【トヨタ・ノア&ヴォクシー&エスクァイア】最新エアロ知識攻略ガイド

  • 公開日時 :

選ぶ前に、読む・知る・覚える

まず知るべき、エアロのこと!

エアロパーツビギナーに贈る必見の基本ポイントを、まずはおさらい。

エアロはドレスアップのカナメ。絶対欲しいボディキットだ!

メイン画像
エアロは純正の雰囲気を大きく変える、もっとも効果の高いパーツであり、ドレスアップの基本中の基本。場所ごとに選び分けできるエアロは、メーカーごとに形状やサイズが異なり、そこに追加するオプションや塗装の仕方でも印象は変化。ベースとなる底まわりの3点(フロント、サイド、リア)以外にも、関連のサブパーツも多数。欲しいモノを自由に組み合わせて、思いっきり楽しもう!

POINT1

まずは、グレード確認を!

エアロは車種やグレードにあわせた専用パーツ。80系にはヴォクシー&ノアともに、【標準グレード】と【エアログレード】があり、エアロの基本となるフロント、サイド、リアスポイラーのベース3点は、グレードの違いと密に関わっており、グレードが違えば、同じ対象車であっても装着できない。欲しいパーツが、愛車のグレードとマッチするのか? を必ず確認。エスクァイアは標準グレードしかないので、2車ほど神経質になる必要はないが、ヴォクシー&ノアに比べ、パーツの選択肢が現状かなり少ない。

VOXY

標準グレード

V、X、HYBRID V、HYBRID X
VOXY標準グレード画像

エアログレード

ZS、HYBRID ZS
VOXYエアログレード画像

NOAH

標準グレード

G、X、HYBRID G、HYBRID X
NOAH標準グレード画像

エアログレード

Si、HYBRID Si
NOAHエアログレード画像

ESQUIRE

標準グレード

Gi、Xi、HYBRID Gi、HYBRID Xi
ESQUIRE標準グレード画像

POINT2 次に、加飾場所の確認を!

FRONT SPOILER

スタイリングの要となる部分がフロント。エアロの構造やブランドにより加飾範囲は異なるものの、構造別に3種類から選べる(別項)。フロントスポイラーだけに限定したブランドもあり。
FRONT SPOILER画像

SIDE STEP

前後のボディラインを整えるサイドステップは、純正ドアパネル併用や、前後の一部だけ交換して装着するブランドなど、いろいろ。底付けか、開閉にあわせてエアロも動くドア付けかの違いもあり。
SIDE STEP画像

REAR SPOILER

リフレクターがある関係で、大半のブランドがハーフタイプを提案。ディフューザー系と呼ばれる、立体系デザインが多く、中央にローマウントレンズを挿入できるブランドなど、個性派が揃う。
REAR SPOILER画像

POINT3 さらに、構造差に注目を!

BUMPER SPOILER

純正バンパーと取り換える全交換型。ブランドのオリジナルデザインをもっとも強く主張できるが、選択肢は少ない。グリルはバンパーと一体、フォグは純正品を流用するケースが多い。
BUMPER SPOILER画像

HALF SPOILER

ハーフは純正先に追加する被せ型のため、バンパーの取り外しは不要(純正パーツの処分に困らない)。ダクト付きやLED付きなど、個性派も。ハーフも立体感の強いデザインが多い。
HALF SPOILER画像

LIP SPOILER

純正バンパーの「底」に追加。メーカーにより見解が異なり、リップをハーフ、ハーフをリップと呼ぶ場合もあるので要注意。純正のモノ足りなさを解消し、視覚的なローダウン効果も得られる。
LIP SPOILER画像

エアログレードはフェンダーがワイド

エアロは3兄弟である程度、互換性があるようだ。ヴォクシー&ノア間では、サイドとリアは、標準グレードとエアログレードの差はあるが基本同じ。フロントは顔付きが異なるため、それぞれ専用。標準とエアログレードではフェンダーの拡幅量が違うため、バンパーエアロでも互換性がない。エスクァイアは、サイド&リアのみ、ヴォクシー&ノアの標準グレードと同じとの噂。
エアログレードはフェンダーがワイド画像

購入時にかかるコストは?!

エアロ装着までには、パーツ代のほかにも必要なコストがある。見解はメーカーや地区、店で異なるものの、送料や(はずしたうえで廃棄する場合の)純正パーツ処分代はユーザー負担が基本だ。とくに送料は見過ごしがち。しっかり確認を!

塗装済みエアロとは?!

エアロはボディ色などにあわせた塗装が必須。一部メーカーにある【塗装済み】とは、予め塗装を済ませた状態を指し、手間が省ける。ベースエアロなどの大型系は難しいが、アイラインなどの小物であれば自宅に届けてもらい、即DIYすることも。

ハイブリッドとは?!

ハイブリッドグレードは基本ガソリン車とボディ形状が同じとされ、ガソリン車の対応グレードであれば装着可能という意見が多いが、確認が取れていないメーカーも現実多く、装着可否は判断が分かれる。事前にしっかりと確認しておきたい。

(スタイルRVより)

記事情報

  • 公開日時 :

アクセスランキング

  1. その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
    2021年01月26日
    その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  2. その3:車検に通るのは40ミリアップまでってホント?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  3. その1:リフトアップのメリットとデメリット、そして費用は?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
    2021年01月24日
    その1:リフトアップのメリットとデメリット、そして費用は?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  4. その1:リフトアップのメリットとデメリット、そして費用は?|プロが回答!【アゲ系の掟】リフトアップ講座|スズキ・エブリイ|カスタム
  5. 100均の洗車用品ってどうなの? スタワゴ編集部員が実際にチェックして評価します!
    2021年07月01日
    100均の洗車用品ってどうなの? スタワゴ編集部員が実際にチェックして評価します!
  6. 100均の洗車用品ってどうなの? スタワゴ編集部員が実際にチェックして評価します!
  7. カッケー! これがフラッグシップだっ〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉N’s釣行ジムニーの最強モデル堂々の完成!!|JIMNY SIERRA N’s LIMITED FISHING MASTER IRON MAN|カスタム
    2020年10月02日
    カッケー! これがフラッグシップだっ〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉N’s釣行ジムニーの最強モデル堂々の完成!!|JIMNY SIERRA N’s LIMITED FISHING MASTER IRON MAN|カスタム
  8. カッケー! これがフラッグシップだっ〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉N’s釣行ジムニーの最強モデル堂々の完成!!|JIMNY SIERRA N’s LIMITED FISHING MASTER IRON MAN|カスタム
  9. カーゴ&デッキバン用は3インチのリフトアップ! 全高が2メートルを越えないのが大事です。|ハイゼット
    2019年06月24日
    カーゴ&デッキバン用は3インチのリフトアップ! 全高が2メートルを越えないのが大事です。|ハイゼット
  10. カーゴ&デッキバン用は3インチのリフトアップ! 全高が2メートルを越えないのが大事です。|ハイゼット
  1. 【知ってますか? ディーラーで買えるプレミアムな日産・セレナ】売れてるミニバンに際立つ個性と爽快な走りを|コンプリートカー カスタム
    【知ってますか? ディーラーで買えるプレミアムな日産・セレナ】売れてるミニバンに際立つ個性と爽快な走りを|コンプリートカー カスタム
  2. 【知ってますか? ディーラーで買えるプレミアムな日産・セレナ】売れてるミニバンに際立つ個性と爽快な走りを|コンプリートカー カスタム
もっと見る