〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉MAX POWER 250psの凄いやつ。M18スワップは伊達じゃない!

  • 公開日時 :

東西の人気峠を激走 THE BEST SUSPENSION of JIMNY

王道スタイルだけではない

Fighter engineering
スズキ・ジムニー シエラ JB64・74


ワイドボディ。リフトアップ。大径タイヤ。
これらのチューニングメニューは4駆の王道と言える。
今回、ファイターエンジニアリングが持ち込んだ車両は、外観的には、そんな王道マシンに見える。

しかし、乗ってみるとそんな考えはぶっ飛んだ。
エンジンをかけると歴代ジムニーではあり得ない太い音。
クラッチを踏むと、かなり重いタッチで若干半クラッチはシビア。
しかし、1速に繋いでアクセルを踏むと全てがどうでも良くなる。
パッセンジャーでもそうそうあり得ない加速で、体がシートに押し付けられる。
2速、3速とシフトアップしていくのだが、その吹け上がりスピードに一瞬目がついて行かなくなる。
瞬間最大ブーストは1.05キロ。
ここで?、その程度のブースト圧でこの加速はあり得ない。
なんとこのクルマ、エリオ用のM18エンジンにスワップ。
さらにスイフトスポーツ用タービンキットを装着し、TD04タービンに380ccインジェクター。
タコ足、フロントパイプ、リアマフラーをファイターオリジナルで製作。
さらにeマネージ+プロフェックでコントロール…。
ノーマルのエリオM18の124psにプラス100psの224ps。
ブースト圧1.2キロで、何と250psを絞り出すのだ。


そんなハイパワーを受け止めるサスペンションはKING製 別タンクタイプ3インチアップ用ダンパーにKING製エアーバンプ&ファイターオリジナルの3インチアップコイル。
若干エアーバンプがバンプタッチする瞬間に打刻音があるが、基本しなやかにパワーを受け止める。
硬さはあるが、気になるほどではない。ストリートでこの大パワーを使える足まわりなのだ。

ある意味、ハッキリ言ってこのクルマは一般的ではない。
しかし、このマシンのトータル性能は充分実用的だ。この大パワーで普段使いができるというのは夢のマシンと言えるだろう。


エクステリア系は、JB23の王道的なチューニングだ。

エアロボンネットはエンジンルームの熱抜きと冷却。

開口部の大きなグリルとバンパーはフレッシュエアーの導入口。

ワイドスタイルとアウターはクロカン車の常備アイテムだ。


245/75R16のグラントレックMTⅡをモーターファームのレボリューションに装着。ワイドトレッドを使用せずにワイド化が可能だ。



TD04で、最大ブースト圧1.2に対応するためには、オープンタイプのエアクリーナーは必須となる。


1.8LのM18用のジムニー用マフラーなんて本来は存在しない。ファイターオリジナルでの製作だ。


オンダッシュタイプのメーターを複数配置。チューニングエンジンのコンディション管理に欠かせないアイテムだ。


このマシンをコントロールするためには、ドライバーの正確な操作を要求する。その為にホールド製の高いシートが必須。

注目の足まわり Fighter Original


この大パワーを受け止めるためには通常のダンパーでは無理だ。

ファイターオリジナルセッティングのリザーブタンク付きKINGショック+エアーバンプで武装。ブルーのアルマイトがかなりカッコいい。

さらに、必須なのがスタビライザー。

このハイパワーを曲げるためにはスタビライザーで接地圧を高めなければ、超アンダーステアマシンとなってしまうのだ。

JB43 JIMNY SIERRA

【Exterior】
前後クロカンバンパー
50㎜オーバーフェンダー
ワイルドグース製アウターロールゲージ

【Interior】
レカロシートSR7

【Engine Tune】
スズキ・エリオ用M18・1800ccエンジン載替
トラスト製スイフトスポーツ用タービンキット
JB23用トラストインタークーラー
380ccインジェクター/80φエアクリーナー
フロントパイプ+ファイター
オリジナル60φマフラー

【Suspension】
キング製別タンクタイプ3インチアップ用
ショックアブソーバー
ファイターオリジナル3インチアップスプリング
キング製エアーバンプ加工×4本
タニグチ製フロントLSD/アピオ製リアLSD
ガセット強化仕様

【Tire&Wheel】
モーターファーム・Jレボリューション 5.5J×16
ダンロップ・グラントレックMTⅡ 245R16

ファイターエンジニアリング


代表 小林清文さん
スズキ系の様々なエンジンに携わる作業をメインに営業。パッセンジャー系での数々の実績を元に、ジムニーのチューニングを行う。オーバーホール済みのリビルトエンジンから、チューニングエンジンのパッケージ販売。さらには、ワンオフのオーダーメイドチューンまで様々なメニューに対応。サスペンションのセットアップまでをこなすエンジンチューニングショップだ。

問:ファイターエンジニアリング
電話:054-203-3900
URL:http://www.netshop-fighter-e.jp

ハイパーレブ Vol.241 スズキ ・ ジムニー & ジムニーシエラ No.6(2019/12/26)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

アクセスランキング

  1. オートバックス専売!【ハロゲンからLEDが1万円以下!】LEDバルブでヘッドもフォグもLED化!
    2020年11月25日
    オートバックス専売!【ハロゲンからLEDが1万円以下!】LEDバルブでヘッドもフォグもLED化!
  2. オートバックス専売!【ハロゲンからLEDが1万円以下!】LEDバルブでヘッドもフォグもLED化!
  3. MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
    2020年11月23日
    MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
  4. MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
  5. 【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
    2020年11月23日
    【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
  6. 【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
  7. これから出るの!? いまや必需品のマスク。SUBARUのオフィシャルは?
    2020年11月24日
    これから出るの!? いまや必需品のマスク。SUBARUのオフィシャルは?
  8. これから出るの!? いまや必需品のマスク。SUBARUのオフィシャルは?
  9. これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
    2020年11月22日
    これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
  10. これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
  1. 『スタイルワゴン創刊300号記念 SNS愛車投稿キャンペーン終了のお知らせ』1700枚を超えるたくさんのご応募ありがとうございました!
    『スタイルワゴン創刊300号記念 SNS愛車投稿キャンペーン終了のお知らせ』1700枚を超えるたくさんのご応募ありがとうございました!
  2. 『スタイルワゴン創刊300号記念 SNS愛車投稿キャンペーン終了のお知らせ』1700枚を超えるたくさんのご応募ありがとうございました!
もっと見る