コンケイブホイールの魅力……ヴェルズホイールズ「KCV02」が大注目!

スポンサードリンク


コンケイブホイールの魅力

VERZ-WHEELS/ヴェルズホイールズ


KuhLが展開するホイールブランド「VERZ-WHEELS(ヴェルズホイールズ)」。度肝を抜くデモカーやド派手なエアロデザインなどで人気を博すKuhLだけに、ホイールに対するこだわりもハンパない。ファーストモデルとなる「KCV01」とともにリリースされた「KCV02」は、細身のツインスポークデザインを基本としながら、センターがガッツリと落ち込むコンケイブ形状をいかんなく発揮しているのが特徴的だ。そこに込められた巧みなデザインワークとサイズ展開のこだわりを紐解いていく。

面を多様したデザインが立体感を生み出す

コンケイブデザインとは、スポークがセンターにかけて急激に落ち込む形状のことをいう。しかしそこはただ落ち込んでいればいいというわけではなくて、いかにして落ち込ませるかが重要なポイントとなる。VERZ-WHEELSの「KCV02」は細身のツインスポークというコンケイブ表現がむずかしいレイアウトを採用していながらにして、なぜにこれほどまで立体感をみせているのか? それはスポーク1本1本のラインにある。スポークの天面、サイド、サイドにつながるラインのすべてが面を意識した構成になっていることで、光によって陰影がしっかりと浮き出され、面がハッキリとするのだ。そして、スポークの中ほどから、センターに向けて落ち込む「コンケイブ」のスタートラインまでもクッキリと面で表現することで、実際の落ち込み深度よりも深く落ち込んでいる視覚効果を生み出している。それはまるで、鍛造削り出しのホイールのようなプレミアム性までも感じさせてくれる。また、用意されている4種類のカラーもコンケイブさを後押ししているであろう。ラインアップは下記に写真を掲載しているので確認してもらいたいが、どれも硬質さがあり光をしっかりと面で反射する色味によってデザインを強調させている。
サイズは20インチと21インチの2タイプ。リム幅やインセットなど豊富に選べるので、自分の理想とするコンケイブホイールをぜひゲットしてもらいたい。

■Kuhl Hybrid/40 PRIUSα 40R-SS

今回紹介するヴェルズホイールズの「KCV02」のほかに、メッシュデザインの「KCV01」ともに20インチと21インチの2タイプをラインアップする。2ピース構造なので車種に合わせたミリ単位のセッティングを実現している。

コンケイブの要といえるディスクの落ち込み具合を徹底的にこだわる。ディスクには「ミドルコンケイブ」と「ディープコンケイブ」の2タイプを用意しており、リム幅やインセットのサイズに応じてチョイスできる。サイズセッティングがこのホイールの醍醐味。

細身のツインスポークとなるデザイン。多面構成によって光を美しく反射するのが特徴的だ。またスポークの中ほどからクッキリと折れ曲がるようにセンターに落ち込んでいるラインによって、コンケイブさを存分にアピールできるのがうれしい。


■マットブラック


■クリスタルブラック


■クリスタルシルバー


■クリスタルグレー

バフアルマイトとなるリムにマッチングされるディスクカラーは全部で4タイプ。どれもカクカクしたスポークデザインと相まって、硬質さを感じさせるクールなカラーリングが特徴的だ。センターキャップはブラックとシルバーの2種類。

KVC01

■サイズ:20×8.0〜12.5/21×8.5〜12.5
■価格:8万9000円〜9万8000円(20インチ)、10万6000円〜12万2000円(21インチ)
■H-PCD:5-114.3

 

クールジャパン

電話 : 052-693-9893 URL : http://www.kuhl-racing.com

クールジャパンの一覧記事

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

スポンサードリンク

記事のパーツ

お気に入りの車種

サイト内検索

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る