【スタワゴで連載開始!】今度はデリカD:5をい〜感じのお洒落にカスタムします!

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

【デリカD:5のカスタム連載スタート!】

MITSUBISHI DELICA D:5 SPEC PROJECT
三菱・デリカD:5 スペックプロジェクト vol.1


国産ミニバン界にあって、唯一無二の存在感を発揮するデリカD:5。ミニバンらしいユーティリティに、悪路走破性も兼ね備えるところがいい。昨年ビッグマイナーチェンジによって表情が大きく変わった個体を前にオンでもオフでも似合って、何より等身大で付き合えるカスタムを始める。
デリカD:5 後期 カスタム オフ お洒落 アウトドア
まるで日本が誇る発明品のように、そのどれもが優秀な国産ミニバン勢のなかでも、デリカD:5だけは特殊な存在として認知される。

人と荷物をノンストレスで運ぶ移動ツールながら、そこに高い悪路走破性を内包させたプロスペックであることが最大の要因だろう。

その唯一無二の立ち位置を持って、今では多種多様なライフスタイルを送る人々に支持され、またはあの手この手でカスタムされてきた。

そうした観点で捉えると、2019年にビッグマイナーチェンジを遂げた現行型は少しばかり難しい存在だと思えた。今の三菱車を象徴するダイナミックシールドのデザインを植え付け、さらに縦型のLEDヘッドライトなどで個性化を図った、そのアクの強いデザインとどう向き合えばいいのか。

無駄な装飾を廃したプロツールっぽさが受けいれられた既存のD:5とは、ひと味もふた味も違うテイストだ。いや、D:5になる前のデリカスターワゴンやスペースギアの頃のほうが、方向性としては似たものだったかもしれない。

本格オフローダーとしての資質を秘めた、ラグジュアリー系のミニバンだった。そうした意味では原点回帰と言えるのかもしれない。

そんなことを思いながら、あらためてデリカD:5と接する。初対面では、とても好印象だった。

2・3ℓ直4ディーゼルターボは、出足から力強く、2トン近いボディを軽々と引っ張っていく。ディーゼルらしい音は大きめだけど、むしろデリカD:5の世界観には合っているような気がしてきた。

ゆとりある動力性能にアシの長さが手伝って、ガンガン長距離に連れ出したくなる。乗り心地も上々だけど、だからこそ、純正18インチをインチダウンしてオフロードタイヤを組み合わせたくなった。

そしてインテリアのクオリティは、先代と比べると隔世の感がある。サバ杢調の木目やステッチを施したソフトパッド、メタル調の走行モードセレクターなど、どこをとっても高品質で、安っぽさは微塵もない。

この個体はベージュ内装でより大人っぽい雰囲気だったのも功を奏しているのか。とはいえ、エクステリアにある精悍なアイガーグレーメタリック×ブラックマイカとのコーディネイトをどうするか悩む。

きっとこういうラグジュアリーっぽさと、タフでワイルドな印象、その双方を際立たせ、そして調和させるようなカスタムが成功すれば、デリカD:5はより見違えるはずだ。

そんなことを頭の片隅に置きながら、本稿ではこれからカスタムを計画していこうかと思う。

この個体はすでに納車から1年近く、距離にしてもう2万kmが目前とけっこう使い込まれていた。ぱっと見はキレイながら、しかしベージュのシートにはうっすらと汚れが蓄積し、ボディには飛び石傷や磨き傷が目立つ部分もある。そうした部分のプチリフレッシュやコーティングもしたくて仕方がない。

突拍子もないカスタムカーに仕立てるのではなくて、あくまで等身大で付き合える伴侶であり、ちょっぴり自慢したくなるような個性を持った存在になればいいな、とおぼろげながら思っている。

逆にこの曖昧さを味方にして、いろいろな趣味嗜好に興味を持つつもりで、この新型デリカD:5の連載企画を始めます。

新世代のフロントデザインコンセプト「アドバンスド・ダイナミックシールド」やマルチLED のヘッドライトで、顔つきには強烈な個性が宿る。グリルやモールの光りモノを黒く落としたら、どんな表情になるんだろう。

搭載されるのは2.3L直4ディーゼルターボ。8速ATが組み合わされることが手伝ってとてもパワフルだ。キャビンのほぼ全周にわたって遮音・吸音対策が強化されるので車内は快適。かすかに聞こえるディーゼルの音さえ、デリカには合っていると思える。

インテリアや操作系はフルモデルチェンジと言いたくなるほど進化した。インパネやドアトリムが一新され、木目調パネルなどと相まって高級感のある雰囲気に。10.1インチという最大級のモニターを持つナビだって使いやすい。

純正で用意される切削光沢仕上げの18インチホイール(タイヤサイズ:225/55R18)も悪くない。しかし個性化を図るならタイヤ&ホイールは交換してみたいところ。サイズを含めたタイヤホイール選びについて次号でレポートする予定だ。

デリカD:5は2007年にデビューした5代目デリカであり、今回はフルモデルチェンジではないビッグマイナーチェンジとされる。デビュー以来、国産オフロード系ミニバンという孤高の存在として高い人気を誇ってきた。

スタイルワゴン2020年5月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. オートバックス専売!【ハロゲンからLEDが1万円以下!】LEDバルブでヘッドもフォグもLED化!
    2020年11月25日
    オートバックス専売!【ハロゲンからLEDが1万円以下!】LEDバルブでヘッドもフォグもLED化!
  2. オートバックス専売!【ハロゲンからLEDが1万円以下!】LEDバルブでヘッドもフォグもLED化!
  3. MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
    2020年11月23日
    MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
  4. MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
  5. 【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
    2020年11月23日
    【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
  6. 【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
  7. これから出るの!? いまや必需品のマスク。SUBARUのオフィシャルは?
    2020年11月24日
    これから出るの!? いまや必需品のマスク。SUBARUのオフィシャルは?
  8. これから出るの!? いまや必需品のマスク。SUBARUのオフィシャルは?
  9. これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
    2020年11月22日
    これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
  10. これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
  1. 『スタイルワゴン創刊300号記念 SNS愛車投稿キャンペーン終了のお知らせ』1700枚を超えるたくさんのご応募ありがとうございました!
    『スタイルワゴン創刊300号記念 SNS愛車投稿キャンペーン終了のお知らせ』1700枚を超えるたくさんのご応募ありがとうございました!
  2. 『スタイルワゴン創刊300号記念 SNS愛車投稿キャンペーン終了のお知らせ』1700枚を超えるたくさんのご応募ありがとうございました!
もっと見る