10万円UPでこの走り!? マニュアル欲しい人お待たせ! C-HRのGRスポーツってどうなの!? 【新型車試乗記】

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

GRスポーツのパフォーマンスは!?
チューンドC-HRの実力査定!


TOYOTA C-HR GR SPORT
トヨタ/C-HR GRスポーツ
HYBRID=11系 GASOLINE=10系 2019年10月デビュー


C-HR GR GRスポーツ 新車 スポーツモデル 試乗 レビュー
チャレンジングなデザインで注目のコンパクトクロスオーバーSUV、トヨタ「C-HR」がマイチェンした。

メニューの中心は外装でフロントバンパーのデザイン変更や、上級グレードにおいてはヘッドライトユニット内のデイライトとウインカーの一体化(ウインカーを出すとデイライトがオレンジに点滅する)やリアの“流れるウインカー〟化など見える部分が中心だ。

また、1.2Lターボエンジン搭載車に待望のMTが追加されたのもトピックである。

そして注目は「GRスポーツ」の追加だ。GRスポーツはトヨタのスポーツモデルで、街乗りからワインディング走行にかけての日常域の爽快感を追求。

ボディ補強に専用のサスペンションや19インチタイヤで走りを味付けし、スタイリングは専用フロントバンパーやホイール、さらには専用シートやステアリングホイールを組み合わせた内装とメニューは多岐にわたる。

それでいて、上級グレードのわずか10万円アップで購入できるのだからお買い得感は高い。

走りは、とにかく澄んでいる。スポーツモデルと言っても乗り心地は標準車より良いほどで、犠牲はない。

それでいてステアリングフィールのナチュラル感が大幅向上。まるでよく切れる包丁のように切れ味がスッキリし、操舵のコントロール性が高まっているのだ。

だから車線変更も旋回も無駄な動きがなく、修正舵が驚くほど少ない。エンジンの官能性はないが、少ないパワーをMTで引き出して走ることの楽しさを教えてくれる。

内装も特別装備満載で、インパネやドアのインナーガーニッシュなどが専用の金属調ダークシルバーペイント仕上げとなるなど、空間をシックな雰囲気に。

写真の1.2L直噴ターボのほか、S “GR SPORT”の1.8Lハイブリッドがあり。GR SPORTの選択グレードは2種類しかなく、ともに2WDのみ。

前後サスやスタビなど、専用チューニングの足まわりのほか、GR SPORTだけの特権として19インチが標準。フロントキャリパーもロゴ入りホワイト仕様だ。




本革3本ステアリングのほか、シルバーステッチのスポーツシート、エンジンスタートボタン、ペダル、6速MTなど、コックピット周辺でも違いは多数あり。

標準車はマイナーチェンジ!



意匠面ではフロントバンパーと前後ライトが変わり、シーケンシャルがリア側に移った。上級車ではリアフォグ内にバックランプが組み込まれる。GR SPORT同様MTが選べるようになったほか、ディスプレイオーディオが標準となった。

スタイルワゴン2020年2月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

関連車種