K2ギアの十八番、ダブルスリットフェンダーがレヴォーグにも登場!

スポンサードリンク

ドレナビTOPへ
レヴォーグ記事一覧へ

ドレナビで見てねっ!

K2ギア定番のダブルスリットフェンダーがレヴォーグにもいよいよ登場


ボディに大きな変化を施すことは慎重になおかつ大胆に。
しかし一歩間違えばそのデザインが破綻してしまうこともあります。
その微妙なサジ加減がエアロパーツの製作で一番難しいところでしょう。
大阪オートメッセ2017に出展されていた、K2ギアの「ダブルスリットフェンダー」はそのサジ加減にこだわりにこだわった一品です。

K2ギアは4代目レガシィ、5代目レガシィでもダブルスリットフェンダーを製作して人気を得ていました。
レヴォーグ用に開発されたダブルスリットフェンダーは、サイドのキャラクターラインの入り方、先に完成している同社のサイド・ピンストライプを生かしたデザインとの調和も考えられた秀逸なもの。もちろんピンストライプが無くてもそのスリットの位置は絶妙。
そして片側7.5cmワイド化されより太いタイヤが収まるように設計されているのも見逃せません。さらにワイドになっているとは気がつきにくいほどの、流麗なデザインが施され純正のような仕上がりになっており、サイドステップ周辺への段付きデザインで、ワイド化されているのにやっと気がつくひという人いるのではないでしょうか。
サイドに設けられたスリットにヤル気がみなぎる本製品、5月ごろの発売を目指して最終の調整に入るそうです。

リアブレーキも強化したいレヴォーグオーナーへ


もう一つの注目ポイントは「LEVORG REAR 330 BIG ROTOR kit」です。
レヴォーグ純正リアブレーキローターを300mmから330mmへ大きくするキットです。
レヴォーグを始め最近のスバル車はアイサイトの関係や電動パーキングブレーキの関係で、ブレーキ関連をカスタマイズするのが非常に難しい部分となっています。
しかし、あえてそこにチャレンジし「REIZ Brake System kit」を早くから商品ラインアップに揃えてきたK2ギア。
ついにレヴォーグ用のリアブレーキを開発しました。
フロントブレーキを大型化した際に、純正のリアブレーキによる前後ブレーキのバランスの悪さを解消し、確実で安定したブレーキングを手に入れることができます。
リアブレーキキャリパーの専用ブラケットを開発して大型化に対応。
ブレーキローターは、1ピースタイプ、2ピースタイプから選ぶことが可能で、そのうち2ピースタイプは純正ローターに対して約500gの軽量化も達成。

このほか、リアキャリパーの保護とデザインアップ用に「ロゴプレートフィニッシャー」も開発中です。
同フィニッシャーを装着することで大型キャリパーのようなスタイリングとなります。

価格

ダブルワイドスリットフェンダー発売予定(5月頃)
・価格:8万8000円(予価)
・FRP製 塗装なし
リア330 ビックローターkit
・VMG/VM4/VAG等電磁パーキング装着車
1P type rotor kit
・価格:108,000円(税別)
・セット内容
延長サポートブラケット×2個
8スリット1ピースローター×2枚
ブレーキホース位置変更ステー×2個
2P type rotor kit
・価格:138,000円(税別)
・セット内容
延長サポートブラケット×2個
8スリット1ピースローター×2枚
ブレーキホース位置変更ステー×2個
ロゴプレートフィニッシャー(金属製カバー)開発中


スポンサードリンク

期間工.jp|大手メーカーの期間工・期間従業員の求人情報サイト

記事の車種

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る