【スマホじゃダメ!? 第1回】短期連載で最新大画面ナビをチェック|実は売れてる大画面ナビの魅力って何!?

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

時代は9V型以上! 主要4メーカーの最新ナビを短期連載チェック!

2021年に買うべき大画面ナビ そのホントの実力! 第1回

新車の時からカーナビが装着されているのは当たり前の昨今。市販カーナビに何を求めるのか?ルート探索や渋滞回避といったナビ性能、音質や動画などのエンターテイメント性もさることながら重要視したいのが画面サイズ。今や主要トレンドといえる9型や10型、さらには11型といった大画面こそが市販ナビ最大の魅力といえる。
カーナビ 大画面 パナソニック ケンウッド アルパイン カロッツェリア


純正カーナビやスマホアプリの台頭により、市販カーナビの市場は大きく縮小しているのではないか、という声をよく聞く。しかし現実はこのコロナ禍でも対前年比はほぼ横ばいに推移しており、見方によるが健闘していると言ってもさしつかえない。

特に市販カーナビの市場を後押ししたのが「大画面」であることに異を唱える人は少ないはずだ。そもそもクルマのコンソールにある「2DIN」スペースに装着するAV一体型カーナビは7インチが基本。幅200mmを持つ「ワイド2DIN」を持つ車両であれば、変形で7・7型というモデルも存在したが、大画面ディスプレイを組み込むことを前提としてインテリアを設計できる純正カーナビとの差は開いていった。

そこに登場したのが、現在もアルパインやカロッツェリアの一部に設定されている車種専用のパネルや専用デザインされた大画面カーナビだ。メリットとしては純正のような仕上がりをキープしながら大画面を設置できる点。

逆にデメリットは専用品ゆえにパネル類や本体の購入に出費がプラスされることだ。そしてここにエポックメイキングとも言える商品が登場した。それが2016年3月にパナソニックがストラーダのFシリーズに採用した「フローティングディスプレイ」というコンセプトを持つ商品である。

本体ユニットは従来の2DINに収め、ディスプレイ自体を浮かせることでこれまで取り付けができない、と悩んでいた層の取り込みに成功。大ヒット商品となった。画面を無理にコンソールに組み込むのではなく、大画面にするならディスプレイ自体は外に出してしまえばいい、という従来とは逆の発想と言えるが、取り付け可能車種も2016年の発売時に144車種だったのに対し、2020年型は430車種以上まで拡大している。

それでは何故ここまで大画面カーナビが支持されたのだろうか?

家庭用のテレビであれば、大きければ迫力もあり、さらに細かな描写も楽しむことができる。この点ではカーナビも基本的な考えは同じである。しかし、カーナビの場合は地図の他、地デジなどのビジュアルソースや操作切り替えの表示など家庭用テレビとは異なる情報を表示し、操作できなければならない。さらに言えば、地図画面ひとつをとっても従来より詳細な情報が組み込まれており、運転中に注視せずに情報を瞬時に把握するためにも大画面は〝最適解〟と言える方法なのである。

画面サイズに関しては8型→9型→10型と進化し、現在は11型までラインアップされている。その中でメインとなるのが9型または10型だ。ただクルマによってはディスプレイからドライバーまでの距離が近い車両(例としては軽自動車など)の場合、10型を選ぶと一度で瞬時に情報を把握仕切れないケースもある。自分のクルマにはどのサイズの「大画面」が相応しいのかを考慮しながら、ナビ選びを楽しもう。

これから短期連載として各メーカーの大画面ナビをじっくりと紹介していくぞ!

カーナビ選びのキモ!

●ナビ性能

HD表示に対応するディスプレイや探索したルートの“品質”、地図の更新頻度や金額、さらにテレマティクスへの対応なども重要だ。

●UI

多くの機能に少ない操作で到達できるUI(ユーザーインターフェース)が理想。トップ画面のカスタマイズ性能や音声認識も重要だ。

●AV機能

重要なのはどれだけ多彩なメディアに対応しているかである。もちろん高音質のハイレゾに対応していることも今後は押さえておきたい。

●ドラレコ連動

本体が小型ゆえに各種設定がしづらいのがドラレコの弱点。これをナビ側の大型ディスプレイで行うことで操作性が一気に向上する。

スタイルワゴン2021年2月号より


[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 【高級ミニバンでアウトドアフィールドへ】30系アルファードにぴったりな17インチのオフロードタイヤ|足回り カスタム
    2021年05月18日
    【高級ミニバンでアウトドアフィールドへ】30系アルファードにぴったりな17インチのオフロードタイヤ|足回り カスタム
  2. 【高級ミニバンでアウトドアフィールドへ】30系アルファードにぴったりな17インチのオフロードタイヤ|足回り カスタム
  3. 【これから買うべきフロアマットはこのカタチ】集中連載 フロアマット選び_VOL.2|内装 カスタム
    2021年05月17日
    【これから買うべきフロアマットはこのカタチ】集中連載 フロアマット選び_VOL.2|内装 カスタム
  4. 【これから買うべきフロアマットはこのカタチ】集中連載 フロアマット選び_VOL.2|内装 カスタム
  5. 【都内の個タクが使ってる車高調】“快適な乗り味でお客様をおもてなし”でも、ローダウンはしちゃってます(笑)|トヨタ・アルファード
    2021年05月16日
    【都内の個タクが使ってる車高調】“快適な乗り味でお客様をおもてなし”でも、ローダウンはしちゃってます(笑)|トヨタ・アルファード
  6. 【都内の個タクが使ってる車高調】“快適な乗り味でお客様をおもてなし”でも、ローダウンはしちゃってます(笑)|トヨタ・アルファード
  7. 軽キャンながら家電を安心して使える快適な電装システムを搭載! ポップアップを備えて家族でも楽しめる!|スズキ・エブリイ|ライトキャンパースタイル2021
    2021年05月18日
    軽キャンながら家電を安心して使える快適な電装システムを搭載! ポップアップを備えて家族でも楽しめる!|スズキ・エブリイ|ライトキャンパースタイル2021
  8. 軽キャンながら家電を安心して使える快適な電装システムを搭載! ポップアップを備えて家族でも楽しめる!|スズキ・エブリイ|ライトキャンパースタイル2021
  9. 広大で豪華なラウンジが自慢の人気ランドワゴン! 充実装備も満載!|トヨタ・ハイエース|ライトキャンパースタイル2021
    2021年05月17日
    広大で豪華なラウンジが自慢の人気ランドワゴン! 充実装備も満載!|トヨタ・ハイエース|ライトキャンパースタイル2021
  10. 広大で豪華なラウンジが自慢の人気ランドワゴン! 充実装備も満載!|トヨタ・ハイエース|ライトキャンパースタイル2021
  1. ロジャムの最新ホイール『ルカーラ』に5セット限定の超希少カラーが登場! 購入はクラウドファンディングで
    ロジャムの最新ホイール『ルカーラ』に5セット限定の超希少カラーが登場! 購入はクラウドファンディングで
  2. ロジャムの最新ホイール『ルカーラ』に5セット限定の超希少カラーが登場! 購入はクラウドファンディングで
もっと見る