ウレタン製が大注目! ベリーヴァリアントのCX-5用エアロ

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

心地良い刺激を与える、少数精鋭のウレタンスポイラー

ベリーヴァリアント CX-5 前後期対応


ベリーヴァリアントが推すCXー5プログラムは、過度なアレンジで純正の印象を崩すのではなく、厳選したアイテムでオリジナリティを追求する少数精鋭型だ。
スタイリングの要となるフロントは、張り出すべきは張り出す、鋭さを意識したシャープなデザインがキーポイント。リップラインを左右から中央に向かいアーチ風に立ち上げつつ、デモカーのように一部を塗り分けることで、エアロのキャラクターを効果的に引き立てるなど、淡泊な純正バンパーとの違いは明白といえる。最新のマツダ車といえば、言わずもがなのシグネチャーウイングのグリルをどう料理するかでも印象差は大きくなるが、ベリーヴァリアントではグリルの内側をそっくり変更する、潔いほどにシンプルなメッシュデザインを提案。メッキの純正シグネチャーがそのまま残るため、一見純正風に見えるものの、ルーバータイプの純正と、メッシュとの差は歴然。フェイスのインパクトは、グリルひとつでも大きく変わることは間違いない。ちなみにグリルはメインのメッシュ部と、ボンネット先端部のグリルフード部が商品となっており、フード部はFRPのほか、カーボンからも選ぶことができる。
エアロはそのグリルを除き、すべてウレタンで製造される。エアロの主流であるFRPと比べ、耐衝撃性に優れる柔軟性があるウレタンは、業界を代表する名ビルダー、ガレージベリーの得意とする素材のひとつ。品質がより安定しており、マッチング性も優れるなど、いいこと尽くしだ。

フロントリップ・タイプ2


リップラインを張り出し、フロントビューを研ぎ澄ます。出幅は前へ35㎜、下へ30㎜程度と、見た目の印象よりもセーブされており、実用性を犠牲にする心配もなし。デモカーは後期だが、もちろんCX-5前期にも装着できる。

リアアンダー


リアアンダースポイラーは中央のディフューザーだけでなく、両端部分まで広くバンパーをカバーする。マフラー出口の出幅を合わせるために、市販マフラーカッターなどもぜひ併用したい。

リアルーフスポイラー



既存のルーフリップは、ちょい足し系のさり気なさだが、こちらはより明確に自己主張する大型モデル。純正ウイング上から被せ、ルーフ長を延長する。

換装効果大のフロントグリルはオプションセンサーも流用可能

メッキ枠のシグネチャーウイングは残し、内部だけを取り換えるメッシュデザインとしたグリル。グリル上部パネルはFRPとカーボンがある。装着率の高い、純正オプションのパーキングセンサーをメッシュ部に移植できる実用設計(オプションセンサーがグリルにも装備されるのはCX-5のみ)。

ホイール

ホイールはどちらもワイド感の高いリムオーバー系。レオニスは差し色感覚で遊べるカラーキャップが充実し、ドルフレンはV字とヒネリの2種類のスポークを有す。ともに1P。

PRICE LIST

AERO PARTS

  • フロントリップスポイラー・タイプ2 ウレタン/3万円
  • フロントグリル FRP/3万5000円、カーボン/7万円
  • リアアンダー ウレタン/3万5000円
  • リアルーフスポイラー ウレタン/3万円

FOOT WORK

  • ホイール/トピー・ドルフレン ヴィージョ(20×8.5+45)
  • タイヤ/ニットー・NT555 エクストリームZR(245/40)

前後、ウイングには、意匠違いの別バージョンもラインアップ

FRPとカーボンから選べるフォグパネルは、前期専用





CX-5に限り、特撮した後期車が装着するエアロとは別バージョンもラインアップ中。フロントリップはヨンク的なスキッドプレート風のブロックデザインを用い、リアは中央底だけを加飾。ルーフは純正にちょい足しするだけのプチタイプを提案している。別項で紹介するフォグパネル以外、すべて前後期にマッチングできる。

PRICE LIST/CX-5

  • 【フロントリップスポイラー】2万4800円
  • 【リアディフューザー】1万9800円
  • 【リアルーフリップ】2万5000円〜

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

関連車種