「RAYS」新Versusを香港でワールドプレミア!! 中国で発表会を開催した真意とは?


ドレスアップ系ユーザーはもとより、チューニング系ユーザーにも、有名なホイールメーカー、レイズが新デザインのVersus stratagiaシリーズを世界初公開しました。

世界初公開となったのは、VERSUS stratagiaシリーズのconquistaのプロトタイプ。


ヴェルファイアにセットされた、20×8.5J+38.5、スパークリングブラックパールのconquistaプロトタイプ。

この発表会は、中国・香港地区をはじめ、アジア地域各国への販売拡大をめざし、改めて現地販売関係者・社やメディアにRAYSの新商品を直接紹介するとともに、関係性を深めてより信頼関係を築いていこうという意図で開催されたものとのコト。
発表会初日となる3月14日、展示会場には中国・香港の自動車メディア15社、現地ディストリビューター、販売ショップなど100名が集まっただけに、注目度の高さもわかるというもの。


日本からは三根茂留代表取締役社長をはじめ、VOLK Racingの山口浩司クリエイティブプロデューサー、gramLIGHTSの加藤照幸エグゼクティブプロデューサーといった開発陣トップも出席。
現地ユーザーの要望や、販売サイドとの直接の意見交換を実施しました。
冒頭、三根社長は「中国・香港を筆頭に、アジア各国でのRAYSのホイール販売が飛躍的に向上しています。こうした状況を踏まえ、中国・香港を中心としたアジア市場をさらに広げていきたいと考えています」と挨拶すると、出席者からは「RAYSのホイールをもっと売りたいので、サイズやカラーを揃えてほしい」といった意見とともに具体的なサイズやカラーを求める声や「RAYSはすでにとても有名なホイールとして中国人にも知られているので、これからは、もっと『なぜ、RAYSのホイールは性能が良いのか』といった情報を伝えてほしい」といった要望が寄せられていました。

また、加藤役員は「今から中国市場に出るには、当然そうした細かい要望に応える必要があると認識しています」と。
山口役員も「現地のニーズをぜひ商品開発に活かしていきたい」と前向きなコメント。

三根社長も「RAYSへの期待感がひしひしと伝わってきた。RAYSとは何か、なぜクオリティが高いのかということを、さらに真摯に伝える必要がありますね」と、中国・香港市場における予想以上の意識の高さに驚いている様子だったとコメントしました。


ホイールの加工の精度を確認する現地のディストリビューター、直に見て触れてわかるもの、感じるものがあるのは世界共通


TE037DURAの加工については、その複雑さと高い精度に関心を示す関係者が多くみられました


ハイエンドな自家用車が多い中国・香港市場においては、ホイールも必然的に妥協を許さないデザインとクオリティが試されるだけに日本のカスタマイズホイール界のトップメーカーの製品はディストリビューターにも魅力的にうつっていることでしょう

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

スポンサードリンク

レイズ

電話 : 06-6787-0019 URL : http://www.rayswheels.co.jp

レイズの一覧記事

関連注目記事

お気に入りの車種

サイト内検索

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る