【TOYOTA ミニバン&SUV体感フェア2017】にいってきたよ☆ MEGA WEBリポート・体感編(2/4)



    ドレナビ編集部は去る3月5日(日)に東京都のお台場で開催された「TOYOTA ミニバン&SUV体感フェア2017 〜クルマのカスタマイズを楽しもう! 〜」にいってまいりました。場所はクルマのテーマパークとして知られる「MEGA WEB」で、普段はトヨタ車が展示されているスペースになんとドレスアップカーがズラリと並んでいる圧巻の光景。今回はその日の様子をリポートしちゃいますよー。

    G’sに乗りまくりっ!


    今回の「TOYOTA ミニバン&SUV体感フェア2017 〜クルマのカスタマイズを楽しもう! 〜」の目玉企画といえば、”体感”という名前がついている通り、実際にカスタマイズカーを体感できるってことなんですね。そのひとつが、トヨタのG’sに試乗できることです。G’sといえば、トヨタが誇るスポーツブランド。トヨタ車なのにトヨタのエンブレムまで取っ払ってしまうほど、やる気満々なカスタマイズカーなんですね。そんなクルマに乗れるというのだからこんなチャンスはめったにありません。実際に用意されたのはこちらに4台です。

    G’s AQUA/アクア




    ブレースとスポット溶接によって、ノーマルから大幅にボディ剛性をアップさせたアクア。さらにサスペンションで約25mmのローダウンを実現。17インチの大口径アルミホイールとの組み合わせでかなり走りに磨きがかかっています。見た目も大きなグリルが迫力満点!

    G’s PRIUS α/プリウスα

    


    空力に優れたエアロパーツを装着しているのがG’sプリウスαの特徴です。もちろんボディ剛性アップや約15mmのローダウンでキビキビとした走りをプラスしています。またエコカーなんていう概念を超えて、チューニングサウンドを奏でるマフラーが装着されています!

    G’s HARRIER/ハリアー




    フロントとリアにブレースを追加し、18点にも及ぶスポット溶接でボディ剛性を格段にアップさせています。そのキッチリとした走りは、ラグジュアリーSUVをさらなる高みへと押し上げてくれますね。また、大胆にも約35mmもローダウンしたスタイルがとってもクール!

    G’s VOXY/ヴォクシー




    スポーツ性能が与えられたミニバンがこのG’sのヴォクシー。攻撃的なフェイスデザインにしっかりと応えるように施されたチューニングは、ブレースによるボディ剛性アップと約60%ものスプリングレートの強化。さらに前20mm、後25mmのローダウンなど多岐に渡る。

    キッズ向けの体感コーナーも充実していました!

    この記事が気に入ったら
    いいね!

    スポンサードリンク

    関連注目記事

    お気に入りの車種

    サイト内検索

    人気車種から探す

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
    • プリウス
    • ハリアー
    • ハイエース/キャラバン
    • C-HR
    もっと見る

    mautic is open source marketing automation