【TOYOTA ミニバン&SUV体感フェア2017】にいってきたよ☆ MEGA WEBリポート・ブース編(1/4)



    ドレナビ編集部は去る3月5日(日)に東京都のお台場で開催された「TOYOTA ミニバン&SUV体感フェア2017 〜クルマのカスタマイズを楽しもう! 〜」にいってまいりました。場所はクルマのテーマパークとして知られる「MEGA WEB」で、普段はトヨタ車が展示されているスペースになんとドレスアップカーがズラリと並んでいる圧巻の光景。今回はその日の様子をリポートしちゃいますよー。

    ズラリと並ぶドレスアップカー!

    AVEST/アベスト

    ■展示車
    C-HR

    アベストのブースに展示されたいたのはいま話題沸騰中のC-HRです。アベストといえば、流れるドアミラーウインカーでお馴染みですが、さっそくC-HR用も装着されていましたよ。

    30系アルファード&ヴェルファイアや30系プリウス、86用など、様々なトヨタ車に対応するラインアップを揃えています。ウインカー部分を交換するタイプなので、違和感なくフィットしますね。

    こちらがC-HR用。ウインカーを出すと内側から外側に向かって光が流れます。ウロコのような3Dセグメントデザインがオシャレですね。ホワイトかブルーが選べるデイライトも搭載しています。

    HKS/エッチ・ケー・エス


    試乗車を2台も用意してきたHKS。館内ブースは車両なしで自慢のアイテムをズラリと並べていました。とくにサスペンションは人気のハイパーマックスシリーズで、商品の特徴を詳しく聞くことができましたよ。

    こちらはハイパーマックスのSスタイルL(写真左)とSスタイルC(写真右)です。どちらも全長調整式の車高調ですが、SスタイルLはガッツリとローダウンしたい人向け。SスタイルCは乗り心地もしっかり確保したモデルとのことです。

    注目なのはこちらの「ハイパーマックスG」。じつはこれ車高調ではなく、純正形状の交換式タイプなんです。つまり、HKSが考える最適なサスペンションをカタチにしたもの。適度なローダウンと快適な乗り心地はサスガの一言ですよ!

    M’z SPEED/エムズスピード

    ■展示車
    ハリアー(60系)

    エアロブランド「エクスクルーシブゼウス」で人気を博すエムズスピードは、バンパースポイラーシリーズの「エグゼライン」を装着した60系ハリアーを展示。迫力がスゴイ!

    リアももちろんバンパータイプです。迫力あるボリューム感に加えて、バンパー左右から突き出している4本出しマフラーがインパクト絶大ですね! ハリアーに乗るならこれくらい個性的にしたいものです。

    エムズスピードではオリジナルホイールを数多く展開しています。様々なサイズを用意していますが、とくに人気なのはその芸術性の高いデザインですよね。もはやホイールというよりオブジェに近いものがあります。

    Grazio&Co./グラージオ・シーオー

    ■展示車
    プリウス(50系)

    オリジナルエアロシリーズ「スポーツデザイン」を装着した50系プリウスを展示していたグラージオ・シーオー。フロントバンパーの脇にあるダク「サイドエフェクター」がオシャレです。

    スマホの充電などで最近はお馴染みのUSBですが、その出力ってご存知ですか? じつはUSBのポートは出力(アンペア)がとっても大事で、それによって充電速度などが全然違うんです。このパワーUSB4.2ツインチューブはなんと2.1Aが二口ついたハイパワー仕様。

    徹底的にこだわり抜いたキーケースやキーホルダーをラインアップ。栃木レザーと呼ばれる上質な革を使って、丁寧に作り上げられた逸品です。本物志向にこだわる人にはうってつけのアイテムですね。

    実演! ペイントされた塗装を剥がす!?

    この記事が気に入ったら
    いいね!

    Twitter で

    スポンサードリンク

    関連注目記事

    お気に入りの車種

    サイト内検索

    人気車種から探す

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
    • プリウス
    • ハリアー
    • ハイエース/キャラバン
    • C-HR
    もっと見る