デンクルのキットでC-HRの純正LEDテールをさり気なく全灯化!!


DENKUL

デンクル

C-HR専用ブレーキプラスキット

上級グレードのG&G‐Tのみに用意されている、メーカーオプションのLEDヘッドライト。これを選択するとテールランプも必然的にLEDになる。ドレスアップを考えている人であれば、新車選択時にぜひ導入しておきたいオプションのひとつ。そんなLEDテールをさり気なくイメチェンさせ、安全性の向上にもつながる機能的アイテムが、デンクルのブレーキプラスキット。
通常ブレーキランプは、ボディ両脇に設置されるレンズ内のLEDが点灯しリアゲート部分のラインLEDは点灯しない。それが専用ユニットをカプラーオン接続するだけで、全点灯させることができる。純正と違った点灯パターンというだけでなく、点灯面積が増えるので、後続車からの視認性が向上し安全性もアップする、まさに一石二鳥なアイテムだ。


車種専用設計のブレーキプラスキット。純正カプラーとのカプラーオン接続なので、面倒な配線作業は必要なし(電球タイプのテールランプには取り付け不可)。作業写真付きの取扱説明書も付属。

純正ブレーキランプON

純正ポジションランプON


ブレーキランプの点灯面積が増えるので、日中、ブレーキランプ点灯時、後続車からの視認性が大きく向上する。C-HRのテールランプ点灯パターンを知っている人が見れば「あれっ、なんか違う!」と注目度も当然アップするはず。

カプラーオン接続だから取り付けは約15分!!


1.バックドアの内張り4カ所をはずす
ブレーキプラスキットの配線コネクターはバックドア内側にあるコネクターへカプラーオン接続する。番号の順に内張りをはがしていく。


2.パネルを傷つけないように、マスキングするかプラスチックタイプの内張りはがしを使ってパネルをはずす。


3.内張りの取りはずしで厄介なのが最後の大型パネル。少々強引に、引っ張りながら取りはずそう。


④**接続するコネクターは全部で3カ所

内張りパネルをはずしたら、あとはカプラーユニットを接続する。両サイドのテールランプ、上部のハイマウントストップランプの配線へ接続。


⑤純正カプラーを引き抜き、ボディ側、レンズ側のカプラー配線の間へユニットのカプラーを割り込ませる。


⑥全部で3カ所、純正のカプラー配線へ割り込ませる。点灯確認し、問題なければ元に戻して完了。

PARTS | PRICE

C-HR専用ブレーキプラスキット | 6800円
■対応:純正LEDテールランプ車

ブレーキホールドを常時ON状態に!!

C-HR専用 オートブレーキホールドキット


最近のクルマに純正装備されている事が多いブレーキホールド機能。信号待ちなど、一時停止した際、自動的にブレーキがかかった状態になり、アクセルを踏めばブレーキが解除される便利機能。この機能をスイッチ操作なしで常時ON状態にできるキットがコレ。カプラーオン+ヒューズ接続のため、取り付け作業の難易度は少々高いが、導入すればぜったい便利!!


エンジン始動後、ドアを閉めシートベルトを装着すると自動的にブレーキホールド機能がONになる。


通常はHOLDボタンを押して作動させるブレーキホールド機能。これで、乗る度に押す必要がなくなる。

PARTS | PRICE

C-HR専用 オートブレーキホールドキット | 8280円

問:デンクル ☎0790-27-0283 
http://denkul.jp

この記事が気に入ったら
いいね!

スポンサードリンク

デンクル

電話 : 0790-27-0283 URL : http://denkul.jp/

デンクルの一覧記事

関連注目記事

記事の車種

お気に入りの車種

サイト内検索

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る

mautic is open source marketing automation