キミはSEMAショーを知っているか?フジのサイトでUSカスタムを網羅!

スポンサードリンク

ドレナビTOPへ

カスタム好きのみなさん、SEMA SHOW(セマショー)ってご存知でしょうか?
日本ではカスタムカーの祭典といったら有名なのは東京オートサロンですが、アメリカではこのSEMAショーがだんとつ有名なんです。
むしろ世界一のカスタムカーの祭典といっても間違いないでしょう。
年に一度、10月末頃か11月頭頃から開催されており、ハロウィーンかセマかくらいの勢いでアメリカでは大盛り上がりです。
2017年はなんと51回目の開催です。場所はラスベガス。いったことがある人もない人も”ラスベガス”という名前を聞いただけでなんだかスゴそうだというのは伝わるでしょう。
日本はもちろん、世界各国からカスタムビルダーやメーカーなどが集結して、スゴいクルマをアピールしまくっているものですから、スゴくないわけがないんですね。

トップの写真にあるようにアメリカらしいとんでもないクルマがたくさんみられるんですよ。
今年はもう終わってしまいましたが、来年はぜひみなさんもいってみてくださいね。
……なんて気軽にいえる場所ではありませんよね。

そんな時はやっぱりインターネットですよ。「SEMAショー」なんて検索したら無数に情報がでてくるなかで、ドレナビが注目したのはタイヤ&ホイール専門店「フジ」のサイトです。
フジのサイトは基本的にタイヤ&ホイールのショッピングサイトなんですが、その中に『世界のモーターショー写真集』なるコンテンツがあります。
これはフジのスタッフが実際に世界のショーに足を運び、いいと思ったクルマやパーツをバシバシ写真に撮りまくっているコーナーなんですね。

そのなかにありました「SEMAショー 2017」が。
これのいいところは、ただただひたすら写真だけをスライドして見ることができるところです。
余計な説明は一切なし!
「だってカスタムカーって理屈じゃないでしょ?mパッと見の第一印象でしょ?」といわんばかりのいさぎのよさです。

それもほとんどのクルマが同じようなアングルで撮影されているのでスライドして見やすいんですね。
その数なんと181枚もあります。
これだけあれば、かならずカスタムやドレスアップの参考になる写真があるはずですよ。

それでは少しだけどんなクルマがあるかチェックしてみましょう。

まずはこちらです。
みなさんはこのクルマをご存知でしょうか?
パッと見でスーパーカーというのはおわかりいただけると思いますが、名前は「パガーニ ウアイラ」というイタリアのクルマになります。
それもオープンタイプの「ウアイラ ロードスター」。
なんと世界限定100台しかないクルマで、お値段日本円で約2億8000万円です。ビックリですよね。
パワーも775馬力もあります。
一生に1度みれるかみれないかのクルマがあるのもセマショーのスゴさのひとつですね。

日本ではあまり馴染みのないピックアップトラックですが、アメリカでは人気がスゴイんですね。
セマショーにはたくさんのピックアップトラックが展示されています。
フォードのF-150はいまもむかしも大人気の車種で様々なカスタムがほどこされています。
こちらはマットな感じがカッコいいです。

アメリカでは”GODZILLA(ゴジラ)”の愛称で親しまれているGT-Rもこのように独特なカスタムが施されています。
日本だとGT-R=チューニングというのが一般的ですが、アメリカはなんでもアリなんですね。
カスタムペイントの腕を競い合っているのもアメリカンカスタムの特徴ともいえます。

そのほかにもフジコーポレーションのサイト内にある『世界のモーターショー写真集』には世界各国のモーターショーでみつけたスゴいクルマの写真が、なんと2013年から撮りためてあります。
ぜひ見てみてくださいね。


スポンサードリンク

期間工.jp|大手メーカーの期間工・期間従業員の求人情報サイト

記事のパーツ

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る