【SUVカスタム始める前に】そのクルマ、アゲ or サゲどっちが似合う?

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

樹脂フェンダーの大きさが方向性を決めるのに役立つ!

そのクルマ、アゲorサゲどっちが似合う?

ROJAM_HARRIER_フロント

樹脂フェンダーがない車種はローダウンが◎
少し前まで、ミニバンはもちろんSUVも、カスタムといえばローダウンが当たり前。つまり、上げるか下げるか悩むことはなかったといっていい。しかし、最近はローダウン一辺倒ではなく、リフトアップとの天秤にかけられる。

では、どちらがいいのか。
クーペフォルムかそうでないか、というのもひとつの目安になると思う。ただ、ここでは、別のアプローチから考えてみたい。

ずばりフェンダーだ。

何をいってるのかわからないという方もいるかもしれないけれど、いろいろなクルマのフェンダーに注目してみて欲しい。アルファード&ヴェルファイア、オデッセイなどのミニバン、あるいはヤリスやノートといったコンパクトカー、さらにいえば86&BRZ、GT-Rをはじめとしたスポーツカーのフェンダーには、樹脂パネルがない。

そう、勘のいい人ならピンときたかもしれないけれど、この樹脂フェンダーこそが、ローダウンとリフトアップの分かれ道。つまり、アルファード&ヴェルファイア、ヤリス、86然り、これらのクルマは、ローダウンの方が似合うということになる。

この法則に当てはめてみると、SUVの中では80系ハリアーは唯一ローダウン系。実際、80系以前のハリアー、60系や30系はローダウン中心のカスタムが人気だったし、あながち間違いではないように思う。

リフトアップは樹脂部が大きい車種向け
では、樹脂フェンダーを採用している車種は、すべてリフトアップなのか、というとそうでもない。

ここでポイントになってくるのが、樹脂部分の面積だ。

わかりやすい例でいうと、RAV4が挙げられる。具体的には、アドベンチャーとそれ以外のグレードで、樹脂フェンダーの大きさが異なる。アドベンチャーの方が大きく、それ以外はコンパクトだ。

では、それがリフトアップか否かにどうつがなるかというと、ここで各メーカーのデモカーを思い出して欲しい。多くのメーカーがRAV4アドベンチャーに対してはリフトアップというアプローチを取っているのに対し、それ以外のグレードには、ローダウンという選択をしているのだ。

つまり、樹脂フェンダーの面積が大きいクルマ=リフトアップという図式が成り立つ。

なんやかんやいって上げるか下げるかは自由
とはいえ、樹脂フェンダーが比較的コンパクトな車種は、すべてローダウンで片付けられるかというと、それは早計だ。

昨今のSUVブームを早くから支えているCX-5の樹脂フェンダーを見てみると、フェンダーアーチに沿って比較的薄く設けられている。当然、ローダウン派も多く存在するが、サスペンションメーカーからはリフトアップパーツも設定されている。どちらもありというわけだ。

で、結論。ローダウンするかリフトアップするか迷ったら、樹脂フェンダーを見る。なければローダウン、ある場合は面積が大きければリフトアップ、アーチに沿って小さくあるならお好みに合わせて、という感じになるだろうか(サスペンションメーカーのラインアップは、アゲサゲの参考になる)。

とはいえ、車高を上げるか下げるかは、そのクルマをどういじりたいかによって自由。最近では、ミニバンでリフトアップを楽しんでいる人々も存在する。あくまでも迷ったときの目安ということで、参考にしてみていただければ幸いです。

1 / 5

「【SUVカスタム始める前に】そのクルマ、アゲ or サゲどっちが似合う?」の1枚めの画像
●50系RAV4 ハイブリッドG/アドベンチャーグレードとそれ以外で樹脂フェンダーの大きさが変わるRAV4は、アドベンチャー=リフトアップ、それ以外=ローダウンという図式が成り立つ。そのため、どっちにも振りやすい珍しい車種だ。

2 / 5

「【SUVカスタム始める前に】そのクルマ、アゲ or サゲどっちが似合う?」の2枚めの画像
●50系RAV4 Adventure/アドベンチャーグレードとそれ以外で樹脂フェンダーの大きさが変わるRAV4は、アドベンチャー=リフトアップ、それ以外=ローダウンという図式が成り立つ。そのため、どっちにも振りやすい珍しい車種だ。

3 / 5

「【SUVカスタム始める前に】そのクルマ、アゲ or サゲどっちが似合う?」の3枚めの画像
●80系ハリアー ハイブリッドZ/現行のSUVで唯一、樹脂フェンダーが装備されていない80ハリアー(本気の4X4車は除く)。スタイリッシュなクーペのようなフォルムも相まって、ローダウンしているユーザーの方が多い印象なのだ。

4 / 5

「【SUVカスタム始める前に】そのクルマ、アゲ or サゲどっちが似合う?」の4枚めの画像
●ヴェゼル e:HEV Z/新型ヴェゼル然り、現行のSUVは基本的に樹脂フェンダーが装備される。多くはフェンダーアーチに沿って、コンパクトに設けられているので、上げ下げどっちもイケそう。パーツの有無次第。

5 / 5

「【SUVカスタム始める前に】そのクルマ、アゲ or サゲどっちが似合う?」の5枚めの画像
●ランドクルーザープラド(150系)/ランドクルーザープラドやジムニーのような、本格的な4WD車の一部は樹脂フェンダーではない。ローダウンが主流かというとそうではなく、やはりリフトアップが人気。ヨンクはSUVとは一線を画すのだ。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

アクセスランキング

  1. その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
    2021年01月26日
    その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  2. その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  3. その1:リフトアップのメリットとデメリット、そして費用は?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
    2021年01月24日
    その1:リフトアップのメリットとデメリット、そして費用は?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  4. その1:リフトアップのメリットとデメリット、そして費用は?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  5. カッケー! これがフラッグシップだっ〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉N’s釣行ジムニーの最強モデル堂々の完成!!|JIMNY SIERRA N’s LIMITED FISHING MASTER IRON MAN|カスタム
    2020年10月02日
    カッケー! これがフラッグシップだっ〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉N’s釣行ジムニーの最強モデル堂々の完成!!|JIMNY SIERRA N’s LIMITED FISHING MASTER IRON MAN|カスタム
  6. カッケー! これがフラッグシップだっ〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉N’s釣行ジムニーの最強モデル堂々の完成!!|JIMNY SIERRA N’s LIMITED FISHING MASTER IRON MAN|カスタム
  7. 100均の洗車用品ってどうなの? スタワゴ編集部員が実際にチェックして評価します!
    2021年07月01日
    100均の洗車用品ってどうなの? スタワゴ編集部員が実際にチェックして評価します!
  8. 100均の洗車用品ってどうなの? スタワゴ編集部員が実際にチェックして評価します!
  9. カーゴ&デッキバン用は3インチのリフトアップ! 全高が2メートルを越えないのが大事です。|ハイゼット
    2019年06月24日
    カーゴ&デッキバン用は3インチのリフトアップ! 全高が2メートルを越えないのが大事です。|ハイゼット
  10. カーゴ&デッキバン用は3インチのリフトアップ! 全高が2メートルを越えないのが大事です。|ハイゼット
  1. 【知ってますか? ディーラーで買えるプレミアムな日産・セレナ】売れてるミニバンに際立つ個性と爽快な走りを|コンプリートカー カスタム
    【知ってますか? ディーラーで買えるプレミアムな日産・セレナ】売れてるミニバンに際立つ個性と爽快な走りを|コンプリートカー カスタム
  2. 【知ってますか? ディーラーで買えるプレミアムな日産・セレナ】売れてるミニバンに際立つ個性と爽快な走りを|コンプリートカー カスタム
もっと見る