カットラインはどこですか? ハーフタイプエアロの概念の斜め上をいく柱立ちデザイン ゼロスタイルLX570エアロ

スポンサードリンク

ドレナビTOPへ
LX記事一覧へ


貫禄と風格のボディワークで揺るぎない自信を手に入れる

ZERO DESIGN ゼロデザイン

メイン画像
フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニと、世界有数の高級車の車輌販売、買い取りを行っているアズールモータリングのハウスブランド、ゼロデザイン。手掛けるべくして手掛けたLX 用のオリジナルエアロは、LXを一段とアグレッシブに、そしてスポーティにイメージチェンジするハイインパクト系のデザインだ。

フロントスポイラーは種別こそハーフエアロだが、スピンドルラインに沿ってフォグ横にまでエアロを立ち上げるなど、バンパーエアロに匹敵するほどの効果を追求。ボリューミーなオバフェンも前後エアロとの連動性を意識してデザインと、仕上がりはまさに威風堂々。風格は充分だ。

そんなボディを一段と引き立てる足元も必見で、装着ホイールはオリジナルの鍛造でコーディネイト。3ピースの特性を活かした、別注カラーオーダーにも柔軟に対応できるハイエンドモデルだ。確実なストッピングパワーを発揮し、ビジュアルアピールも高いチューニングブレーキとの相性も抜群と、見た目と機能性にとことんこだわれる!

メイン画像2

サブ画像1

LX570 HALF TYPE

サブ画像2

サブ画像3

サブ画像4

サブ画像5

サブ画像6

ハーフエアロの概念に縛られることなく、左右をピラー状に立ち上げ、LEDスポットやダクトを注入と、LXらしさは残しつつも、しっかりと個性的にフィニッシュ。アグレッシブなテイストは、片側35㎜ワイドのフェンダーやリアスポイラーも同様。オリジナルマフラーは、標準タイプのほか、リモコンを使って音量を調整できる“可変タイプ”から選ぶことが可能だ。サブパーツにも妥協はせず、被せ型のルーフスポイラーは抑揚を持たせ、ゲートスポイラーは2本のステーを採り入れるなど、装着感にもこだわっている。ちなみにデモカーが装着するブレーキは、フロント/8ポット&430㎜、リア/6ポット&400㎜。制動力強化も万全だ。

PRICE LIST
BODY PARTS
■フロントハーフスポイラー 12万円
■リアハーフスポイラー 10万円
▲上記2点セット 21万5000円
■ルーフスポイラー 6万5000円
▲上記3点セット 27万5000円
■ゲートスポイラー 6万円
▲上記4点セット 32万5000円
■オーバーフェンダー 16万円
▲上記5点セット 47万5000円
TECHNICAL PARTS
■専用マフラー 23万円〜33万円
■ CSDブレーキシステム 72万2200円
WHEEL&TIRE
■アズールモータリング・スカイフォージドS202(24×10.0J) 56万円〜
■ヨコハマ・パラダ spec-X(305/35)

*フロントハーフスポイラーは5連LED 付き
*ブレーキの価格は8ポット/430㎜ローターの場合

(スタイルRVより)

ゼロデザインの一覧記事

ゼロデザイン

電話 : 0562-95-0678 URL : http://zero-design.jp

スポンサードリンク

期間工.jp|大手メーカーの期間工・期間従業員の求人情報サイト

記事の車種

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る