歴代デリカを比べまSHOW Vol.4 84年式 スターワゴン2300ディーゼル4WD GLXエクシード!

  • 公開日時 :

こだわりの84年式GLXエクシード!

スターワゴン2300ディーゼル4WD

GLXエクシードターボ【L038GW】

経年劣化で表面がカサカサになりがちな赤系のボディ色ウィーンレッドにも関わらず、その塗装面は新車同然と言っても過言でなく、周りの風景がくっき
りと映り込むほどだ。しかも、再塗装したのでなく35年前に発売された当時のままだというから驚くしかない。
実はこのスターワゴンのオーナーは、シャーウッドグリーンも所有する中西さん。20年間、車庫で眠っていた個体を見つけ出し、自らの手で5ヵ月もの時間をかけて各部の修理を行ない、見事に公道復帰を果たした。
「車庫保管で雨風をしのげたから内外装の程度はすごくよかったんやけど、まったく動かしてなかったんで走りに関する部分が完全にダメやった。エンジンはウォーターポンプから水が漏れてるし、ブレーキも固着。それ以外にクラッチやミッション、ステアリング周りまでひと通り直したんですよ」。
作業は大変だったけど、やりがいはあったという中西さん。不動車だったスターワゴンを再び走らせられるようになったのは、L型スターワゴンの変態的マニアである中西さんが純正パーツをストックしていたからだ。一見さんが飛びついて修理やレストアをしようと思っても、絶対に同じようにはいかない。それは、然るべきひとに引き取られたからこその結果なのだ。
中西さんが所有する2台のスターワゴンはともに最上級グレードGLXエクシードで、どちらも同じ84年式。外装の特徴としてフロントガーニッシュに3本の赤いラインが入り、リヤゲートにはグレード名を示す赤いエンブレムが装着される。もちろん、2台とも84年式というのは決して偶然ではない。中西さんいわく、「実はこれ以外に79年式や83年式、85年式と前後の年式にも乗ったんやけど、84年式が一番よかった。というか84年式以外には興味がないかな。エンジンはガソリンよりもディーゼルターボやね」とのこと。各年式のL型デリカを実際に所有して乗り比べたオーナーが言うだけに、その言葉は重く、説得力がある。
これまでホンダのエスから60年代のアメリカ車、さらに空冷ビートルまで幅広くクルマ趣味を楽しんできた中西さんだが、「自分がこれ以上好きになれるクルマは、もう出てこないと思う」というほどL型デリカスターワゴン4WDに惚れ込んでいる。好きになるのに理由などいらないのを承知の上で、「L型デリカのどこが好きか?」という愚問を投げかけたら、乗り味が自分の感覚に合っている、同じクルマとすれ違うことがない、パーツ供給が安定している…という3つを挙げ、さらに「そういったことをトータルで考えるとL型デリカが一番」と付け加えてくれた。
極上にも程があるL型スターワゴン4WDを2台も飼うオトコ。中西さんには、ぜひとも“変態スターワゴン乗り”という称号を差し上げたい。


フロントガードバーに固定されたスペアタイヤがいやでも目に入る運転席からの独特な眺め。全長4.2m強のボディは四隅の見切りもよく、非常に取り回ししやすい。インパネ周りはシンプルなデザインで機能的。サイドウインドウは手巻き式となる。

上級グレードのシートにベロア生地を使うのは初代スターワゴンからの伝統。前席の間にはスピーカーとイヤホンで2つの異なる音楽ソースを楽しめるマルチサウンドコンポが標準装備される。

2列目シートは両側アームレストを備えたセパレート式で、3列目へのアクセスを考えて右側にオフセット。背もたれを前に移動することで3列目との対座が可能になる。シート脇には通常時と対座時、それぞれ用に2点式シートベルトが2組用意されていることに注目。

オプション設定されていたデュアルエアコン用操作パネル。後席のみでON/OFFと風量切り替えが可能となっている。その右側には、マルチサウンドコンポのイヤホンジャック、ソース切り替えスイッチ、ボリュームダイヤルなどが並ぶ。

ホイールは3代目デリカP25W純正15インチを装着。オリジナル14インチでは当時あったオフロードタイヤのサイズがすでに存在しないため、泣く泣くインチアップすることに。タイヤは215/75R15サイズのBFグッドリッチオールテレーンT/A K02を組み合わせる。

リヤゲート左側に装着されたグレード名を示すエンブレム。赤いエクシードのエンブレムは84年式だけで、85年式ではリヤクォーターのステッカーに代えられる。

シャーウッドグリーンとの2台持ち色違いでこちらもオリジナルを維持

「ホンマは売りたくないんやけど、クルマを何台も持っててもすべてに同じように愛情はかけられんでしょ。これだ! と思える1台…シャーウッドグリーンのL型に乗れればいいから、もし本気でほしいと思うひとがいるならウィーンレッドは売ってもいいかな」と中西さん。興味があるひとはマニアックスカーズ編集部maniaxcars@sun-a.comまでメールを。

SPECIFICATIONS
●車両型式:L038GW
●全長×全幅×全高:4240×1695×1975㎜
●ホイールベース:2200㎜ トレッド(F/R):1390/1365㎜
●車両重量:1600kg
●エンジン型式:4D55
●エンジン形式:直4SOHC+ターボ
●ボア×ストローク:φ91.1×90.0㎜ 排気量:2346cc 圧縮比:21.0:1
●最高出力:96ps/4200rpm 最大トルク:19.5kgm/2500rpm
●トランスミッション:5速MT
●サスペンション形式(F/R):ダブルウィッシュボーン/リーフリジッド
●ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ドラム
●タイヤサイズ:FR195SR14

 

デリカパーフェクトブック 2019年11月11日発売号 より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :

アクセスランキング

  1. 〈トヨタ・C-HR〉ううぅ、唸るほどレーシーで渋い!! クーペSUVならではの似合いまくるエアロフォルム!
    2020年04月07日
    〈トヨタ・C-HR〉ううぅ、唸るほどレーシーで渋い!! クーペSUVならではの似合いまくるエアロフォルム!
  2. 〈トヨタ・C-HR〉ううぅ、唸るほどレーシーで渋い!! クーペSUVならではの似合いまくるエアロフォルム!
  3. 〈レクサス・RX〉走る姿が美しい! 後期を名門トムスが仕立てると……。よりシャープでアグレッシブに
    2020年04月07日
    〈レクサス・RX〉走る姿が美しい! 後期を名門トムスが仕立てると……。よりシャープでアグレッシブに
  4. 〈レクサス・RX〉走る姿が美しい! 後期を名門トムスが仕立てると……。よりシャープでアグレッシブに
  5. 矢が飛ぶLEDウインカー!〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉ジムニーカスタマイズ最前線|カンタン取り付け! Vol.2【ヒカリモノ+サスペンション装編】
    2020年04月07日
    矢が飛ぶLEDウインカー!〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉ジムニーカスタマイズ最前線|カンタン取り付け! Vol.2【ヒカリモノ+サスペンション装編】
  6. 矢が飛ぶLEDウインカー!〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉ジムニーカスタマイズ最前線|カンタン取り付け! Vol.2【ヒカリモノ+サスペンション装編】
  7. 【まずは車中泊を体験してみません!?】24時間1万7000円〜で都内からキャンピングカー旅を気軽に楽しむ
    2020年04月07日
    【まずは車中泊を体験してみません!?】24時間1万7000円〜で都内からキャンピングカー旅を気軽に楽しむ
  8. 【まずは車中泊を体験してみません!?】24時間1万7000円〜で都内からキャンピングカー旅を気軽に楽しむ
  9. 【ホイールを換えたいRAV4乗りのための集中連載】#10 立体感を強調する22インチは圧倒的なインパクト|RAV4×Wheels
    2020年04月07日
    【ホイールを換えたいRAV4乗りのための集中連載】#10 立体感を強調する22インチは圧倒的なインパクト|RAV4×Wheels
  10. 【ホイールを換えたいRAV4乗りのための集中連載】#10 立体感を強調する22インチは圧倒的なインパクト|RAV4×Wheels
  1. ホイール選びに新たな刺客! 光と影。ふたつの顔を持つ新ブランド「NOVARIS(ノヴァリス)」爆誕!!
    [PR]
    ホイール選びに新たな刺客! 光と影。ふたつの顔を持つ新ブランド「NOVARIS(ノヴァリス)」爆誕!!
  2. ホイール選びに新たな刺客! 光と影。ふたつの顔を持つ新ブランド「NOVARIS(ノヴァリス)」爆誕!!
もっと見る