まるで欧州のレーシングカーのような雰囲気がカッコいい! デザインワークスの50系プリウス用エアロ

スポンサードリンク


走行性にも配慮した、色気漂う上位な欧州スポーツ

BUMPER type

メイン画像
イエロー×ブルーのメッキシートによるラッピング。その艶やかさに目を奪われド派手な印象を持ってしまうが、じつはエアロ自体は正統派。それはまるで上品な欧州車のスポーツバージョンのようで、それもそのはずデザインワークスが50に与えたのは、スポーツ&ラグジュアリーというオトナなコンセプトなのだから。

スピンドル風を採用したフロントは、空気抵抗にも配慮した造形。純正レーダーなどの、機能性をキープしつつ車高短でも走行できるサイズで設計される。シンプルに薄く成型したサイドで全体のボリュームを調整しつつ、リアはボトムのフラップをあえて別体で造形。奥行きたっぷりにスラントさせたバンパーとの間から空気が抜けてくるイメージを追求した。これら造形の角度や絶妙なラインが、あふれ出る品位の秘密。躍動的だが、それだけじゃない。ワンランク上の質感を備えていることこそ、このエアロの魅力。

サブ画像

フロントバンパースポイラー

フロントバンパースポイラー大画像
フロントバンパースポイラー小上画像
フロントバンパースポイラー小下画像
大きく開いたフロントの開口は、旬をとらえたスピンドル風形状。印象的なラインを目元の下などに描きつつ、開口内のバーなど純正本来のデザインテイストも効果的に残しているのがこだわりだ。延長は下へ約2cm、前方向への突出が純正からほぼ変わらず。純正センサーなどの機能も活かせる。

リアバンパースポイラー

フロントバンパースポイラー大画像
フロントバンパースポイラー小画像
リアのバンパーボトムがななめ奥へ向かってアールを描くことで、より奥行きが深く、動き感の強い造形を実現。その下にフラップ風のディフューザーを別体で付属し、あえての別体感でスポーツ度も強めた。両端に刻んだ縦方向スリットダクトも精悍、塗り分けて遊びやすい形状なのも特徴。

サイドステップ

サイドステップ画像
リアバンパーの高さが相当なため、太りすぎないようサイドはあえて薄く、シンプルに。純正を活かしたプレスラインを走らせ、躍動感も演出した。

ローダウンフォルムを極め、マッチングの幅を広げる調整式キャンバーアーム

キャンバーアーム画像
角度調整が可能なリア用キャンバーアームは、現在のところ試作段階。デモカーは3度キャンバーで、8.5Jの深リムを履きこなす。市販化は未定だが、もしかすると発売される可能性も。

ホイール画像
デモカーに装着されていたのはレオンハルトのゼーレ。ブラッククリアブラッシュドの引き締まり感がエアロに好相性。

手軽にイメチェンできるカラーレンズカバーも!

カラーレンズカバー左画像
カラーレンズカバー中画像
カラーレンズカバー右画像
フロント左右に備わる純正ランプは、そのまま流用できる仕組み。が、ここの印象を手軽に変えられるランプカバーを用意するため、さり気ないオシャレも楽しめる。ライトブルーとイエロー、スモークの3色で、イエローはとくにユーロ感も増幅。

PRICE LIST

AERO PARTS
フロントバンパースポイラー 11万4000円
サイドステップ 6万7000円
リアバンパースポイラー 9万7000円
上記3点キット 25万円
OTHER PARTS
ランプカバー 5800円(スモーク)、6300円(カラークリア)
TUNING PARTS
調整式キャンバーアーム 試作
WHEEL&TIRE
スーパースター・レオンハルト ゼーレ( 20×8.5J+27)
ニットー・ネオジェン(225/30)

スポンサードリンク

期間工.jp|大手メーカーの期間工・期間従業員の求人情報サイト

おすすめコンプリートカー情報

記事の車種

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る