ザラザラがツルツル・ツヤツヤに! グラージオシーオーのSHIBOTORI PLANにウナります | C-HR激推し宣言!!

スポンサードリンク

ドレナビLINEアカウントをフォロー
ドレナビLINEアカウント

ドレナビTOPへ
C-HR記事一覧へ


ドレナビTOPへ
トヨタ・C-HR記事一覧へ

純正フォルムをさり気なく底上げ +αのサポートパーツ&テクにも注目

Grazio&Co. SPORT DESIGN 【グラージオシーオー・スポーツデザイン】

 ### C‐HRを純正然としたカタチでフォルムアップしたい人はコレ!
 比較的大物となるエアロはフロント、サイド、リアの3点。存在感を主張するデザインが多いC‐HR用の社外エアロと違い、あくまでもシンプルにちょっとした違いを味わえる仕上がりになっている。いまどきのディーラー系エアロでも結構派手めな印象なので、こういったパーツを待っていた人も多いはず。


 さらに今回撮影したデモカーに装着されている、艶出しブラックパーツへの交換、純正シボデザイン部分を艶のあるグロスブラックへの変更といったパーツ&テクニックも必見。純正でこんな特別仕様車や上級グレードがあってもおかしくない、そんなシンプルなスタイルアップを実現できるプランを提案中なのだ。

純正バンパーの底面でさり気なく主張するフロント。中央を立ち上げるようなアーチ状のラインが特徴的だ。

翼端板風デザインをプラスしたサイド。前15㎜、後ろ20㎜と装着後のサイズ変更も最小限におさえられている。

リアバンパーの形状を活かしながら躍動感を高める開口部をプラスしたフラップ形状のリアグランドエフェクター。

足元にはラグジーヘインズLH-026Mの20インチを装着。上級感のあるラフメッシュデザインに切削リムのコンビネーションがシンプルなフォルムにベストマッチ。

ラッピング仕上げでイメチェン可

デモカーのようにルーフやピラー、リアウイング部などをブラック、またはカーボン調でラッピングできるメニューも展開中。価格は7万円〜。また今回紹介した以外にも、オリジナルカーボンルックパーツやエンブレム、インテリアパーツ、LEDパーツなどC-HRを1台丸ごとプロデュースできるメニューも用意。ぜひホームページでチェックしてみよう。

ツヤありブラックの純正交換パーツ

純正の少し安っぽい印象のツヤのない黒色パーツや、ボディ同色部分のパーツをツヤのあるグロスブラックカラーのモノに交換することで、クルマ全体のイメージをワンランクグレードアップできる。純正と同じデザインなのでさり気ない変わった感を演出可能。シンプル派必見のアイテム群。


カラードバンパーサイドパネル/フロント:2万2000円


カラードバンパーサイドパネル/リア:2万4000円


ブラックマイカ・ドアミラーカバー/4600円


カラードAピラーパネル/1万2000円


ブラックマイカ・リアゲートスポイラー/7400円

SHIBOTORI PLAN

ザラザラの純正樹脂部分をグロスブラックに変更

純正シボ部分をツヤのあるグロスブラックに変更するという提案。右で紹介したものは純正交換型のパーツだが、こちらは純正部品加工。グラージオの横浜ショールーム来店時のみのメニューとなっている。
※価格は完成品の場合


フロントグリル・MID /1万2000円


フロントグリル・LOW /3万8000円


ドアパネル/7万8000円
サイドステップ/5万7000円



フェンダーアーチモール(前後セット)/5万2000円


リアバンパーカバー+牽引フックカバー/4万6000円

SPACIFICATIONS

■フロントスポイラー 3万4000円(4万8000円)
■サイドステップ 4万4000円(6万8000円)
■リアグラウンドエフェクター 3万9000円(5万5000円)
★上記3点セット 11万4000円(16万8000円)
■カラードナンバーベース フロント:9000円/リア:1万円〜
■ドアハンドルユニット コンビ:2万8000円/クローム:2万2000円〜
■エンブレム/シンクロ3 5点セット:3万2000円
■エンブレムベース/ソリッド1800円
■ホイール/トレジャーワンカンパニー・ラグジーヘインズLH-026M(20×8.0+F43、R38)
■タイヤ/ブリヂストン・ポテンザRE003(245/35)
*( )内は塗装済み価格

スタイルワゴン編集部2017年9月号より)

(スタイルワゴンより)

スポンサードリンク

期間工.jp|大手メーカーの期間工・期間従業員の求人情報サイト

記事の車種

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

もっと見る