ハリアーとともに歩んできたROJAMの後期エアロは速攻にして完熟の2タイプ | ハリアー【後期】狙い撃ちパーツ速報!

    スポンサードリンク


    ヒットメーカー“ロジャム”が後期型を狙い撃つ!!

    ROJAM

    メイン画像

     ブランドデビュー作が先代30系であるなど、ハリアーへの思い入れが人一倍強いロジャムにとって、今夏デビューした後期型は手掛けるべくして手掛けた1台といえる。60系では前期用としてバンパータイプの「ジェニック」と、ハーフの「アイアールティ」2タイプの、合計3種類開発しているが、後期用はジェニックバンパーと、ハーフの合計2タイプをほぼ同時に発表。ハリアー界にロジャムあり! と、力強く存在を誇示した格好だ。

    まず、バンパーエアロのジェニックは、前期用で大評判となっているスピンドルグリル一体式モデルで、バンパーだからできる造形力の高さがポイント。階層風に処理したリップや、フォグ&LEDボックス周辺の凹凸感に富んだデザインが特徴で、リアバンパーでもそのチューンドスタイルを継承と、独自に4Dデザインと呼ぶアグレッシブなスタイルとなっている。

    一方のハーフは、前期用でとくに評価が高いVer・1のデザインを踏襲しつつ、左右にLEDスポットライトを盛り込んだ後期専用の、アップグレードモデルをフロントに用意。後期用開発にあわせ、前期にも対応するリアハーフの第3弾を開発したほか、これまで左右分割式しかなかったサイドに、一般的なステップタイプのエアロを開発と、既存エアロに捕らわれることなく、チャレンジングな提案を行っている。

    メイン画像2

    IRT GENIK 3Dを超越する4Dディテールで魅せる

    サブ画像1

    換装効果の高いフロントは、人気のスピンドルグリル一体式。プリクラッシュ付きなど、純正装備にあわせて選べる。

    サブ画像2

    純正サイドステップに被せ、見た目の躍動感を一気に高めるガーニッシュは、前期でも評価の高かったパーツ。前後分割の2ピース構成だ。

    サブ画像3

    アグレッシブさ極まるリアバンパーは、前期用との共用モデル。マフラーやリフレクターの配置、LEDの投入法など、技が冴える!

    サブ画像4

    リムを突き破る抜群のワイド感と、センターへ急激に落ち込む高低差が自慢のアビーは、ロジャムホイールの最新モデルだ。

    サブ画像5

    ジェニックバンパーとの併用を前提とした、真円90φの4本出しはカッタータイプ。チタンブルーのほかに、カーボンや鏡面仕様が選べる。

    PRICE IRTジェニック(バンパータイプ)
    フロントバンパースポイラー LED付き 17万5000円
              LED無し 15万8000円
    リアバンパースポイラー LED付き 16万円
               LED無し 14万円
    IRTサイドガーニッシュ 5万5000円
    IRTジェニック専用マフラーカッター 5万8000円〜
    ホイール●ロジャム・アビー(24×9J)
    タイヤサイズ●275/25R24

    OTHER PARTS

    エアロミラーエクステンション

    ●2万2000円〜
    シルバーのエクステンションは、貼り付けるだけで手軽にイメチェンできるためDIYにも最適。前後期共用パーツ
    装着前
    装着前

    装着後
    装着後

    リアクォーターガーニッシュ

    ●2万9000円
    リアクォーターガーニッシュ●2万9000円
    レクサスRX風にアレンジできるDピラー専用ガーニッシュは、ABS製。カーボン仕様はデモカー用のワンオフ

    テールエクステンション

    ●3万5000円
    テールエクステンション●3万5000円
    純正レンズへのアクセントとなる被せ型のガーニッシュは前期専用。後期はレンズ形状が異なるため、装着NG。

    ドアハンドルプロテクター

    ●1500円(予価)
    ドアハンドルプロテクター●1500円(予価)
    傷防止に役立つほか、さり気ないドレスアップにも有効なステッカーは、オリジナルのダズル迷彩柄。2枚セット。

    IRT 純正然の中に個性をさり気なくプラス

    メイン画像3

    サブ画像7

    既存の前期用ハーフVer.1のデザインを踏襲しつつ、各部をブラッシュアップさせた後期専用。LEDあり、なしを設定予定。
    サブ画像8

    新開発のサイドステップは、ジェニックブランドの新商品だ。前後バンパーとのボディラインを整える、丁度いい大きさで設計した。
    サブ画像9

    前期にも装着できるリアリップスポイラーに、通算3発目となる最新作が登場。設定の詳細は現在未定だが、LEDの有無を選べる仕様になる。
    サブ画像10

    PRICE IRT(ハーフタイプ)
    フロントリップスポイラー(LED 付き、無し) 価格近日発表
    IRTジェニック サイドステップ 価格近日発表
    リアリップスポイラーver.3(LED 付き、無し) 価格近日発表
    フロントグリル 価格近日発表
    左右4本出しマフラー 価格近日発表
    ホイール●ロジャム・スレイヴ(22×9J)
    タイヤサイズ●265/30R22

    フロントセンサー類対応グリル

    フロントセンサー類対応グリル
    後期専用として開発したフロントグリルは、後期から全グレードで標準装備となった、先進の安全装備「トヨタセーフティセンスP」対応モデルだ。グリル中央のエンブレム内にあるミリ波レーダーや、その下にある小型カメラを完全移植できる。純正との違いも明白な、純正交換型のルーバーモデル。

    純正マフラー対応エアロ

    純正マフラー対応エアロ
    新作のリアハーフVer.3は、オリジナルの4本出しマフラーはもちろんのこと、純正マフラーにもマッチングできる。後期では、新設定のターボ車だけに純正でマフラーカッターが装備されるが、ご覧の通り、違和感なくまとまる。もちろんターボ以外の下向き純正マフラー車にも装着可能。

    スポンサードリンク

    期間工.jp|大手メーカーの期間工・期間従業員の求人情報サイト

    サイト内検索

    お気に入りの車種

    人気車種から探す

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
    • プリウス
    • ハリアー
    • ハイエース/キャラバン
    • C-HR
    もっと見る