インプでアイサイト初搭載!! スバル・GP系インプレッサスポーツ(2011年11月〜2014年11月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー

  • 公開日時 :

車格も質感もUP!
まったく新しく生まれ変わった4代目インプ


SUBARU/IMPREZA SPORT
スバル/インプレッサスポーツ GP系 2011年11月デビュー


SUBARU スバル インプレッサ スポーツ GP系 中古車 新車試乗 レビュー 当時モノ 2011 2012 2013 2014
フルモデルチェンジで4代目へと生まれ変わったインプレッサのコンセプトは「New Value Class」。既存のセグメント、従来のクラス感にとらわれず、これまでにない新しい価値を提供するというものだ。

また、新型から5ドアは“スポーツ”、4ドアは“G4”のサブネームが与えられている。

エクステリアはフロントビューがまず目を惹く。ホークアイヘッドランプによる精悍な目つきとスバルのアイデンティティたるヘキサゴングリルを採用しており、レガシィを筆頭としたファミリーに相通じる顔立ちになった印象。

全体的に、より幅広いユーザーにアピールするエクステリアデザインになったといって良さそうだ。

なお、ボディサイズは全長、全幅は先代と変わらないが、全高は10㎜低く、ホイールベースは25㎜延ばされている。

先代までのインテリアは、今ひとつ質感に対する評価を得られなかった感があるが、新型はそのあたりを強く意識した模様。インパネデザインは水平基調とし、ソフトパッドを多用。加飾パネルを効果的に配するなど、質感、グレード感が高められている。

マルチファンクションディスプレイが新たに装備(1・6iは除く)され、燃費表示やエコドライブの評価、VDC(全車標準)やアイサイト(搭載車のみ)の作動状態などをグラフィック表示してくれるのも好感だ。

キャビンスペースは先代に比べ、前後長が20㎜、幅が15㎜拡大されている。ホイールベース延長分の25㎜は後席レッグスペースにまんま割り当てられた。

ラゲッジも従来の301ℓから380ℓに増やされている。ラゲッジボードをバンパー側に引っかけることで荷物の積み卸しが楽に行えるようにしたアイデアも見逃せない。

エンジンは1・6ℓと2ℓのフラット4。先のフォレスターに搭載されたロングストロークタイプの新世代ユニットで、1・6ℓは今回のインプレッサが初投入だ。ミッションは専用開発のリニアトロニックCVTが組み合わされ、2ℓモデルはパドルシフトで操作できる6速MTモード。1・6ℓには5速MTも設定されている。

1・6iを除き、全車にアイドリングストップ機構が付く。アイドリングストップ&リニアトロニックCVT車のJC08モード燃費は1・6ℓが17・6㎞/ℓ、2ℓが17・2㎞/ℓとなり、約20%の燃費アップを達成している。アイサイト搭載モデルが用意されたことも見逃せないニュースだ。

リアエンドにまで延びたルーフとアクティブなサイドウィンドウラインによりスタイリッシュなフォルムを見せる5ドアモデルの「SPORT」。写真は「1.6i」2WD。


バックレストの高さを50㎜伸ばすなど乗り心地を高めたシート。ホイールベースの拡大でリアの足下スペースも広くなった。



アンダートレイを設けたラゲッジルームは、スペアタイヤの廃止で荷室高もアップ。独自の機能を持たせたラゲッジボードなど機能性に磨きをかけている。

素材の良さを生かしたインテリア。コクピットの質感は前モデルに比べ格段に向上している。

走りと燃費をバランスさせた1・6ℓの新型ボクサーエンジン(写真)と2ℓエンジンの2タイプを採用。

好評のEyeSigh(t Ver.2)がインプレッサに搭載。「2.0i EyeSight」「2.0i-S EyeSight」がラインアップされた。


「1.6i-L」以上にはマルチファンクションディスプレイを新採用。表示画面にはスバルらしさが感じられる。

※記事の内容、価格、スペック等は2011年11月のデビュー当時のものです。その後の一部改良等で変更になっている可能性もあります。

※スタイルワゴン2012年1月号より

皆さまに聞いてみたいことがあります

「スタイルワゴン・ドレスアップナビ」をはじめ、「AUTOSPORT web」、「MotorFan」、「Clicccar」 、「web option」、「GENROQ.Web」の6サイトにて、いまクルマ好きの皆さまが“何”に興味を持っているのか、『1000万自動車ファン意識調査』を実施中です。Webアンケートにお答えいただくと抽選で100名様にAmazonギフト券が当たります! ぜひご参加ください!

→→ アンケートはこちらから

記事情報

  • 公開日時 :

関連車種

アクセスランキング

  1. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……TRDとモデリスタが初の共作! プリウスPHVをベースに未来のカスタム像を魅せる
    2020年03月26日
    【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……TRDとモデリスタが初の共作! プリウスPHVをベースに未来のカスタム像を魅せる
  2. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……TRDとモデリスタが初の共作! プリウスPHVをベースに未来のカスタム像を魅せる
  3. 〈スズキ・ジムニー JB64〉選べる2タイプ! 安心、手軽なブーストアップチューン|カスタム
    2020年03月27日
    〈スズキ・ジムニー JB64〉選べる2タイプ! 安心、手軽なブーストアップチューン|カスタム
  4. 〈スズキ・ジムニー JB64〉選べる2タイプ! 安心、手軽なブーストアップチューン|カスタム
  5. 〈トヨタ・RAV4〉上質な快適空間へ導く、魅せるスピーカーと専用ナビ|ビジュアル&機能をブラッシュアップ カスタム
    2020年03月27日
    〈トヨタ・RAV4〉上質な快適空間へ導く、魅せるスピーカーと専用ナビ|ビジュアル&機能をブラッシュアップ カスタム
  6. 〈トヨタ・RAV4〉上質な快適空間へ導く、魅せるスピーカーと専用ナビ|ビジュアル&機能をブラッシュアップ カスタム
  7. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……“アウトドアで楽しい”“親子3世代で楽しい”を形にした2台のカスタムコンセプト
    2020年03月25日
    【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……“アウトドアで楽しい”“親子3世代で楽しい”を形にした2台のカスタムコンセプト
  8. 【実車撮影!】自動車メーカーが本気でカスタムをすると……“アウトドアで楽しい”“親子3世代で楽しい”を形にした2台のカスタムコンセプト
  9. いつの時代も憧れのホイールといえばBBS! 名作LMに新たなリムを手にした仕様がラインアップする!
    2020年03月26日
    いつの時代も憧れのホイールといえばBBS! 名作LMに新たなリムを手にした仕様がラインアップする!
  10. いつの時代も憧れのホイールといえばBBS! 名作LMに新たなリムを手にした仕様がラインアップする!
  1. ホイール選びに新たな刺客! 光と影。ふたつの顔を持つ新ブランド「NOVARIS(ノヴァリス)」爆誕!!
    [PR]
    ホイール選びに新たな刺客! 光と影。ふたつの顔を持つ新ブランド「NOVARIS(ノヴァリス)」爆誕!!
  2. ホイール選びに新たな刺客! 光と影。ふたつの顔を持つ新ブランド「NOVARIS(ノヴァリス)」爆誕!!
もっと見る