【ネットで買える!】もうサビなんて怖くない! 電子のチカラを使った画期的パーツ|ドレナビおすすめカーパーツ特集

スポンサードリンク


To Fit・ツーフィット

電子サビ防止装置 ラストストッパー

クルマの塗装のクオリティがあがってはきているといっても鉄の塊である以上、悩まされるのはサビです。とくに海の近くや降雪地はサビの大敵がたくさん。さらにボディに傷があると、あっという間にサビてしまって取り返しがつかないことも……。サビはどこにできやすいか。ジャッキアップしたときの下まわりの塗装が剥げた部分、エンジンルームのボルトを脱着した部分、シャシーの継ぎ目がきしんで負担がかかって塗装にヒビが入っている部分など。しかも、これからの時期は梅雨や台風がやってきます。そうなるとやはりサビは未然に防ぐことが1番です。そこで画期的なアイテム「ラストストッパー」を紹介したいと思います。なんと電子のチカラによってボディをサビなくさせるというモノなんです。じつは欧米では50年以上前から使われている手法とのことで、その効果は期待十分。それでは詳しくチェックしてみましょう。

ボディ全体にパルスの膜を貼る!



ラストストッパーによるサビを防ぐ手法はいたって簡単です。ボディにペイントしたりコーティングしたりといった物理的な方法ではなく、なんとボディ全体を電気の膜で覆ってしまうというモノなんです。この方法は「電気防食法」といってコンビナートや地下パイプラインなどではあたりまえのように使われているんですね。これだけ聞くと大それたシステムのように思えますが、できるだけシンプルな作りにしてあるのでお手軽に装着できます。仕組みはバッテリーから供給した電気をラストストッパーを介してボディに電子を送るだけ。これで電気のパルスがボディ全体に拡がりサビの大敵である酸素を付着させないようにするんですね。酸素が付着しないということは、たとえボディに傷があったとしても酸化しないのでサビないというわけです。ツーフィットはこの技術理論にもとづいて、12ボルト用に製品を開発し、北海道から沖縄まですべての季節で長期間の実験を繰り返すことによって最適なアイテムを作りだしています。

ボディサイズに合わせたラインアップ


電子サビ防止装置 ラストストッパー
■軽自動車・リッターカー用:1万7000円
■レギュラータイプ:2万2000円
■24V車用:30,000円
■ヘビーデューティータイプ:2万7000円

ボディ全体に電気の膜をはるので、サイズによってアイテムがかわります。軽自動車やコンパクトカー用のほかに、普通乗用車向けのレギュラータイプ。トラックなど用の24Vタイプ。そして表面積の大きなクルマやオールドカー、潮風や融雪剤といった塩害地域向けのヘビーデューティーの全4タイプとなります。

ハードな実験で実証済み!


実際にどれほどの防錆効果があるのかを実証実験しています。同一の鉄板を用意して、右側の鉄板だけにラストストッパーを装着しています。そして3時間ごとに水を均等にスプレーしていきます。実験開始から48時間後にはこの差です。なにもしない鉄板はサビだらけになっているのに、ラストストッパーを装着した鉄板はサビがありません。これがクルマだったら効果は充分に期待できますよね! サビて腐ってしまったあとに板金・塗装をするよりも、サビる前に保護したほうが絶対にクルマにとっていいです。

装着は自分で簡単にできる!





装着はとても簡単です。本体から伸びている黒の配線をバッテリーのマイナスターミナルに接続して、赤の配線をプラスターミナルに接続します。これで電源供給は完了です。そして、クリアの配線をボディの金属部分につなげるだけでOKです。写真はヘッドライトとボディのフレームを留めているボルトの間に挟み込んでいますね。このように、ボディの金属部分に触れられる場所であれば大丈夫です。本体自体は防水仕様なので、ボンネットの中などの熱のかかりにくく邪魔にならない場所に設置しましょう。

通販で購入可能

画期的なサビ対策アイテムはいかがでしたでしょうか? 電子のチカラという目に見えない方法がなんともカッコいいですよね。すでにサビがあるクルマでも侵食を防ぐ効果があるので、ぜひ使ってみてください。購入は専用ウェブサイトから通販で買えるのでアクセスしてみてください。

スポンサードリンク

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る