2019年はどのSUVが売れたかな?? SUV販売登録台数トップ10を大発表

  • 公開日時 :

僅差で年間1位に返り咲いたヴェゼル
4月投入のRAV4が3位にランクイン

2019年は元号が平成から令和に変わったはじめての年となりました。2019年も新型のSUVが数多く投入され、市場は大いに活気付きました。そこで、自販連(日本自動車販売協会連合会)の2019年1月〜12月の統計データをもとに、2019年のSUV販売登録台数トップ10を集計してみました。
前年1位C-HRと2位ヴェゼルが入れ替わり、3位には2019年に新投入されたRAV4がランクイン。そして前年3位のエクストレイルと4位のハリアーがひとつずつ順位を下げるなど、上位5モデルが変動する結果となりました。

1位 ヴェゼル 5万5886台(前年比93.7%)

前年2位のヴェゼルが首位を奪還。1〜6月の販売登録台数は3万3445台と上半期から好調に登録販売台数を伸ばし1位で折り返し。その後は7月に5058台、8月に3371台、9月に5628台と前年とほぼ変わらぬ販売登録台数を誇っていたが、消費増税後の10月に2815台、11月に2909台、12月に2660台と月販2000台ペースとなっても首位を守り切り、年間で5万5000台以上を売り上げたのは立派。

2位 C-HR 5万5677台(前年比72.5%)

前年から販売登録台数を大きく落とし、2位となったC-HR。1〜6月の販売登録台数は3万3445台と前年から約7500台落ちて上半期2位。7月に4195台、8月に3608台、9月に4425台、10月に2554台と8月のみヴェゼルを上回ったが、マイナーチェンジした11月に5097台、12月に3577台と販売登録台数を伸ばしたがヴェゼルに追いつくことができず、約200台の僅差で2位フィニッシュとなった。

3位 RAV4 5万3965台(NEW)

2018年4月に登場したRAV4が3位にランクイン。販売登録台数は初登場の5月に6817台、6月に7822台を売り上げ、上半期は6位でスタート。そこから、7月に8646台、8月に6277台、9月に6601台、10月に3919台、11月に4988台、12月に5759台と下半期の7月〜10月はSUV1位、11〜12月はSUV2位(SUV1位は11月がC-HR、12月がライズ)と好調に販売登録台数を伸ばしたことで、年間3位までジャンプアップ。首位には約2000台及ばなかったが、年間3位は大健闘である。

4位 エクストレイル 3万6505台(前年比72.6%)

前年からランキングをひとつ下げた4位のエクストレイル。1〜6月の販売登録台数は2万2603台で上半期3位であったが、7月に2854台と伸びずに約5000台差あったRAV4に抜かれてしまう。そこから、8月に2184台、9月に3699台、10月に1493台、11月に1919台、12月に1753台と消費増税直前の9月以外は伸び悩んだが、なんとか年間4位でフィニッシュとなった。

5位 ハリアー 3万6249台(前年比80.6%)

ハリアーも前年からひとつ順位を下げての年間5位。1〜6月の販売登録台数は2万772台で上半期4位。7月に3435台、8月に3060台と好調でエクストレイルを抜いたがRAV4に抜かれてしまい4位のまま。そこから消費増税直前の9月は3890台と売れたが、10月に1804台、11月に1762台、12月に1526台と大失速。エクストレイルに再び抜かれ、約250台差で惜しくも5位となった。

6位 フォレスター 3万2384台(前年比112.6%)

前年から順位を3つ上げた6位のフォレスター。1〜6月の販売登録台数は1万7639台と前年の2倍を売って上半期7位。下半期も勢いはそのままに、7月に2955台、8月に2980台、9月に3770台、10月に1708台、11月に1904台、12月に1428台と消費増税後は登録販売台数が落ち込んだが6位に順位を上げたうえ、トップ10で唯一、前年超えを達成したクルマとなった。

7位 CX-5 3万1538台(前年比82.4%)

前年から順位を2つ下げた7位のCX-5。1〜6月の販売登録台数は2万201台の5位と上半期は順調であったが、7月に2563台、8月に2054台とRAV4とフォレスターに抜かれて7位に後退。そこから消費増税直前の9月は3361台と好調だったが、10月に1126台、11月に1321台、12月に912台と3カ月で大きく落ち込んだ。しかし順位が入れ替わることなく、7位でフィニッシュとなった。

8位 ランドクルーザー 2万8475台(前年比96.8%)

前年と同順の年間8位となったランドクルーザー。1〜6月の販売登録台数は1万5960台で上半期8位。そこからマイベースに売り上げを伸ばし、7月に2331台、8月に1959台、9月に3012台、10月に1665台、11月に1972台、12月に1576台と上位が変動しても順位を推移させることなく、8位でゴールイン。消費増税にも負けず、コンスタントに売れるのはランドクルーザーならではだ。

9位 クロスビー 2万4108台(前年比78.7%)

前年6位から3つ順位を下げたクロスビー。1〜6月の販売登録台数は1万3852台で上半期10位だったが、7月に1934台、8月に1774台、9月に2321台として、約100台差までCX−8を追い上げた。消費増税後の10月に1431台、11月に1513台、12月に1283台と大きく落ち込まなかったことが功を奏して、CX−8を抜いて年間9位という結果となった。

10位 CX-8 2万3294台(前年比75.9%)

前年7位から意地のトップ10入りを果たしたCX-8。1〜6月の販売登録台数は1万4790台と上半期9位。そこから7月に1627台、8月に1381台、9月に2199台としたが、消費増税後の10月にトップ50圏外の500台割れで10位に転落。11月に953台、12月に1822台と持ち直して、なんとか年間10位に入った。2018年はSUVトップ10がすべて2万台を超えるハイレベルな戦いであった。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

記事情報

  • 公開日時 :

アクセスランキング

  1. ミニバンなのに2ドアなの!?  しかもアルファードじゃなくてヴェルファイアなの!! ハイクオリティな超絶ボディカスタム
    2020年02月22日
    ミニバンなのに2ドアなの!?  しかもアルファードじゃなくてヴェルファイアなの!! ハイクオリティな超絶ボディカスタム
  2. ミニバンなのに2ドアなの!?  しかもアルファードじゃなくてヴェルファイアなの!! ハイクオリティな超絶ボディカスタム
  3. 15から21インチまで! 高い静粛性と操縦安定性、最高レベルのウェット性能も実現! インチアップサイズも豊富に揃った新タイヤ
    2020年02月20日
    15から21インチまで! 高い静粛性と操縦安定性、最高レベルのウェット性能も実現! インチアップサイズも豊富に揃った新タイヤ
  4. 15から21インチまで! 高い静粛性と操縦安定性、最高レベルのウェット性能も実現! インチアップサイズも豊富に揃った新タイヤ
  5. 今月レイズのホイール買う人はレイブロスに行くべし! 遊びに行くだけもよし! ノベルティが貰えるキャンペーン開催中!
    2020年02月21日
    今月レイズのホイール買う人はレイブロスに行くべし! 遊びに行くだけもよし! ノベルティが貰えるキャンペーン開催中!
  6. 今月レイズのホイール買う人はレイブロスに行くべし! 遊びに行くだけもよし! ノベルティが貰えるキャンペーン開催中!
  7. リバティーウォークのジムニー! 迫力のオバフェンとバンパーで、Gクラスを凌駕する存在感|JB64 JB74 ジムニー エアロ カスタム
    2020年02月21日
    リバティーウォークのジムニー! 迫力のオバフェンとバンパーで、Gクラスを凌駕する存在感|JB64 JB74 ジムニー エアロ カスタム
  8. リバティーウォークのジムニー! 迫力のオバフェンとバンパーで、Gクラスを凌駕する存在感|JB64 JB74 ジムニー エアロ カスタム
  9. お仕事クルマ、働くクルマを楽しく、可愛く、カッコよく|Kカー キャリイ エアロカスタム
    2020年02月20日
    お仕事クルマ、働くクルマを楽しく、可愛く、カッコよく|Kカー キャリイ エアロカスタム
  10. お仕事クルマ、働くクルマを楽しく、可愛く、カッコよく|Kカー キャリイ エアロカスタム
  1. 悩めるホイール選びをずばっと解決!? 自分のクルマにぴったりのウェッズホイールはどれだ?【クラウン編】
    [PR]
    悩めるホイール選びをずばっと解決!? 自分のクルマにぴったりのウェッズホイールはどれだ?【クラウン編】
  2. 悩めるホイール選びをずばっと解決!? 自分のクルマにぴったりのウェッズホイールはどれだ?【クラウン編】
もっと見る