新型ハリアーの内外装のポイントをチェック! | 後期型NEW HARRIER 徹底解剖!!

スポンサードリンク

ドレナビLINEアカウントをフォロー
ドレナビLINEアカウント

ドレナビTOPへ
ハリアー(60系)記事一覧へ


後期型NEW HARRIER 徹底解剖!!

メイン画像

2013.11 3代目 60ハリアー(前期)デビュー

2017.6 60ハリアー(後期)販売開始 ←イマココ!! 

グレード体系が若干変更新たにターボ車が追加

前期
プレミアム“アドバンスドパッケージ”
プレミアム
エレガンス
グランド
ハイブリッド車 / 2.0LガソリンNA車

前期は3グレード+アドバンスドパッケージというラインアップ。
エンジンはハイブリッドと2LガソリンNAの設定だった。

前期
プログレス“メタル&レザーパッケージ”
プログレス
プレミアム“メタル&レザーパッケージ”
プレミアム
エレガンス
ハイブリッド車 / 2.0LガソリンNA車 / 2.0Lターボ車

後期になってグランドがなくなり、最上級グレードにプログレスが加わった。
さらに特別装備を持つメタル&レザーパッケージが登場。
エンジンはターボ車が追加。

ダウンサイジングターボ新搭載

ダウンサイジングターボ新搭載画像
総重量2tに迫るハリアーのボディでもストレスのない走りを実現するトヨタの最新技術が注ぎ込まれた2Lターボエンジン。低回転域からターボを効かせて、レスポンス良く、効率良くパワーを出力。トルクフルで街乗りから高速まで非常に扱いやすいエンジンだと好評だ。

Tha’s NEW HARRIER

後期になってパワーアップしたトコ

前期に比べて車両価格がアップ
後期になって主要装備がより充実されているためか、全体的な車両本体価格が前期に比べてアップしている。グレード体系も変わっているため一概には比べられないのだが、前期で一番安かったグランドと、後期で一番安いエレガンスの差は約15万円ほど。ちなみに後期のNAとターボ車の差額は約44万円ほど。装備などが充実した分、価格は少しアップしているのも覚えておこう。

フォグ&デイライト

フォグ&デイライト画像
フロントバンパーコーナー部に縦型のデイライトが内蔵され、フォグはバンパー開口部の両端に配置される。LEDフォグは全車装備、デイライトはガソリンNA&ハイブリッドのエレガンス以外に装備される。

フォグランプ

フォグランプ画像
前期では丸みをおびたティアドロップ形状だったフォグが少しスクエアに見えるデザインに。位置もフロントバンパー開口部の両端に変更された。光源はLEDで全車標準となっている。

テールレンズ

テールレンズ画像
テールレンズはサイズなどは同じで、デザインが少し変更されている。スモール&ブレーキが面発光風になっている。

リアゲートライン

リアゲートライン画像
リアゲート中央のエンブレムにかかるようにレッドラインが追加されている。テールレンズデザイン同様、リアスタイルですぐに後期とわかるポイント。

TSSP

TSSP画像
最近のトヨタ車に標準化されている最新の安全装備「トヨタセーフティセンスP 」がハリアー後期にも採用されている。

新色ダークサドルタンが新設定

新色ダークサドルタンが新設定画像
高級感のある造りに定評のあるインテリアのグレード感をさらに高めるダークサドルタンが新色として追加。ターボ車以外のグレードで選択可能。

電動Pブレーキ/ブレーキホールド

電動Pブレーキ/ブレーキホールド画像
サイドブレーキは電気制御となり、ヴェルファイアやプリウスなどで好評のAUTOブレーキホールド機能も全車に標準装備。

シフトノブ

シフトノブ画像
シフトノブはメタル調のパネルが加飾され、洗練されたフォルムになっている。

ナビゲーション

ナビゲーション画像
純正8インチだったナビモニターが、純正でも9.2インチが選べるようになった。大画面で操作性と視認性がアップ。

シフトパネル

シフトパネル画像
アルミヘアライン調の質感高いシフトパネルがメタル&レザーパッケージに採用されている。

ドアスイッチパネル

ドアスイッチパネル画像
ハイブリッドとNA 車のメタル&レザーパッケージはピアノブラック、他グレードは黒木目調。

カードキー

カードキー画像
メタル&レザーパッケージには通常のスマートキーとは別にカードキーが付属。

C-HRに続き後期ハリアーも流れるウインカーを純正採用

流れるウインカー画像1
流れるウインカー画像2
流れるウインカー画像3
C-HRで純正採用され話題になったフロントヘッドライトの流れるウインカー。後期ハリアーにもエレガンス(ターボ車を除く)以外のグレードに全車標準装備となっている。切れ長のヘッドライトユニット下部分を走るオレンジの閃光はスタイリッシュさ抜群。圧倒的にインパクト抜群のフロントフェイスをアピールできる部分だ。

話題のターボ車には専用装備がある!

後期ハリアーの話題の中心にいるのがやはり新設定されたターボ車モデル。エンジンだけでなく、ターボ車だけの専用装備も多いのでチェックしてみよう。ここでクローズアップしている部分以外にも、専用グリルや専用18インチアルミホイール、さらには専用パフォーマンスダンパーなどがターボ車だけの標準装備となっている。ターボエンジンを搭載しているだけにスポーツ感を強調する加飾や、走行性を向上させる仕様になっている。

プレミアムナッパ本革「ブラックレッド」
プレミアムナッパ本革「ブラックレッド」画像

ウルトラスエード+合成皮革「ブラックレッド」
ウルトラスエード+合成皮革「ブラックレッド」画像
ターボ車専用シートにはレッドステッチが入る。メタル&レザーパッケージは本革仕様。その他のターボ車はスエードモデルとなる。

パネル系はメタルカーボンが標準画像
パネル系はメタルカーボンが標準となる。レッドステッチやブラックレザーとの相性も抜群。

ステアリング画像
ステアリングは本革巻きでレッドステッチ×ディンプル加工が施されたスポーツモデル。

ヘッドライト画像
ヘッドライトのインナーはスモークメッキに。もちろんウインカーはシーケンシャル仕様だ。

インテリア各部のブラックレザー画像
インテリア各部のブラックレザーが高級感を演出し、レッドステッチがスポーツ感を底上げ。ターボ車標準装備のアイデンティティ。

走行制御モードスイッチ画像
走行制御モードスイッチに「スポーツモード」が付いているのはターボ車だけ。スポーティな走りを堪能できる味付けになっている。

カーボンアレンジ画像1
カーボンアレンジ画像2
カーボンアレンジ画像3
ヘッドライトのインナーの一部とテールレンズのサイド部にさり気なくカーボンアレンジが入っている。

(スタイルRVより)

スポンサードリンク

記事の車種

サイト内検索

アクセスランキング

  1. ムカシのクルマにはついていて、最近のクルマにはあんまりついていない。ボンマスって知ってる?|フジモンのクルマ生活豆知識 98
    2018年06月18日
    ムカシのクルマにはついていて、最近のクルマにはあんまりついていない。ボンマスって知ってる?|フジモンのクルマ生活豆知識 98
  2. ムカシのクルマにはついていて、最近のクルマにはあんまりついていない。ボンマスって知ってる?|フジモンのクルマ生活豆知識 98
  3. ROJAM後期ハリアー、スポーティを磨く新意匠で登場! ダズル迷彩のドアプロテクターにも注目!
    2018年06月18日
    ROJAM後期ハリアー、スポーティを磨く新意匠で登場! ダズル迷彩のドアプロテクターにも注目!
  4. ROJAM後期ハリアー、スポーティを磨く新意匠で登場! ダズル迷彩のドアプロテクターにも注目!
  5. 反対にガッツリローダウンのスズキ・ハスラーもあります!|軽トラLIFT-UP STYLE セルフトレーディング Part3
    2018年06月19日
    反対にガッツリローダウンのスズキ・ハスラーもあります!|軽トラLIFT-UP STYLE セルフトレーディング Part3
  6. 反対にガッツリローダウンのスズキ・ハスラーもあります!|軽トラLIFT-UP STYLE セルフトレーディング Part3
  7. 30後期にエアサス! 車高調並みの低さでも快適滑走、安心のACC!!|アルヴェルD-UP最新案内007
    2018年06月18日
    30後期にエアサス! 車高調並みの低さでも快適滑走、安心のACC!!|アルヴェルD-UP最新案内007
  8. 30後期にエアサス! 車高調並みの低さでも快適滑走、安心のACC!!|アルヴェルD-UP最新案内007
  9. 車高調の次はビッグキャリパー!!  ブリッツで30後期のフットワーク完・全・攻・略|アルヴェルD-UP最新案内008
    2018年06月19日
    車高調の次はビッグキャリパー!!  ブリッツで30後期のフットワーク完・全・攻・略|アルヴェルD-UP最新案内008
  10. 車高調の次はビッグキャリパー!!  ブリッツで30後期のフットワーク完・全・攻・略|アルヴェルD-UP最新案内008
もっと見る

お気に入りの車種

人気車種から探す

もっと見る