実車でチェック!その2 トヨタ・ノア&ヴォクシー&エスクァイアがマイナーチェンジ 走り!  見た目!  機能性! 徹・底・検・証

  • 公開日時 :

ドレナビTOPへ
ノア ヴォクシー エスクァイア ←各車に対応するパーツ一覧へのリンク

走り! 見た目! 機能性! 徹・底・検・証 2

マイナーチェンジでどう変わった? ノア&ヴォク&エスクァイアの見どころCHECK

今回のマイチェンで、具体的にどんなところが変わったのか!? 見所となるポイントを3車それぞれ確認。ノア&ヴォクに関しては、ドレスアップベースとして人気の高い、エアログレードで解説します!

NOAH

撮影車輌●ノア・ハイブリッド Si(エアログレード)


 マイチェンの驚きのひとつが、ノアの雰囲気が大きく変わったことだ。それまではファミリー的なイメージが強かったものの、ヘッドライトが上下2段風になり、グリルルーバーを太くし面積を拡大するなどにより、見た目の印象はヴォクシーに迫るほど貫禄ある顔付きに。比較すれば判る通り、じつはバンパーそのものの雰囲気は極端に変わっていないのだが、フェイス全体を塊で見ると、ご覧の通り迫力は顕著。ヴォクシーに販売台数で引き離されていた前期を踏まえ、それ寄りに路線変更してきたのでは!? との噂も聞かれるなど、アグレッシブさを一段と強調した変更となっている。

ノア、お前もか! といわんばかりの2段レンズ。光源となるLEDは、1灯でハイローを切り替える最新式に。

EXTERIOR
MC後

MC前

バンパー自体のデザインは前期を踏襲している感が強いものの、ヘッドライトやグリルを刷新し、雰囲気を大きく変更。

MC後

MC前

編集部が調べた限りではボディサイドとリアバンパーは、前期と同じ。テールレンズとメッキガーニッシュが変わった。

INTERIOR

内装は、一部加飾が変わり、実用装備が追加されたほかは大きな変更はなく、ほぼ前期継続。撮影車ではないが、標準Gグレードでは、ブラウン基調の上質系ツートーンが選べる。ドレスアップ的な見所は、一部を除きピラー&天井が黒化されたこと!

VOXY

撮影車輌●ヴォクシー・ZS(エアログレード)


 ノアSi同様、先代からさらに+5㎜のワイドとなったZSは、その大胆不敵なバンパーデザインに賛否が巻き起こっている、野心的フォルムが最大の見所だ。LEDヘッドライトと連動する左右の黒パネルは、ひと目で新型と判る大きな特徴で、ヴォクシーがヴェルファイア化したとの声も聞かれるほど。ヘッドライト上段部のポジションが面発光式と、ドレスアップ好きの気持ちをくすぐる変更も行うなど、よりシャープな印象となった。エアログレード専用アルミも刷新されたが、注目はハイブリッドZS(同Si)。特権として、BBS製の鍛造16インチが引き続き採用されている。

ライトを分断するガーニッシュを鋭利とし、ライト自体の専有面積を引き下げることで、印象をよりシャープに。

EXTERIOR
MC後

MC前

大胆不敵な左右フォグパネルのインパクトのほか、ヘッドライトやグリルのガーニッシュも見直し、雰囲気を刷新した。

MC後

MC前

リアバンパーは継続。変更点はノアと同じ。LEDテールを変更したほか、ガラス直下のメッキガーニッシュが微妙に違う。

INTERIOR

変更点はノアと共通。ヴォクシーだけの特権が、先代でも好評を博した、ハイインパクトなツートーンカラーが継続されていること。先代オレンジ×ブラックに対し、新型はブラッドオレンジ×ブラック(写真)と、赤みの強いより妖艶な仕様となった。

ESQUIRE

撮影車輌●エスクァイア・ハイブリッド Gi “プレミアムパッケージ”


 3兄弟中、もっとも高級路線となるエスクァイアは、メッキを多用するなど、セダン的な雰囲気を持った1台だ。新型ではアイデンティティと呼べる豪華絢爛なグリルの段数を減らし横幅を広げるなど、よりワイドに変更。その縦基調のメッキバーも、中央が太く左右へ向かうに従い細くするなど、入念に作り込んでいる。ヘッドライトからの連動性を意識した左右のメッキガーニッシュも特徴だが、バンパー自体の雰囲気やヘッドライトが、ノアの標準グレードに倣っているのは先代と同じようだ。インテリアのパネルカラーも専用。両側パワースライドなど、機能面の優位性も見過ごせない。

刷新のLEDヘッドライトは、ノアと同じのようだが、エスクァイアは上級車のみ、コーナリングランプが付く。

EXTERIOR

MC後

MC前

キープコンセプトとはいえ、比べれば違いは明白。グリルがシンプル&ワイドになったほか、メッキ感が一段とアップ。

MC後

MC前

テールレンズが縦基調のファイバー風となり、メッキガーニッシュが独自性の強いL字型に。バンパー自体は変更なし。

INTERIOR


パッと見の雰囲気は変わらないものの、エスクァイアだけの専用装備として、防眩ルームミラー(一部自動)を全車標準としたほか、一部にステアリングヒーターを搭載。ノア&ヴォクにはない、本革やブランノーブと呼ぶヌバック調生地のシートが選べる。

スタイルワゴン編集部2017年9月号より)

記事情報

  • 公開日時 :

アクセスランキング

  1. その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
    2021年01月26日
    その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  2. その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  3. 100均の洗車用品ってどうなの? スタワゴ編集部員が実際にチェックして評価します!
    2021年07月01日
    100均の洗車用品ってどうなの? スタワゴ編集部員が実際にチェックして評価します!
  4. 100均の洗車用品ってどうなの? スタワゴ編集部員が実際にチェックして評価します!
  5. その1:リフトアップのメリットとデメリット、そして費用は?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
    2021年01月24日
    その1:リフトアップのメリットとデメリット、そして費用は?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  6. その1:リフトアップのメリットとデメリット、そして費用は?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  7. オフロードタイヤを履きこなせ! 知ってて得するタイヤ基礎知識
    2017年12月26日
    オフロードタイヤを履きこなせ! 知ってて得するタイヤ基礎知識
  8. オフロードタイヤを履きこなせ! 知ってて得するタイヤ基礎知識
  9. 安心の車検対応ってどんな規格? ハイエースのタイヤ選びガイド|200系ハイエース カスタム
    2020年01月02日
    安心の車検対応ってどんな規格? ハイエースのタイヤ選びガイド|200系ハイエース カスタム
  10. 安心の車検対応ってどんな規格? ハイエースのタイヤ選びガイド|200系ハイエース カスタム
  1. 【知ってますか? ディーラーで買えるプレミアムな日産・セレナ】売れてるミニバンに際立つ個性と爽快な走りを|コンプリートカー カスタム
    【知ってますか? ディーラーで買えるプレミアムな日産・セレナ】売れてるミニバンに際立つ個性と爽快な走りを|コンプリートカー カスタム
  2. 【知ってますか? ディーラーで買えるプレミアムな日産・セレナ】売れてるミニバンに際立つ個性と爽快な走りを|コンプリートカー カスタム
もっと見る