SEMA SHOWでも人気!! オーバーランダーって知ってる!? どこでも走れて、どこでも宿泊できるオールラウンダーなハイラックス|東京オートサロン2020

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

ピックアップの使い勝手を向上させる
「LEITNER DESIGNS」パーツを搭載

hazard/ハザード 東ホール7 ブースNO.715

tas2020 東京オートサロン #ハイラックス #オーバーランダー #オーバーランド #upstylecustom


エクシズルラインブースの「DURATURN」タイヤに展示されていたハイラックス。

制作したのは石川県のハザード。JEEPラングラー純正カラーのアンヴィルグレーにオールペンされ、ジャオスのリフトアップキット、フェンダーガーニッシュを装着した外観。

しかし、このクルマの特徴は、それだけではない。

「昨年のSEMAショーでも人気だった、オーバーランド、オーバーランダーをハイラックスに落とし込んだスタイル。どこでも走れて、どこでも車中泊できるクルマ。ピックアップのハイラックスなので、車中泊はルーフテントで行います」と、これまでのピックアップ車ベースとは一線を画している。

荷台の使い勝手をよくしてくれるのがアクティブカーゴシステム。「LEITNER DESIGNS」製のアイテムで、様々なギアポッドをすっきりと収めることができ、上部にはルーフテントをガッツリと装着できる。ギアポッドは鍵付きで、大事なものも収納可能。ラックの左右にセットできる。

そして注目情報を入手! ハザードでは、現在ハイラックス用のエアロアイテムを開発中。迫力の“タコマlook faceキット”と称して、フロントバンパー、グリル、フードトップモール、オーバーフェンダーを製作中。春頃にはリリースされる予定だから、ハイラックスオーナーは必見だ!

ソリッドカラーのJEEPラングラー純正カラーのアンヴィルグレーにオールペン。ジャオス製フェンダーガーニッシュも同色にペイント。

カーゴシステムの上にはギブソンの「GRAVIS(グラヴィス)」ルーフテントを装着。ピックアップに利便性をプラスできる。

ハザードオリジナルのホイール「FORCE」DENALIの18インチをセット。DURATURNのTRAVIA M/Tの33×12.50R18を合わせる。

カーゴシステムにジャストフィットするギアポッド。密閉できるので、雨でも使える。サイズもこのサイズとXLがあり、使い勝手がいい。

問:hazard 076-254-0014

トップページ

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]

エクシズルライン

電話 : 0761-58-1937 URL : https://www.exizzle-line.co.jp

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :