバル・レヴォーグ〉ワイドフェンダーの破壊力がVM型を新境地へと導く!
    2020年11月22日
    最新パフォーマンスをスタイルで体現〈スバル・レヴォーグ〉ワイドフェンダーの破壊力がVM型を新境地へと導く!
  10. 最新パフォーマンスをスタイルで体現〈スバル・レヴォーグ〉ワイドフェンダーの破壊力がVM型を新境地へと導く!
  1. 【北米・欧州で高評価】1年中履ける噂のオールシーズンタイヤ『トーヨータイヤ・セルシアス』ってどんなタイヤなの!?全19サイズに増!
    [PR]
    【北米・欧州で高評価】1年中履ける噂のオールシーズンタイヤ『トーヨータイヤ・セルシアス』ってどんなタイヤなの!?全19サイズに増!
  2. 【北米・欧州で高評価】1年中履ける噂のオールシーズンタイヤ『トーヨータイヤ・セルシアス』ってどんなタイヤなの!?全19サイズに増!
もっと見る