フルモデルチェンジで車名をルークスに変更! 広い室内空間と利便性がさらに進化したスーパーハイトワゴンが登場【新型車レポート】

  • 公開日時 :

「技術の日産」が誇る先進安全性能を全力投入
誰もが楽しめる快適で広い移動空間が完成

初代はスズキのOEM車、2代目はデイズルークスに車名を変更して三菱との合弁会社NMKVにて製造、3代目は初代と同じ車名であるルークスに戻したが、NMKVにて製造している。製造はNMKVであるが、企画や開発は日産が主導で行っていることもあり、「技術の日産」が誇る先進安全技術が惜しみなく投入されている。

先進安全性能「ニッサン インテリジェント モビリティ」の代表的な機能であるプロパイロットもそのひとつ。2019年3月に発売されたデイズ搭載仕様よりアップグレードされ、新たにミリ波レーダーを追加。全車速域での追従走行を可能にするだけでなく、2台前までの先行車を検知できるように精度を高めたインテリジェントFCW(前方衝突予測警報)を軽自動車に初搭載。前方の照射を自動配光するアダプティブLEDヘッドライトシステムをはじめ、標識検知機能やインテリジェントDA(ふらつき警報)、先行車発進お知らせ機能に加え、ハイウェイスター系にはSOSコールまでも搭載する軽自動車最強クラスの先進安全装備を備えている。

もちろん室内の使い勝手も進化している。デイズのプラットフォームを活用し、大人4人がゆったりとくつろげる空間を実現。後席ニールームは795mmを確保するだけでなく、室内高も1400mmに到達。荷室床面の奥行きは後席を最前端にすると675mmになるため、48Lのスーツケースを同時に4個も積載可能となっている。

シートには疲れを軽減する効果のあるゼログラビティシートを採用。前席は先代よりヒップポイントを60mm上げて広い視界を確保し、後席は最大320mmスライドできる便利な機能も追加されている。ほかにも、後席スライドドアの開口幅を650mmに拡大したり、ハンズフリーオートスライドドアを設定するなど、使い勝手も向上している。

外装(ルークス ハイウェイスター)
ルークス 新型 フルモデルチェンジ


クロームのフロントグリルにエアロバンパーを組み合わせ、ルーフスポイラーを装着した専用加飾のハイウェイスター。最上級の「Gターボ」は15インチ、それ以外の2グレードは14インチアルミホイールを装着する。

内装(ルークス ハイウェイスター)

ハイウェイスターは、ブラックを基調とした上質な室内空間を演出。「プロパイロットエディション」系は電動パーキングブレーキが標準となり、オートブレーキホールドも装備される。


トリコット生地のシートは標準車と同じだが、内装カラーはエボニーとなる。前席はベンチシート仕様で、センターアームレストが標準装備だ。

プレミアムグラデーションインテリア

ハイウェイスター系のオプションとなるプレミアムグラデーションインテリア。本革巻きステアリングはブラウンで、レザー調インストメントパネルに変更される。


シート生地は合皮となり、撥水加工仕様にアップグレードされる。リアにはロールサンシェードが装備されるだけでなく、USBソケットやカップホルダーなども増設されるセットオプションだ。

外装(ルークス)

シンプルなライン構成で作り込まれた標準車の外装は、モダンで洗練されたスタイルを構築している。14インチフルホイールカバーが標準装備になる。

内装(ルークス)

リビングのようにくつろげる空間を演出するため、内装色はグレージュを採用。「X」はタッチパネル式オートエアコンやプッシュエンジンスターターが標準だが、「S」はマニュアルエアコンとキー式エンジンスターターになる。


内装色とコーディネイトされるグレージュカラーのシート。ハイウェイスター系と同様に、前席はセンターアームレスト付きベンチシートだ。

インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)

前方を走行する2台前の車両の車間や相対速度をミリ波レーダーで検知して、減速が必要と判断した場合にディスプレイ表示と音でドライバーに注意喚起するインテリジェントFCWを軽自動車で初搭載。ブレーキの踏み遅れによる玉突き事故の回避を支援してくれる。

アダプティブLEDヘッドライトシステム

「プロパイロットエディション」系に装備されるアダプティブLEDヘッドライトは、前方の車両を検知して24灯あるLEDが対向車や先行車を照射しないように自動で配光。自転車や歩行者に対しては、常時ハイビームで照らす便利機能だ。

SRSニーエアバッグシステム(運転席)

軽自動車の安全性能を語るうえで必須項目であるエアバッグ。運転席と助手席エアバッグは現行軽自動車のほとんどで標準装備となるが、スタンダードになりつつあるカーテンエアバッグに加え、運転席のニーエアバッグシステムもハイウェイスター系に標準装備されるのはうれしい。

オートステップ

助手席側オートスライドドアのステップ下に装着するオートステップ。スライドドアが開くと連動してステップが出てくるので、子どもやお年寄りの乗り降りをサポート。車両購入時に装着するディーラーオプション(オーテック扱い)となる。

【SPECIFICATION】
S 141万5700円(2WD)/154万9900円(4WD)
X 154万6600円(2WD)/168万800円(4WD)
ハイウェイスターX 173万4700円(2WD)/186万8900円(4WD)
ハイウェイスターX プロパイロットエディション 184万3600円(2WD)/197万7800円(4WD)
ハイウェイスターG ターボ プロパイロットエディション 193万2700円(2WD)/206万6900円(4WD)

日産自動車お客さま相談室 0120-315-232
http://www.nissan.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

記事情報

  • 公開日時 :

関連車種

アクセスランキング

  1. 利便性の高いキャビンとベッドを備える5ナンバーミニバンのバンレボMR|ライトキャンパースタイル2021
    2021年05月13日
    利便性の高いキャビンとベッドを備える5ナンバーミニバンのバンレボMR|ライトキャンパースタイル2021
  2. 利便性の高いキャビンとベッドを備える5ナンバーミニバンのバンレボMR|ライトキャンパースタイル2021
  3. 【豪華過ぎるハイエースのレンタカーが1000円!】日本初! 10人乗り高級レンタカーを限定6組に1泊2日1000円で提供!|LEレンタカー
    2021年05月11日
    【豪華過ぎるハイエースのレンタカーが1000円!】日本初! 10人乗り高級レンタカーを限定6組に1泊2日1000円で提供!|LEレンタカー
  4. 【豪華過ぎるハイエースのレンタカーが1000円!】日本初! 10人乗り高級レンタカーを限定6組に1泊2日1000円で提供!|LEレンタカー
  5. 握りやすいガングリップタイプ! 長距離移動が楽になる純正交換型ステアリングに替えよう!|内装 カスタム
    2021年05月09日
    握りやすいガングリップタイプ! 長距離移動が楽になる純正交換型ステアリングに替えよう!|内装 カスタム
  6. 握りやすいガングリップタイプ! 長距離移動が楽になる純正交換型ステアリングに替えよう!|内装 カスタム
  7. 最新ストラーダは薄型で高画質な有機ELパネルを採用! 460車種以上に装着できる10型大画面が凄い!|ライトキャンパースタイル2021
    2021年05月07日
    最新ストラーダは薄型で高画質な有機ELパネルを採用! 460車種以上に装着できる10型大画面が凄い!|ライトキャンパースタイル2021
  8. 最新ストラーダは薄型で高画質な有機ELパネルを採用! 460車種以上に装着できる10型大画面が凄い!|ライトキャンパースタイル2021
  9. 【トヨタ・30系アルファード&ヴェルファイア】暗いと言われる純正フォグはカスタムすればいい! お薦めLEDフォグ11選|ヒカリモノ
    2021年05月12日
    【トヨタ・30系アルファード&ヴェルファイア】暗いと言われる純正フォグはカスタムすればいい! お薦めLEDフォグ11選|ヒカリモノ
  10. 【トヨタ・30系アルファード&ヴェルファイア】暗いと言われる純正フォグはカスタムすればいい! お薦めLEDフォグ11選|ヒカリモノ
  1. ロジャムの最新ホイール『ルカーラ』に5セット限定の超希少カラーが登場! 購入はクラウドファンディングで
    ロジャムの最新ホイール『ルカーラ』に5セット限定の超希少カラーが登場! 購入はクラウドファンディングで
  2. ロジャムの最新ホイール『ルカーラ』に5セット限定の超希少カラーが登場! 購入はクラウドファンディングで
もっと見る