〈トヨタ・RAV4〉オフロードテイストだけでなく、街乗りでも映える高級感をプラス

  • 公開日時 :

ストリートで映える“オシャレ”系URBAN STYLE

TOM’S


レースシーンの活躍だけでなく、市販車用パーツも精力的に販売するトムスは、トヨタ車オーナーに広くその名を知られた名門。
“トムス知らずしてトヨタ知らず”も過言ではないほど、ブランド力は極めて高い。


そんなトムスのRAV4は、ワイルド・アンド・フォーマル。
オフもイケるし、都会もイケるGグレード用。
アドベンチャーの設定がないハイブリッド車でも、オフっぽさをプラスすることも可能だ。

スタイリングの印象を大きく左右するエアロに、アクティブさを連想させるゴツっぽさを採り入れるが、一般的なオフ系エアロでは中央のみなどの部分加飾が多いなか、トムスは裾まわり全体を覆う王道のローダウンエアロ的手法を採用する。オフ系では設定されないこともあるサイドステップも開発と、下半身にボリューム感を置く安定感のある姿は見る者に高級な印象を植え付ける。

また、しかもトムスは内装のほか、機能系パーツも手掛ける。
走りを鍛えるボディ補強系もあり。
こんなブランド、業界広しといえどなかなかない。

PRICE LIST
フロントバンパーガーニッシュ※ 4万5000円(6万5000円)
ベゼルガーニッシュ※ 3万5000円(4万5000円)
サイドドアガーニッシュ※ 7万5000円(9万5000円)
リヤバンパーガーニッシュ※ 5万5000円(7万5000円)
マフラー/トムス・バレル 15万5000円〜
ホイール/TH01(20×8.5J+42) 5万円
タイヤ/ブリヂストン・アレンザ001(245/45)
※G/G“Zパッケージ”/ハイブリッドG専用 ( )内は塗装済価格


アグレッシブなフロント。
バンパー裾を包み込むようワイドに設計し、ボリューム感と安定感を両立。
凹凸のあるオフ的デザインも盛り込んでいる。


標準グレードの特徴である縦型のフォグボックスを縁どることで、見た目のエッジ感もアップ。
貼るだけながら効果満点。
塗装済みはマットブラックで出荷。


フロントガーニッシュの流れを色濃く受け継ぐリア。
デモカー装着のオリジナルマフラー対応と、同マフラーカッター用の2種類あり。


120×80φのオーバル2本出しは、ハイブリッド、ガソリン車用それぞれあり。
純正マフラーに追加するだけのカッターは100φの真円。


どことなく物足りなさの残るサイドをスポーティに、ボリューミーにアレンジするパネルキット。
踏み付ける心配のないドア連動開閉式。


2種類のスポークで構成されたダブルフェイス。
18〜20インチまであり、うち19&20インチは鍛造並の軽さが自慢のフローフォーミング製と、品質も自慢。

上質感をプラスする内装アイテム

ステアリング・カーボン


リアルカーボン+パンチングレザーのコンビ仕様。エアバッグを維持したまま、見た目と握りをスポーティにブラッシュアップ。
・価格:7万2000円

ドアキックプロテクター


乗降時に傷が付きやすいドア内張り。その裾に貼り付けことで、直接傷を防ぐ新感覚パーツも。PVCレザー製の4ピースセット。
・価格:9800円

プッシュスタートボタン


ドライバーの気持ちを、さり気なくも確実に鼓舞する人気アイテム。純正スイッチ表面のボタンだけを交換する。
・価格:2800円

フロアマット


毛足の違う2種類から選べるロゴ入りフロアマットは、他車用でも人気のトムスの定番。色は黒のみ。1台分セットで発売予定。
・価格:未定

補強パーツも設定あり!

走りの強化も至上命題とするトムスでは、ハンドリングを上げスタビリティの高い走りを目指す補強系も充実。真っ先に採り入れたいタワーバーであるアッパーパフォーマンスロッドのほか、底まわりのネジレを防ぐブレースを複数用意する。

アッパーパフォーマンスロッド フロント

・価格:1万6000円

フロントサスペンションメンバーブレース フロント

・価格:1万3000円

フロントサスペンションメンバーブレース リヤ

・価格:1万3000円

問:トムス
電話:03-3704-6191
URL:https://www.tomsracing.co.jp

RAV4 パーフェクトブックより(2019.12.02)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

トムス

電話 : 03-3704-6191 URL : http://www.tomsracing.co.jp

記事情報

  • 公開日時 :

関連車種