スタビがついててこの足の伸び! でもトータルコーディネイトで勝負、このクルマは足だけではない|JB64 ジムニー リフトアップ カスタム

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

新進気鋭の人気ショップが続々参入、JIMNY SHOP SPECIAL DEMOCAR

工藤自動車[クドウジドウシャ]


今回の取材において、筆者が担当したショップの中で、唯一オフロード走行のテストが出来たのが工藤自動車だ。
基本的に今回の取材はオンロードメインでの取材予定だったのだが、なぜ上記の画像をメインカットにしたのか? それは、このサスペンションの捻れ具合をまず見て欲しいのだ。
リアの動きは「よく動いてるね」という感じだが、特筆すべきはフロントだ。
完全オフ仕様の車両と比較すると、そうでも無いように感じるが、よくよく見て欲しい。このクルマ、スタビ装着車なのだ。

実走において、様々な仕様のJB64に数多く乗ってきた。
当然スタビ装着車も乗ってきたが、ほとんどの車が縮み1センチ伸び3センチというレベル。
しかし、このJB64はしっかりとストロークしている。接地感もわかりやすく、結構攻めの走りができる。


さらに驚きなのが、何一つ変更せずにこのままオンロード走行に移行し、ワインディングを走らせたのだが、かなり攻めることが可能なのだ。
荷重移動を意識したコーナリングを行うと、全開時間のかなり長いコーナリングを可能とする。切り返しもクイック。
それでいて、のんびり走るとラグジュアリー。
気難しさは一切ない。

この理由は、まずダンパーだ。
オリジナルセッティングのビルシュタインダンパーのセッティングが絶妙。
コンプレッションは程々に、リバウンドがしっかりと効き、車体がふらつかない。
さらに、フロントアームの長さ、スタビブロックでの補正が絶妙。
そして、左右でアームブッシュを変更し、トラクションの掛りを調整。
トータルでのセッティングをバランス良く行っているのだ。
実走確認済みのオンオフ走行において、ハイレベルなオールラウンダー。
このサスペンションは、なかなかやるのだ。


オリジナルのテールを使用したリアバンパー。薄型で、オフロード走行時にクリアランスを確保できる。


ショウワガレージのリアカーゴを、リアゲートに装着したレシーバーで固定。この装着方法は新しい。


工藤自動車オリジナルカラーのRAYS グラムライツ57JX SB 16×5.5J+20を装着。このカラーは足元が引き締まる。


この車両のオーディオは、スピーカー交換とツイーター装着、タイムアライメント機能を使用し、かなり良い。


各種パイピング交換はイイ感じ
エアクリーナーをオープンタイプとし、パイピングを交換。インタークーラーのパイピングを交換する事で、かなりレスポンスが向上する。エンジン上部にある純正のエアクリーナーボックスは、エキマニからの暖かいエアを吸い易い。フェンダー上部に移行する事で、フレッシュエアを取り入れることが可能になる。スロットル直前のチャンバーも瞬間吸入に対応し、トルクアップに貢献。特殊なシステムのJB64に対応したアーシングも装備する。


斜め出しのサイレンサーをアップ仕様で装着。このレイアウトは試作で、近日量産に移る予定とのこと。

イグニッションコイルの交換は、ダイレクトに点火が強くなる。このチューニングは、JB23時代からの定番だ。

アイスヒューズに交換する事で、パワーフィールとレスポンスが向上。ヒュージブルリンクを変えると更に出力が上がる。

スロットル直前にチャンバーを設ける事で、瞬間的なアクセルオンでのレスポンスが向上。こいつはかなり効く。

工藤自動車オリジナルセッティングのミニコンを装着。簡単装着で出力アップするおすすめアイテムだ。

ワインディングが超楽しい、オンオフ両刀のジムニーだ


オフセットしたメンバーを装着する
ロングストロークに対応し、フロントのメンバーを変更。可能な限り下方向に出さずに、プロペラシャフトを逃している。このメンバーは、ロングストローク化した場合、プロペラシャフトが干渉するので必須な作業なのだ。

各種補正もバッチリ! レベライザーの新方式に注目
リフト量は50mmアップながら、ダンパーのストローク量は3インチクラス。ロングダンパーを使い切るセッティングは、オフでかなりの武器になる。ブレーキのレベライザーの補正は、工藤自動車オリジナルで基準位置の変更だけではない。ユニットのレバーを変更する新方式だ。

オリジナルのビルシュタインは絶妙な味付けで、3インチクラスのストロークを持っている。

JB23でお馴染みのジャダーストップパーツが早くも登場。程よい抵抗で生まれ変わるのだ。

サイドシルには、一体式のオリジナルガードを装着。かなり強固でオフでの強い味方となる。

トランスファーのガードだけでなく、本体内部に加工を行い2Loが使用できる。

CUSTOM PARTS LIST [JB64W JIMNY]

●ツーリング-5コイルスプリング:3万円
●エナペタルビルシュタイン:14万8000円
●SSラテラルロッド前後:各2万2000円
●リーディング3インチ(レッド):4万円
●トレーリングアーム(レッド):4万2000円
●ステンメッシュブレーキライン:2万1000円
●リアラテラル補正ブラケットV:6000円
●大容量バンプ・フロント:8400円
●フロントガードバー:開発中
●リアバンパー:開発中
●ナンバー移動キット:開発中
●クライムマックスオーバーフェンダー:3万3000円
●LEDテールランプ・スモーククローム:3万3000円
●サイドマーカー・スモーク:3800円
●サイドマーカー用LED球:600円
●ブレーキディスクカバー・ブルーアルマイト:1万500円
●ブレーキドラムカバー・ブルーアルマイト:1万2500円
●ブレーキドラムカバー用ステッカー・カーボン:600円
●リフトアップメンバー:開発中
●RAYS×Kudo-J グラムライツ57JX SB 5.5J×16+20
●TOYOオープンカントリーM/T 225/75R-16
※価格はすべて税別です

Shop information 工藤自動車


JB64のセットアップには手こずりましたけど、かなりイイ感じに仕上がりました。スタビ装着したまま、ジムニーキングで入賞出来ました。本当の意味でのオンオフ両刀マシンです。

工藤和彦さん

工藤自動車
電話:093-681-4739
住所:福岡県北九州市八幡東区花尾町2-21
営業時間:10:00〜19:00
定休日:日曜・祝日/第1・3土曜
URL:https://www.kudo-j.com

ハイパーレブ Vol.241 スズキ ・ ジムニー & ジムニーシエラ No.6(2019/12/26)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 新型ハリアーをCGで「妄想」カスタム!! スタイルワゴン編集部でローダウン&アゲ系スタイルを考えてみた
    2020年05月29日
    新型ハリアーをCGで「妄想」カスタム!! スタイルワゴン編集部でローダウン&アゲ系スタイルを考えてみた
  2. 新型ハリアーをCGで「妄想」カスタム!! スタイルワゴン編集部でローダウン&アゲ系スタイルを考えてみた
  3. SUV系アイテムもあり!〈トヨタ・ハイエース〉モデリスタ&TRD|グリルやミラーが変わった最新一部改良車も対応!
    2020年05月30日
    SUV系アイテムもあり!〈トヨタ・ハイエース〉モデリスタ&TRD|グリルやミラーが変わった最新一部改良車も対応!
  4. SUV系アイテムもあり!〈トヨタ・ハイエース〉モデリスタ&TRD|グリルやミラーが変わった最新一部改良車も対応!
  5. 現代に返り咲く「イマドキ」なオールドファッション! 古き良きデザインを踏襲!
    2020年05月30日
    現代に返り咲く「イマドキ」なオールドファッション! 古き良きデザインを踏襲!
  6. 現代に返り咲く「イマドキ」なオールドファッション! 古き良きデザインを踏襲!
  7. 合わせたタイヤは245/70! デリカD:5に似合う「都会的な色っぽさ」を持つホイールとは【三菱・デリカD:5 スペックプロジェクト vol.2】
    2020年05月30日
    合わせたタイヤは245/70! デリカD:5に似合う「都会的な色っぽさ」を持つホイールとは【三菱・デリカD:5 スペックプロジェクト vol.2】
  8. 合わせたタイヤは245/70! デリカD:5に似合う「都会的な色っぽさ」を持つホイールとは【三菱・デリカD:5 スペックプロジェクト vol.2】
  9. 〈トヨタ・ハイエース〉丸見えナイ! フロント三面をしっかりカバーするプレミアムサンシェード!
    2020年05月29日
    〈トヨタ・ハイエース〉丸見えナイ! フロント三面をしっかりカバーするプレミアムサンシェード!
  10. 〈トヨタ・ハイエース〉丸見えナイ! フロント三面をしっかりカバーするプレミアムサンシェード!
  1. 【緊急アンケート】特別定額給付金の10万円、あなたは何に使いますか?
    【緊急アンケート】特別定額給付金の10万円、あなたは何に使いますか?
  2. 【緊急アンケート】特別定額給付金の10万円、あなたは何に使いますか?
もっと見る