スバル・BR系・D型レガシィツーリングワゴン(2012年5月〜2013年5月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー

  • 公開日時 :

フロントフェイスを一新
新グレード「2.0GT DIT」ラインアップ!


SUBARU/LEGACY TOURING WAGON
スバル/レガシィツーリングワゴン(BR系・D型) 2012年5月マイナーチェンジ


レガシィ ツーリングワゴン 2012 2013 BR D型 中古 試乗 ノーマル
レガシィ・シリーズがマイチェンを敢行した。コンセプトは「全性能モデルチェンジ」。いつものことながら、ここまでやるかのビッグマイナーだ。

まず注目したいのは、現行モデルとしては初となる2ℓモデル、「2・0GT DIT」が新設定されたこと。しかも2・5ℓターボのスペックを上回る300ps/40・8㎏-mを発生する2ℓ直噴+ツインスクロールターボユニットを搭載したシリーズ最強のモデルだ。

このパワーユニットは、BRZと同じくスクエアなボア×ストロークのFA型ながら、トヨタ譲りの直噴・D4Sではなく、スバル独自の直噴技術・Diを採用。ミッションは5速ATではなく、これまでのリニアトロニックCVTをベースに高トルクに対応した、新しいリニアトロニックCVTだ。

またAWDシステムは、リニアトロニックとしては初めてVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)を組み合わせている。Siドライブも専用チューンのもので、S#モードでは疑似的な8速ATモード、MTレンジでは8段変速のスポーティな走行を楽しむことができる。

その上で燃費性能は2・5ℓターボと比較して約20%の向上を果たしており、エコカー補助金対象車でもある。

もちろんパワーに応じたシャーシ、サスペンションチューニングが施されており、高速走行やコーナリングでのスタビリティの向上を果たしている。また、内・外装の随所に専用仕様が奢られている。

なお、このモデルの登場により、2・5ℓターボ搭載「2・5GT」は、バリエーションが縮小されて「2・5GT EyeSight」のみとなった。

2・5ℓのNAモデルは、これまでのEJ25型から新世代のFB25型に換装。このパワーユニットは海外ではすでに投入されていたが、日本へは今回が初投入だ。

リニアトロニックCVTも軽量・コンパクト化されている。そして2・5ℓNAモデルは全車にアイドリングストップ機構が搭載され、燃費性能は大幅に引き上げられた。アイドリングストップはEyeSightとの協調制御も図られており、追従クルーズ中に前走車に続いて停止した場合でもブレーキを踏むことなく作動する。

アウトバックも含め、エクステリアのフロント周りはグリル、バンパーの変更などで従来よりも引き締まった印象に。インテリアは加飾やスイッチ類のレイアウトが見直されて上質感、スポーティ感が高められている。

ボンネットのパワーバルジが卓越したパフォーマンスを物語る。新設定された「2.0GT DIT」。専用サスや、内外装のデザインにブルーをアレンジし、スポーティなイメージを演出している。


「2.0GT DIT」に搭載される2.0ℓボクサー4の直噴ターボユニット。高トルクに対応したリニアトロニックCVTが組み合わされる。



内外装をよりスポーティにフェイスリフトしたニュー・レガシィ。「2.0GT DIT」ではシートサイドや、ドア&センターアームレストにブルーステッチが施されている。


中低回転域のトルクを向上させた2.5ℓ新世代ボクサーエンジンを搭載した「2.5i EyeSight Sパッケージ」。軽快な走行性能と燃費性能を両立させている。


アウトバックでは、ワイド感を強調したバンパーをはじめ、力強い“ヘキサゴングリル”やヘッドランプなどでフロントフェイスを一新。写真は「2.5i LPackage」。


「2.0GT DIT」をオプションパーツでドレスアップ。フィット感もよく、ワンポイントで効果的に演出できる。

※記事の内容、価格、スペック等は2012年5月のデビュー当時のものです。その後の一部改良等で変更になっている可能性もあります。

※スタイルワゴン2012年6月号より

記事情報

  • 公開日時 :