二兎を追う者が二兎を得た。【連載 Vol.10】150系ランクルプラドのリフトアップスタイル・カスタムプロジェクト

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

TOYOTA LAND CRUISER PRADO
UpStyle Project Vol.10

二兎を追う者が二兎を得た。

抜群のドレスアップ性を備えていながら、本質は「疲れ知らずの走り」へと誘うアイテム。だから一挙両得にして、コスパは最強かもしれない。そんなことを思い知らされた今回のモディファイ。シートの王道にして老舗メーカー「レカロ」の中で、Up Styleには最適と言える「LX-F」へと交換した。
ランドクルーザー プラド ランクル 150 カスタム
前回、群馬トヨタ自動車の高崎倉賀野店に併設されるRVパークを訪れたとき、アレコレとパーツを吟味しながら特に惹かれたのはシートだった。

シートを交換するなんて眼中になかったので意外な発見だった。

このプラドはブラック内装にファブリックシート。まろやかな風合いと肌触りは悪くないけれど、いかにも没個性な実用車っぽく、また身体が沈み込み過ぎる感覚もあった。

安心して身体を預けられて、見栄えも良くなるシートが欲しくなった。でも、サイドサポートが大きいシートだと乗り降りがキツそうだし、見た目もちょっぴり暑苦しい。適度にスポーティで、乗降性の良いものがいい。

と、そんな要求にドンピシャで応えてくれたのがレカロだった。シートメーカーとしてはあまりにもメジャーな存在。創業から100年以上経つ老舗にして超一流ブランドだ。

興味深いのは「どうすれば人間を正しい着座姿勢へと導くことができるのか、ストレスなく長距離・長時間も安全かつ快適にクルマの運転を楽しむことができるのか」を追求するところ。フルバケなどに代表されるスポーツシートだけがレカロではない。

今回、プラドの使い方に合わせてチョイスしたのは、コンフォート&エルゴノミクスシートシリーズにあるLX-Fだ。ヘッドレスト一体型のスタイリッシュなフォルムながら、よく見ると座面のシートはフラットで、サイドサポートも大きくない。これなら車高の高いプラドでも乗り降りしやすそうだ。プラドの車室空間にぴったりのサイズ感なのもいい。

シートの装着は、そのままRVパークに依頼した。シートの交換はレカロ正規取扱販売店に任せるのが正解だ。ネットショッピングやオークションサイトの一般化に伴い、新品、中古品、純正流用品などをリーズナブルに入手できるようになった。

交換だって難しい作業ではないと思えるものの、自分に合った取り付け高さや角度に調整することで、本来の性能を得られるという。まるでアライメント調整のように緻密な作業である。

さて、前席2脚ともにLX-Fへと交換したプラドは、事前の想定をはるかに超えてカッコよかった。3Dメッシュとナルドブラックによるコーディネイトが、インテリアを見違えさせた。これなら乗り込むたびニンマリできる。

もっとも嬉しいのは長距離移動の際だった。レカロがプレミアムベットと謳うパネル構造&高密度ウレタンフォームは、身体全体を面で支える効果をもたらすという。さらに一見したところフラットに見える座面だけど、骨盤を三方向からきっちりと支持してくれて前滑りなどを起こしにくく、また適度なサイドサポートが身体を保持してくれるとか。

いや、事前に構造を紐解かなくても、一度乗れば身体全体に訴えかけてくる。正しい乗車姿勢を保ったまま、疲れ知らずどこも痛くならずにずっと座っていられる。

これならダラっとした乗車姿勢になる気も起きなくなり、より運転に集中できる。路面状況が分かりやすくもなって、結果として安全運転に貢献するはずだ。

ソファーのように柔らかくはないけれど、乗り心地自体まで良くなったようにも思える。乗り心地の面ではネガとなるような攻めたタイヤや足まわりにしても、積極的に普段使いしたくなる。

身体全体で感じ取れて鮮明にその違いを伝えてくるアフターパーツこそシートである。しかもレカロなら極めて高性能な機能部品であり、インテリアのドレスアップにもなる。そうした意味では「コスパ最強のアフターパーツ」だと思い知らされた。

純正ファブリックシートも決して悪いデキではない。柔らかいフォルムにはデザイン的な一貫性もある。とはいえレカロに変えてからは明らかにインテリアが引き締まって見える。乗り心地や疲労度の面でも効果はてきめんだ。


今回、装着したのはレカロのコンフォート&エルゴノミクスシリーズにおけるLX-F IN110だ。セダン、コンパクトカーだけでなく、SUV やミニバンなどにも最適な運転姿勢を提供するモデルだ。例えばフラットな座面と必要最低限のサイドサポートは、車高の高いクルマでも乗り降りしやすい。サイド部分がレザーになり、シートヒーターが付くLX-FIL110Hも存在する。オプションでアームレストを組み合わせることも可能だ。


シートの交換は必ずレカロ正規取扱販売店に依頼したい。いかに優れたシートでも自分に合ったポジションに調整されていなければ本来の性能は発揮しない。ノウハウのある正規取扱販売店なら、乗員の体格に合わせて数ミリ単位で高さや角度を調整してくれる。


シートを交換したことで、より長距離移動が楽になった。身体を包み込む絶対的なサポート感というよりも、自然な着座姿勢を保ちやすい印象。路面の感触も鮮明に伝わるようになった。これなら悪路や雪道でも安心だ。

装着を依頼したのは群馬トヨタ自動車の高崎倉賀野店に併設されるオフロード系パーツショップ「RVパーク」だ。トヨタのUpStyle系アフターパーツならなんでも相談できる。
問:RV-PARK/梯子車体 027-346-2626
https://www.gtoyota.com/rvpark

スタイルワゴン2020年2月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 〈トヨタ・C-HR〉ううぅ、唸るほどレーシーで渋い!! クーペSUVならではの似合いまくるエアロフォルム!
    2020年04月07日
    〈トヨタ・C-HR〉ううぅ、唸るほどレーシーで渋い!! クーペSUVならではの似合いまくるエアロフォルム!
  2. 〈トヨタ・C-HR〉ううぅ、唸るほどレーシーで渋い!! クーペSUVならではの似合いまくるエアロフォルム!
  3. 〈レクサス・RX〉走る姿が美しい! 後期を名門トムスが仕立てると……。よりシャープでアグレッシブに
    2020年04月07日
    〈レクサス・RX〉走る姿が美しい! 後期を名門トムスが仕立てると……。よりシャープでアグレッシブに
  4. 〈レクサス・RX〉走る姿が美しい! 後期を名門トムスが仕立てると……。よりシャープでアグレッシブに
  5. 矢が飛ぶLEDウインカー!〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉ジムニーカスタマイズ最前線|カンタン取り付け! Vol.2【ヒカリモノ+サスペンション装編】
    2020年04月07日
    矢が飛ぶLEDウインカー!〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉ジムニーカスタマイズ最前線|カンタン取り付け! Vol.2【ヒカリモノ+サスペンション装編】
  6. 矢が飛ぶLEDウインカー!〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉ジムニーカスタマイズ最前線|カンタン取り付け! Vol.2【ヒカリモノ+サスペンション装編】
  7. 【まずは車中泊を体験してみません!?】24時間1万7000円〜で都内からキャンピングカー旅を気軽に楽しむ
    2020年04月07日
    【まずは車中泊を体験してみません!?】24時間1万7000円〜で都内からキャンピングカー旅を気軽に楽しむ
  8. 【まずは車中泊を体験してみません!?】24時間1万7000円〜で都内からキャンピングカー旅を気軽に楽しむ
  9. 【ホイールを換えたいRAV4乗りのための集中連載】#10 立体感を強調する22インチは圧倒的なインパクト|RAV4×Wheels
    2020年04月07日
    【ホイールを換えたいRAV4乗りのための集中連載】#10 立体感を強調する22インチは圧倒的なインパクト|RAV4×Wheels
  10. 【ホイールを換えたいRAV4乗りのための集中連載】#10 立体感を強調する22インチは圧倒的なインパクト|RAV4×Wheels
  1. テールだけじゃない! ミラーレンズ内にシーケンシャルウインカー! ブラインドスポットモニター車も対応する最新の“流れる”系カスタム
    [PR]
    テールだけじゃない! ミラーレンズ内にシーケンシャルウインカー! ブラインドスポットモニター車も対応する最新の“流れる”系カスタム
  2. テールだけじゃない! ミラーレンズ内にシーケンシャルウインカー! ブラインドスポットモニター車も対応する最新の“流れる”系カスタム
もっと見る