【400車種以上に取り付け可能!】最先端の大画面10インチカーナビ|パナソニック・ストラーダ【前編】

  • 公開日時 :

“もっと大画面”の史上最高画質ストラーダが誕生!
パナソニックのAV一体型ナビ・ストラーダがモデルチェンジ!


Panasonic Strada/F1X PREMIUM10
パナソニック ストラーダ/F1Xプレミアム10


最上級となる「CN-F1X10BD」はなんと400車種以上への装着を可能としながらも10型大画面を実現した大注目のモデルだ。今回はその魅力をたっぷりとお伝えしよう。
パナソニック ストラーダ F1X 10インチ カーナビ
さまざまな車種に装着OKの10型大画面ナビ
ルートガイドだけでなくエンタメ性能も満載

いちばんの特徴となるのは一般的な2DINスペースのクルマでも大画面ナビの装着を実現できること。このモデルではなんと400車種以上に適合している。しかも従来機種のディスプレイは「9型WVGAパネル」だったが、これを「10型HDパネル」へとグレードアップ!サイズを拡大するとともに解像度を2・4倍に引き上げている。

実際に映像を目にするとだれもがクオリティの高さに目を奪われるはず。新開発のHDブリリアントブラックビジョンは高輝度、低反射が生む鮮やかな色合いのうえに高精細。ストラーダ史上最高画質を達成しているという。

そしてこのディスプレイの魅力を最大限に生かすのが、パナソニックだけのブルーレイディスク再生機能だ。市販のソフトだけでなく自宅のレコーダーで録画したテレビ番組も楽しめる。もちろん高感度な地デジも備えている。

さらにオーディオ機能も充実しており、ハイレゾ音源再生対応や音のプロのチューニングを手軽に楽しめる「音の匠」機能を備える。

ナビ機能についてはストラーダならではのわかりやすい地図表示や親切なルートガイドを搭載。VICS WIDE情報を取得して渋滞回避ルートを案内したり、専用アプリとスマホを利用して音声操作もできる。

ドライバーが運転に注意すべきポイントを知らせる安全・安心運転サポート機能も一段と進化。案内表示をよりリアルなデザインに改良したり、逆走検知箇所が高速道路だけでなく都市高速道路にまで拡大した。

ココに注目!! 5つのポイント

・2DINサイズボディながら10型大画面を実現
・わかりやすくて親切なナビ機能
・安全・安心運転サポート機能が一段と充実
・ストラーダだけのブルーレイを高画質再生
・ハイレゾ音源対応のハイクオリティサウンド

ナビもオーディオも、使い勝手が大きく向上
USBメモリーやSDメモリーカードに収録したハイレゾ再生が可能。音響調整機能も満載だ。

ブルーレイディスク再生は高画質&大画面を存分に生かせる。スマホのHDMI 接続にも対応。

安心運転サポート機能は新たに都市高速道路での逆走も検知ができるようになった。

都市部の主要な交差点ではイラスト図による案内を展開。カラーレーンなども反映される。

専用ドライブレコーダーと連携!

専用設計のドライブレコーダー2モデルを用意しているが、おすすめは2カメラタイプの「CA-DR03TD」。スリムな本体にコンパクトなカメラを2台付属したセパレート型。車両前後の状況を200万画素CMOSセンサーでフルHD画質記録。

しかも業界最高水準となるF値1.2の明るいレンズや明暗差を自動補正するHDRなどにより夜間にも強い。また、駐車中に振動を検知すると自動的に録画を開始する駐車録画モードも搭載している。

タッチパネル画面上で各種の設定操作が可能。地図と映像の2画面表示や走行中に画面右下のカメラマークにタッチすれば後方の様子をナビ画面に表示できる、“ワンタッチ後方ビュー”も使っていて便利な機能のひとつだ。

手のひらサイズのコンパクトなカメラ。フロント&リアウインドウに貼り付けて装着する。

スリムな本体はコンソール脇などに設置する。付属する16GBマイクロSDカードに映像を記録。

記録映像は10型大画面で再生。記録された場所が確認できる地図との2画面表示も可能だ。

【SPECIFICATION】
●価格:オープン (11月発売予定/実勢価格:19万円前後)

【後編】では、開発スタッフにインタビュー!!!

問:パナソニック ☎0120-50-8729 https://panasonic.jp/navi/

スタイルワゴン2019年11月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :