プレミアムとオリジナル、選べる2つのシリーズの違いは? レアル・ステアリング60ハリアー用でチェック

スポンサードリンク

ドレナビLINEアカウントをフォロー
ドレナビLINEアカウント

ドレナビTOPへ
ハリアー(60系)記事一覧へ


ハイクオリティな仕上がりで交換した感を存分に味わえる

レアル 純正交換型ステアリング

メイン画像

ドライブ中も体感したいその高級感

純正交換式ステアリング専門ブランドとして2009年に創立された“レアル”。専門ブランドだからこそのこだわりで上質なステアリングを数多くリリース。60ハリアーに向けては“プレミアム”“オリジナル”の2シリーズを設定。どちらも水平外径を純正比7mm小径化し、ステアリング下部を少しだけフラットにデザインするソフトDシェイプ、ガングリップを採用するなど、取り回し易さを重視する設計となっている。

手に馴染む柔らかさと不用意なスベリを防ぐ手触りが特徴の高級牛革を採用する“オリジナル”。リアルカーボンに35層クリア塗装を施すブラックカーボン、8層クリア塗装のピアノブラック&パールレッド、天然本木目8層クリア塗装のブラックウッド&ブラウンウッドを設定。一方、オリジナルよりもさらにしっとり柔らかで、欧州高級車に使われることが多いウォルスドルフ社製「ナッパレザー」を採用する“プレミアム” は、ブラックカーボン、ピアノブラックの他、前期純正内装近似色の天然本木目カラーを2タイプ設定している。

平行カットデザインやステッチの違いはあるが、触り心地を追求するならプレミアム。だがオリジナルも十二分に満足できる域に達している。

■オリジナルシリーズ

 ブラックカーボン 5万1000円
 ブラックウッド、ブラウンウッド 3万8000円
 ピアノブラック、パールレッド 3万8000円

■プレミアムシリーズ

 ブラックカーボン 5万8000円
 60ブラックウッド、60ブラウンウッド 4万8000円
 ピアノブラック 4万8000円
■対応:前期/後期

ステアリング専門ブランドの“コダワリ”が注ぎ込まれる

サブ画像1

しっかりとグリップできるガングリップ形状を採用。スポーティな見た目はもちろん、高級本革の握り心地を含め、高い操作性も見逃せないポイントだ。

サブ画像2

見た目の印象を決定づけるカラー部分。写真のカーボンは本カーボン+35層クリア塗装で、転写プリント系では味わえないリアルな本物感を作り出している。

サブ画像3

純正ステアリングに比べると約7mmの小径化。わずかな差だがステアリングの操作しやすさは確実に向上。また最下部はフラットにカットされたソフトDシェイプデザインを採用している。

サブ画像4

「プレミアムシリーズ」は見た目の高級感をさらに底上げする平行カットデザインを採用している。「オリジナルシリーズ」はここがステアリングスポークに対して水平で正面から見ると斜めになっている。

「パールレッド」でアピールを狙う!

サブ画像5

サブ画像6

サブ画像7

オリジナルシリーズに設定されているパールレッドモデル。定番のピアノブラックやウッド系、カーボンよりもその鮮やかな発色と質感でアピール度が非常に高い。さらに後期ターボ純正インテリアの各部に使われているレッドステッチとも相性◎。こちらを狙うのも一手!

ピアノブラック

ピアノブラック

60ブラウンウッド

60ブラウンウッド

写真は前期ハリアーにレアルステアリングを装着したもの。ピアノブラックも60ブラウンウッドも、純正インテリアに使われているカラーと自然に馴染み、全体の統一感を高めている。

選べる2つのシリーズの違いは?

上位グレードの「プレミアムシリーズ」は本革部分にさらに高級素材のナッパレザーを採用。少し値段が安くなる「オリジナルシリーズ」もナッパレザーではないが厳選された高級本革が使われる。また「プレミアム」には前期純正ウッドパネルと近似色を設定。さらにガングリップ下部のデザインが平行カットになっている。

(スタイルRVより)

スポンサードリンク

記事の車種

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

もっと見る