“釣り専用”マシンとしてのカスタムが存分に施されたエヌズ・ステージのコンプリートハスラーが欲しい!

スポンサードリンク


待望の釣り仕様誕生 FISHING MASTER HUSTLER N’s Limited

アゲラー、サゲラー。どっちのスタイルで攻めてもキマる、マルチなキャラを持つハスラー。そんな中、このクルマが持つ「道具」としての可能性に一歩踏み込んだのがエヌズステージ。必要から生まれた数々のアイデアは必見!

ダートやクロカンなど、ヘビーデューティーユースを難なくこなすスズキのKカーといえば、ご存知ジムニー。これまでも4駆ファンのみならず、アウトドア好きなユーザーからの高い人気を得て来たが、唯一にして最大のウィークポイントがあった。

それは、2ドアボディゆえのユーティリティの低さ。「ジムニーにもうチョイ、リアシート居住性や荷室の余裕があれば」と思った人も多いのではないだろうか?

そんなニーズに応えるべく、ハスラーに4ドア版ジムニーとしての真価を見出し、魅力溢れるレジャーギアに仕立てたのがエヌズステージだ。

開発テーマは「アングラー(釣り師)バージョン」。見た目のファッション性だけに留まることなく実際に“相棒”として使える機能性を追求すべく、車両製作にあたってはフィッシングツールのトップブランドとして知られるソウルズの佐藤偉知郎代表直々に監修をオファー。

ロッドの収納スペースや濡れたまま座れる防水シートカバー、人里離れた明かりの無い場所での作業時に役立つLEDライトなど、釣りファン拍手モノの装備を満載。お披露目の場となった1月の東京オートサロンでは大反響を呼ぶことに。

この熱い期待に応えるべくプロトモデルのコンセプトを受け継ぎつつ各部をブラッシュアップさせたのが写真右の市販モデル、フィッシングマスター。クルマ作りのプロと、釣りのプロとのコラボレーションがもたらす完成度の高さは、バツグンだ。

市販モデル


軽規格対応のボディサイズや一部装備の見直しなどを行い、エヌズリミテッド・フィッシングマスターの名で2月25日より発売が開始された市販モデル。全国を網羅するエヌズステージのネットワークショップで購入可能だ。

プロトタイプ


オーバーフェンダーや油圧可動式のキャビン後部など、自由な発想が盛り込まれたプロトタイプ。とはいえ、それらは決してフィクションに寄り過ぎたモノではなく、工夫次第で自分の愛車にも活かせそうなものばかり!

スポンサードリンク

期間工.jp|大手メーカーの期間工・期間従業員の求人情報サイト

記事の車種

記事のパーツ

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る