そういえばカセットやMDってまだ車内で再生できるの!? カーオーディオにまつわる「へぇ〜」なお話

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

へぇ〜、そうなのか
カーAVの知らない!?世界


ホームはもちろんカーAVの世界も奧が深い。カスタムメニューとして人気が高く、歴史も長く、フリークも多い。外向き、Hi-fi、5.1chといったブームも生まれてきた。そんなカーAVだからこそ、知っておくと楽しい様々なお話もある。今回はそんな昔からのオーディオ好きも懐かしがる小ネタをいくつか紹介します

ぶっちゃけカスタムっていくらかかる!?



結論から言えばピンキリ。例えばフロントスピーカーだけを交換するならば、手軽なモデルでパーツ代は1万円以下で工賃も5000円程度。これでも音は良くなり、十分にカスタムした感を実感でき、楽しめる。しかし、上も見ればキリがなく、高級な前後スピーカー&アンプ&サブウーファーを選んで、ラゲッジにアクリルやLEDでワンオフインストールすると、三ケタ万円も余裕で到達する。RCAケーブルだけで超高額なものは5mで50万円超えのものも。始める前にどこまでを目指すかを何となく頭に描きながらコストと相談して進めていくのがベスト。

ケーブルを交換する理由って何!?


メインユニットやアンプへの「電源ケーブル」、アンプからスピーカーまでの「スピーカーケーブル」など、オーディオには様々な配線が必要となる。もちろん純正でも配線はあるが、例えば高性能なスピーカーに交換したとして、その途中の道(=スピーカーケーブル)が純正のままでは、せっかくのスピーカーの性能を発揮しきれない。電源ケーブルも同様に、使用するユニットやパワーアンプに必要な電流を送れない線では宝の持ち腐れになってしまう。とはいえ太ければ、高ければ良いというわけでもなく、適切なものをショップと相談して選べばOK。

アルファード&ヴェルファイアのJBL仕様ってイジれる!?


アルファード&ヴェルファイアの純正にはTコネクトSDナビとセットのJBLプレミアムサウンドシステムという70万円超えの設定がある。12chアンプで17スピーカーと数字を見ればハイスペックだが、金額に見合う音なのかという疑問も良く聞く。システムとしては純正でできあがっているので、なかなかカスタムしづらいというが、スピーカー交換やパワードサブウーファー追加、外部アンプ追加も実は可能。WEBで検索すると多くの専門店がアルヴェル専用メニューを提案しているので、音に不満がある人はぜひ探してみては。

5.1chシステムはどこへいった!?

約15〜20年ほど前、カーオーディオの世界に突如現れた5.1chの波。車内でDVD 再生ができるようになり、映画館のような立体的で臨場感に溢れたサラウンドを楽しむべくメーカー各社が5.1ch 対応のメインユニットや専用センタースピーカーなどをラインアップしていた。だが、基本は前席中心の音作り故に走行中に映像を見るというのがグレーな上、今どきはDVDよりもYouTubeなどのストリーミング再生が主。徐々にブームは落ち着いていった。ちなみに5.1chとは前後左右と前方正面の5chとサブウーファーの0.1chを表す。

伝説!? 15000Wのパワーアンプって!?



2006年に発売された衝撃的なパワーアンプ、ロックフォードの「T15kW」。何がすごいって、最大出力1万5000Wという超弩級のパワー!! 比較対象とするか微妙だが、ごく一般的なカーナビに内蔵されているアンプはだいたい50W×4ch。当時の価格は420万円!!!! 写真のハイエース・スーパーロングは、64発のサブウーファーと18発の6×9インチスピーカーをこれ1台で鳴らしきる規格外のショーカーだ。スーパーロングの幅広な室内幅と比較して分かる大きさもまた規格外。

今でも買える!? カセットデッキ


懐かしのカセットテープ。小学生の頃は自分で好きな曲やラジオ(オールナイトとかヤンパラとか)をダビングしてオリジナルを作ったものだが、そのカセット、数年前にちょっと再燃したんですよね。そのタイミングでは、ビートソニックがHCT3という、カセット再生に加えUSBやSD再生ができるという新旧入り交じるシュールなヘッドユニットを出していたんですが、すでに生産終了。今はMAXWINというブランドが唯一出しているようです。某オークションサイトを見ると、ナカミチの名機も出てきます。当時のオーディオシステムで再編成してみるというのはどうでしょう。

じゃあMDデッキも今でも買える!?


これまた、今となってはマニアな再生メディア、MD。カセットテープに代わるべくソニーが発表したメディアで、持ち歩くポータブルCDプレーヤーの音飛びにうんざりしていた世代には当時人気でしたね。カーAVもCD/MDヘッドユニットなど2DINタイプを中心にたくさんラインアップしていましたが、現在生産されているモデルはないようです。こちらも某オークションサイトではまだまだ売ってました!

ついでに、置き型スピーカーはどうだ!!


カセット、MDと来たので、さらに懐かしい置き型スピーカーはいま買えるのか。ここまで来ると「ロンサムカーボーイ(当時のパイオニアのカーオーディオシリーズ名)」な時代ですが、セダンのリアトレー部に置くスピーカーで、ブランド名がイルミで光るのが定番。PIONEERやKENWOODなど、光ってましたね〜。その置き型スピーカー、実は今でも買えるんです!! しかもカロッツェリアブランド!もちろんロゴも光りますよ、どうです!?

スタイルワゴン2020年5月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 【2021NEWホイール】遂に来た! クールが手掛ける大口径の鍛造レーシングホイール|アルヴェルで履きこなせるか
    2021年01月27日
    【2021NEWホイール】遂に来た! クールが手掛ける大口径の鍛造レーシングホイール|アルヴェルで履きこなせるか
  2. 【2021NEWホイール】遂に来た! クールが手掛ける大口径の鍛造レーシングホイール|アルヴェルで履きこなせるか
  3. 愛くるしい〜! 2年半を費やした超大作はヴァナゴン改VWタイプⅡルック【幻のオートサロン出展車】
    2021年01月27日
    愛くるしい〜! 2年半を費やした超大作はヴァナゴン改VWタイプⅡルック【幻のオートサロン出展車】
  4. 愛くるしい〜! 2年半を費やした超大作はヴァナゴン改VWタイプⅡルック【幻のオートサロン出展車】
  5. 現行30系アルファードにオフロードタイヤ!? 2021年、オフ系カスタムはボーダーレスに
    2021年01月26日
    現行30系アルファードにオフロードタイヤ!? 2021年、オフ系カスタムはボーダーレスに
  6. 現行30系アルファードにオフロードタイヤ!? 2021年、オフ系カスタムはボーダーレスに
  7. 最新GRスープラに迫る! 370PSオーバー・ミニバンの魔力|トヨタ・アルファード&ヴェルファイア|AVANZARE|過給器 カスタム
    2021年01月20日
    最新GRスープラに迫る! 370PSオーバー・ミニバンの魔力|トヨタ・アルファード&ヴェルファイア|AVANZARE|過給器 カスタム
  8. 最新GRスープラに迫る! 370PSオーバー・ミニバンの魔力|トヨタ・アルファード&ヴェルファイア|AVANZARE|過給器 カスタム
  9. その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
    2021年01月26日
    その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  10. その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  1. 【ライズ・デリカD:5・RAV4まで】この重厚さとコンケイブはストリートもアウトドアも似合う!オフ系狙いの最新ホイール「ハイブロック・レグルス」
    [PR]
    【ライズ・デリカD:5・RAV4まで】この重厚さとコンケイブはストリートもアウトドアも似合う!オフ系狙いの最新ホイール「ハイブロック・レグルス」
  2. 【ライズ・デリカD:5・RAV4まで】この重厚さとコンケイブはストリートもアウトドアも似合う!オフ系狙いの最新ホイール「ハイブロック・レグルス」
もっと見る