〈ブランド深掘り〉第3回 SSRの原点は3ピースホイール【tanabe&SSR】

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

tanabe & SSR/タナベ&エスエスアール

足まわりのトータルメーカー 解体新書 連載第3回

サスペンションからホイール、マフラーにボディ補強パーツまで。足に関わる用品をここまで幅広く展開しているメーカーは、世界でも稀な存在だ。そんなタナベはどう生まれ、成長してきたのか。そのモノ作りへのこだわり、信念に迫る。

最高級、優越感を足元に。すべての原点が3ピース。

タナベのホイール事業部であるSSRは、3ピースの組み立てホイールを重視する。正直3ピースは1ピースと比較して、かかるコストも手間も、圧倒的に大きい。それでも高級3ピースにこだわり続けるのは、なぜか。SSRの原点、3ピースへのこだわりを探る。


人の手を介し作るからこそ高い品質を維持できる。
まずはSSRの3ピースホイール製造過程を見てみよう。まずはディスク。SSRでは、溶解されたアルミを職人の手によって丁寧に型に流し込み成型したものを採用。

長年の経験とノウハウを徹底した鋳造条件によって安定したものを素材として導入している。これは間違いのない良い素材にこだわる、というタナベの理念に沿ったもの。

この素材をNC旋盤機にかけ、表側と裏側に仕上げの削りを施す。

3ピースは異なる部材を組み合わせるため、ここでの精度が何よりも重要。リム勘合部、裏側のハブとの接触面など、個体差も考慮しながら職人がチェック、ひとつずつ仕上げていく。

古くからあったヘラしぼりという技術が進化して誕生したスピニングという製法。その技術をいち早くホイールに導入したのがSSRで、アウターリムやインナーリムの製造などに導入されている。

マニュアル式、プログラミング式のスピニング機2機種が工場には整備されているが、いずれも豊富な経験と知識を生かした職人の調整が必要となるため、かなり希少な製法だ。

ちなみにリムの材料、材質、厚みなどはモデルやサイズによって異なるため、複数の材料を使い分けているそう。どれももちろん厳しいタナベ基準で厳選された、信頼ある素材となる。

例えばインナーリムには、軽くて強いリムを実現できる熱処理材を使用。熱い釜に2度入れて焼き、必要な成型を加えてもう一度焼くという手間が必要。これもこだわりのひとつだ。

3ピースの組み立ても、職人の手作業。アウターとインナー、ディスクを、1本1本調整しながら人の手で組み上げていく。さらにアウターとインナーの接合部は、剛性向上とエア漏れの確実な防止を目的に、溶接と、シーリングを施し、組み上げ完了。

大まかな工程紹介だが、その手間、少し感じていただけたか。

メイドインジャパンでしかできない製法だから、やる。
タナベは、特にSSRは、安全安心が根幹なのはもちろんだが、製品の軽さにこだわるメーカーだ。

しかし3ピースは複数の部材を組み合わせるのだから当然、1ピースと比べれば重量は増す。それを踏まえても3ピース、なのは、それが日本だからこそ、完成度の高い製品を作れるから。

アウターリムとインナーリム、ディスク、ピアスボルト。これら3ピースを構成する部材はすべて、別の機械で、別の職人がひとつずつ製造する。それを最終的にひとつに組み合わせるのだから、完璧な精度が求められることは想像に難くないはずだ。

その精度を実現する技術が、SSRにはある。もちろん不純物を含まない最上の素材、きめ細やかで繊細な表面処理なども、日本ならではの価値。そうやって手を尽くして完成させるモノが3ピースで、だからこそ高級で優越なのだ。

ユーザーにとって分かりやすいメリットとしては、表面処理を変えられることだろう。エグゼキューターCV05/05Sを例に、その点も少し解説しよう。

CV05/05Sの標準ディスク色は、クリスタルシルバーとギャラクシークリアブラックの2色。しかし多彩なオプションカラーが設定されているため、ブロンズやガンメタなど、ユーザーの好みに合わせたカラーオーダーが可能だ。

さらにリムも、標準のアルマイトだけでなく、ブラックアルマイトへの変更が可。ピアスボルトも7種類から選べる。

つまりその組み合わせ方次第では、絶対に人とカブらない、自分だけの高級品を手に入れることができるということ。リム交換が可能なのは、メリットだ。

そもそもSSRは、世界初の3ピースであるマークⅠから始まった。つまりその原点は、3ピース。日本が誇る構造で、自由度も高い。そこが一番の魅力。

フィニッシュは職人たちによるハンドメイド


SSRのストックヤードには、膨大な数のディスクとリム、その他部品がストックされている。オーダーは入るとそれに応じた部材をそろえて、1本ずつ、職人が手で組み上げる。

3ピースの構造

EXECUTER CV05/CV05S
エグゼキューター CV05/CV05S


大きくコンケイブしたフェイスに、ツイストした細身のフィンスポークを合わせた躍動感満点な最新3ピースモデル。より深いスーパーコンケイブディスクを新採用したほか、迫力のフルリバース21インチも新設定。高級感も大。
【PARTS SPECIFICATION】
SIZE:19×8.0~21×11.5
PRICE:9万1000円~12万9000円
COLOR:クリスタルシルバー、ギャラクシークリアブラック(+4000円)
H-P.C.D:5-114.3、5-112、5-120

オーバーヘッド構造
オーバーヘッド構造とはインナーリムとアウターリムとが奥に、ディスクが最も外側に来るよう組み立てる方式。
サンドイッチ構造
サンドイッチ構造は、ディスクをアウターリムとインナーリムの間に挟む方法。SSRはほぼオーバーヘッドだ。

その他のホイール構造

1ピース

2ピース
1ピース構造は、リムとディスクとが一体になる構造のこと。製造工程も単純で、コストパフォーマンスに優れる。2ピースはリムとディスクのふたつを圧着、溶接する製造方法。

スタイルワゴン2020年5月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

タナベ

電話 : 072-728-6700 URL : http://www.rd-tanabe.com

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 〈トヨタ・ハイエース〉なにこれ!? 可愛い!! 独創的なUSバンスタイルのノスタルジックなリノカ第2弾!
    2020年07月02日
    〈トヨタ・ハイエース〉なにこれ!? 可愛い!! 独創的なUSバンスタイルのノスタルジックなリノカ第2弾!
  2. 〈トヨタ・ハイエース〉なにこれ!? 可愛い!! 独創的なUSバンスタイルのノスタルジックなリノカ第2弾!
  3. 〈トヨタ・ハイエース〉ヘッドライト級のバックランプってアリですか!?
    2020年07月03日
    〈トヨタ・ハイエース〉ヘッドライト級のバックランプってアリですか!?
  4. 〈トヨタ・ハイエース〉ヘッドライト級のバックランプってアリですか!?
  5. 木工職人と自動車整備士がタッグを組んだ!?〈トヨタ・ハイエース〉モダンな質感&色あいでウッディー空間を演出|佐藤木工
    2020年07月04日
    木工職人と自動車整備士がタッグを組んだ!?〈トヨタ・ハイエース〉モダンな質感&色あいでウッディー空間を演出|佐藤木工
  6. 木工職人と自動車整備士がタッグを組んだ!?〈トヨタ・ハイエース〉モダンな質感&色あいでウッディー空間を演出|佐藤木工
  7. 〈トヨタ・ランドクルーザープラド〉前後わずか2エアロでもしっかりカワル!| ROWEN
    2020年07月03日
    〈トヨタ・ランドクルーザープラド〉前後わずか2エアロでもしっかりカワル!| ROWEN
  8. 〈トヨタ・ランドクルーザープラド〉前後わずか2エアロでもしっかりカワル!| ROWEN
  9. 洗車のすべて!【第5弾】プロスタッフに聞く! 洗車用シャンプー選びのコツ!!
    2020年07月03日
    洗車のすべて!【第5弾】プロスタッフに聞く! 洗車用シャンプー選びのコツ!!
  10. 洗車のすべて!【第5弾】プロスタッフに聞く! 洗車用シャンプー選びのコツ!!
  1. ナビ交換不可じゃないの!? 最新アルファード&ヴェルファイアにBIG X11を搭載! アルパインスタイル特別限定コンプリートがすごい!
    [PR]
    ナビ交換不可じゃないの!? 最新アルファード&ヴェルファイアにBIG X11を搭載! アルパインスタイル特別限定コンプリートがすごい!
  2. ナビ交換不可じゃないの!? 最新アルファード&ヴェルファイアにBIG X11を搭載! アルパインスタイル特別限定コンプリートがすごい!
もっと見る