〈トヨタ・ハリアー〉アナタの知らない車名の世界 Vol.13 ハリアー【車名由来と歴史】

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

車名の由来ってなんだろな! 歴代モデルと振り返ろう
【ハリアー歴代モデル】

車名の由来ってなんだろなのコーナー。好評につき第13弾を迎えることができました! 今回は、先日6月頃にフルモデルチェンジすることが発表されたハリーの登場です。
1997年に登場した初代は、高級クロスオーバーSUVという新たなジャンルを開拓しました。以後、世界中の自動車メーカーが追随することとなり、流行中のプレミアムSUVへとつながる流れを生み出したパイオニアモデルであります。
そんなハリアーの車名の由来は、タカ科の鳥であるチョウヒの英名「HARRIER」から名付けられました。フロントグリルにあるエンブレムも車名と同じチョウヒをモーチーフに描かれているのです。
初代と2代目は、海外ではレクサス・RXとして販売されていました。そして3代目からは日本専売車となり、2020年の6月にフルモデルチェンジされ、4代目へと移行することが決定しています。

初代 10系(1997−2003年)
キャッチコピー:「WILD but FORMAL」


1997年に発売された初代は、6代目カムリと同じFFプレットフォームを採用。エンジンは3.0LV6と2.2L直4の2つで、ともに駆動方式を2WDと4WDから選択可能であった。2000年のマイナーチェンジで、直4エンジンの排気量が2.2Lから2.4Lにアップしています。

2代目 30系(2003−2013年)
キャッチコピー:「ALL ROUND WINNER」


2003年2月にフルモデルチェンジを果たし、2代目になったハリアー。エンジンは初代マイナーチェンジ後と同じ、3.0LV6と2.4L直4を搭載。今ではスタンダードとなっている衝突被害軽減ブレーキをオプションとして世界初採用したことでも話題になりました。2005年にハイブリッド車、2006年にV6エンジンの排気量が3.0Lから3.5Lにアップしています。

3代目 60系(2013−2020年)
キャッチコピー:「そう、彼女の名はH.H」


2013年に登場した3代目は、国内専用モデルとして新開発。1月にハイブリッド車が先行発売され、2月にガソリン車も発売されています。2014年にはスポーツ仕様の「G’s」も追加されました。そして、2017年6月のマイナーチェンジ時に2.0Lターボエンジンが追加されただけでなく、9月にはマイナーチェンジで廃止された「G’s」に変わるスポーツコンバージョンモデルの「GR」が追加されています。

4代目 新型(2020年−)

2020年4月には、4代目にフルモデルチェンジされることが発表。GA-Kプラットフォームを採用し、エンジンは2.0L直4と2.5Lハイブリッドに刷新されている。流れるようなクーペフォルムに、トヨタ車初の装備となる調光パノラマルーフを組み合わせるなど、売れること間違いなしのモデルだ。発売は6月ごろに予定されています。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :