【フジが本音でオススメする!】 春の足元にピッタリな夏タイヤ選び

スポンサードリンク

ドレナビTOPへ

縦に長い日本なのでまだまだ冬真っ只中という地域は多いですが、そろそろ春の足音が遠くでドッシンドッシン聞こえてくる……というのは言い過ぎでも、春を意識する時期がやってきましたね。新入学や新社会人など、春はスタートの季節。心機一転気持ちを切り替えるのにもってこいです。そこでドレナビ的に春といえば、そう「タイヤ」の季節なんですね。秋にはスタッドレスタイヤ、春には夏タイヤというのがベストシーズンというわけなんです。とはいえ、春は年度末と年度初めのバタバタに巻き込まれて、しっかりといいモノ選びができなくなってしまう恐れがあります。そんなときのためにいまから狙いを定めておくのがいいんです。

そこで、ドレナビでは一足先にタイヤホイール専門店の「フジ」にこの春オススメのタイヤを聞いてきちゃいました。自力でタイヤ探しもいいですが、やっぱりプロに聞くのが1番です。それもタイヤの専門店であればなおさら”いいモノ”をわかってらっしゃる。
「フジ」は全国に45店舗(2月現在)を展開しているモンスターなお店。タイヤとホイールに関しては間違いなく日本トップクラスの知識と経験をもったスタッフさんが常駐しており、まるでソムリエのように自分に合った至極のタイヤを選んでくれます。
今回は様々な読者にむけて、ミニバン向けやスポーツカー向けはもちろん、エコな新作などなどを教えてもらいました。自分の愛車やカーライフスタイルに合わせて選んでみてください!
詳しくはお近くの店舗まで
(店舗情報: http://www.fujicorporation.com/shop/shop/index.aspx#sItemList

解き放たれた春だからこそ! キビキビ走りたい!

YOKOHAMA・ADVAN FLEVA V701

【特徴】
●ADVANのハンドリング重視モデル
●”攻めのスタイルを感じさせる”方向性パターン
●ダイレクトな操作感
●高いウェット性能
●静粛性に優れたスポーティー・タイヤ

【サイズラインアップ】
●15インチ~19インチ

DUNLOP・DIREZZA ZⅢ


【特徴】
●DIREZZAが誇る最高峰ハイグリップタイヤの新作
●ハイグリップコンパウンド採用
●剛性を高めたパターンデザイン
●接地性を高めたプロファイル

【サイズラインアップ】
●14インチ~19インチ
冬はスタッドレスタイヤを履いているから、思う存分走り込めない……なんてフラストレーションが溜まってしまいますよね。ならば、春になったらスポーツタイヤを履いてキビキビ走りまくろうではありませんか。
フジがオススメする最初の1本はヨコハマのスポーツタイヤの名門ブランド「ADVAN(アドバン)」からリリースされている「FLEVA V701(フレバ ブイナナマルイチ)」です。アドバンといえば、泣く子も黙るスポーツタイヤの超人気ブランド。その中でさらにニーズに合わせて商品が細分化されているのですが、このフレバ V701は「楽しいハンドリング」に焦点をあてて開発されたタイヤなんです。つまり、ドライブしていて気持ちいいタイヤ。スポーツカーはもちろんですが、ミニバンやコンパクトカーだって楽しめるタイヤなんですよ!
そして「いやいやオレはもっと本気のスポーツをしたいんだぜ」なんていうストイックな人には、ダンロップが誇るスポーツタイヤブランド「DIREZZA(ディレッツァ)」から2月に発売したてホヤホヤの「ZⅢ」がオススメです。これまで最高峰のハイグリップ性能を発揮していた「ZⅡ★」がさらに進化しているというからもはや向かうところ敵なし状態です。

人気のコンフォートタイヤは次の世代へ!

DUNLOP・LE MANS V



【特徴】
●コンフォート系人気ブランド「ル・マン」がモデルチェンジ
●「SHINOBIテクノロジー」でタイヤの振動を吸収
●「サイレントコア」の搭載でタイヤ内部のノイズを低減
●左右非対称パターンで耐偏摩耗性能を27.0%向上

【サイズラインアップ】
●14インチ~20インチ

NITTO・NT555 G2


【特徴】
●ウルトラハイパフォーマンスを誇るNT555の後継モデル
●低燃費シリカ配合で転がり抵抗を低減
●ツインセンターリブで操縦安定性を向上
●高い剛性を確保したタイヤ構造設計を実現
●Nano Balance Technologyによりウェット制動距離を7%短縮

【サイズラインアップ】
●17インチ~20インチ
ミニバンをはじめとしてドレスアップタイヤとして人気があるのはコンフォート系のタイヤです。インチアップをしてもいかに快適な乗り心地や静粛性を確保するのが大事なポイントとなるからですね。さらに19インチや20インチといった大口径サイズのラインアップをきっちり揃えているタイヤがオススメです。そこでドレスアップタイヤとして人気を誇っているのがダンロップの「ル・マン」とニットーの「NT555」なんです。どちらもユーザーはもちろん、ドレスアップメーカーのデモカーに採用されることが多いほど使いやすいタイヤなんですね。そんな2つのタイヤですが、ちょうど今年の2月にモデルチェンジをして次の世代に移行します。ル・マンは従来のル・マン4から「ル・マンV(ファイブ)」に、NT555は「NT555 G2(エヌティーゴーゴーゴー ジーツー)」になります。
ル・マンVはこれまで同様に特殊吸音スポンジを使用したサイレントコア技術に加えて、サイドウォールとトレッドで衝撃を吸収する技術「SHINOBI TECHNLGY」を搭載。従来モデルよりも乗り心地、静粛性能、ライフ性能を大幅に向上させています。
NT555 G2は、よりハイパワーを誇るハイエンドカーに向けて従来モデルよりもグリップ性能を強化。大きな違いは従来のV字パターンに加えて、中央にツインセンターリブを採用したところ。トラクションと操縦安定性向上に貢献しています。

エコタイヤの大本命は車種に合わせて3タイプ!

BRIDGESTONE・ECOPIA NH100 series

【特徴】
●低燃費タイヤ「エコピア」の新シリーズ
●セダン・クーペ専用は「NH100」(写真左)
●ミニバン専用は「NH100 RV」(写真中央)
●Kカー・コンパクト専用は「NH100 C」(写真右)
●「エコ効きもちゴム」でライフ&ウェット性能とエコ性能を両立
●「剛性コントロールシート」でロングライフを実現

【サイズラインアップ】
NH100   ●14インチ~18インチ
NH100 RV ●14インチ~18インチ
NH100 C ●13インチ~16インチ

エコロジーやエコノミーといった”エコ”が大事ないま、クルマだってハイブリッドカーや電気自動車といったエコなクルマが人気を集めていますね。といっても、どんなにエコなシステムを搭載したクルマでも変わらない装備がタイヤです。タイヤは唯一クルマと地面をつなぐ役割を担っていて、走行性能に直接関わってきます。つまり、タイヤはエコになるかならないかの重要なポジションというわけなんですね。では簡単にエコなタイヤといっても、これがなかなか難しいところなんです。グリップ力はしっかりと確保しつつ、転がり抵抗は少なくしなくてはならない。この相反する性能を高い次元で両立しているのが、ブリヂストンの「エコピア」。そのエコピアから2月に新登場した「NH100」シリーズがいま大注目なんですね。これまでのエコピアのエコ性能をさらにアップしつつ、車種に合わせて特性を強化しています。セダン・クーペ用の「NH100」は直進安定性と操縦安定性を強化し、ミニバン専用の「NH100 RV」はブロックの倒れ込み抑制効果をあげてふらつきを軽減、Kカー・コンパクトカー用の「NH100 C」は高剛性ショルダーブロックの採用によって小回りなどによる偏摩耗の抑制に効果を発揮します。
それぞれ車種に合わせた設計にすることで、よりエコ力を高めているというわけですね。

SUVブームを後押しするオールテレーン!

YOKOHAMA・GEOLANDAR A/T G015



【特徴】
●SUVブランド「ジオランダー」の新作オールテレーンモデル
●さらなる耐久性&長寿命
●アグレッシブな新パターン
●運動性能と快適性能の両立

【サイズラインアップ】
●15インチ~18インチ

BRIDGESTONE・DUELER A/T 001



【特徴】
●「デューラー」から新たに登場したオールテレーンモデル
●耐摩耗性能を向上
●新配合のトレッドゴムを採用し低燃費性能を向上

【サイズラインアップ】
●15インチ~18インチ

いま世界的にブームになっている車種といえば断然「SUV」です。コンパクトなSUVからベントレーのような超高級車までSUVがラインアップするような異常事態です。それほどまでにいま、SUVがイケてる車種というわけですね。もちろん日本車だってSUVの宝庫。むしろ日本は様々な走行環境があるから、あらゆる条件でも走れるSUVが向いている国といっても過言ではありませんね。となるとタイヤもあらゆる条件を走行できる「オールテレーン」タイプがオススメです。オールテレーンとは「すべて」の「地形」という意味です。つまり、あらゆる地形を走行できるマルチなタイヤというわけです。SUVにはもってこいですよね。そんなオールテレーンタイヤにSUVタイヤの2大ブランド「ジオランダー」と「デューラー」から新作が登場しています。どちらもSUV好きには馴染み深いタイヤブランドですから、いまが買いのタイミングです。
まず「ジオランダー A/T G015」ですが、「アグレッシブ・パターン」を採用してオフロードの高い走破性をアップ。それと同時にワイドトレッドプロファイルなどによってオンロードの性能も強化しています。まさにオールテレーンさをさらにアップさせていますね。
「デューラー A/T 001」のほうは「走破性」「低燃費性能」「ライフ性能」の向上を実現したタイヤです。オンロードでもオフロードでも快適なドライブを楽しませてくれそうです。


スポンサードリンク

期間工.jp|大手メーカーの期間工・期間従業員の求人情報サイト

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る