エアロ開発ラッシュ!KUHLから3台立て続けに新作がでる!

スポンサードリンク

ドレナビTOPへ
アルファード(30系)ノア(80系)ハイエース(200系)レジアスエース(200系)記事一覧へ

2017年もそろそろ終わりに近づいてきましたが、じつは12月はドレスアップ&カスタム業界では新作ラッシュの時期だって知っていましたか?それはなぜか?毎年1月のはじめに東京オートサロンという日本最大級のアフターパーツメーカー&ショップのイベントがあるからなんですね。そこに向けて開発されている車両やパーツが、12月頃からチラホラと見え始めてくるんです。
KUHL(クール)といえば、東京オートサロンにはかかせない存在です。初出展となる2013年以来、つねに話題をかっさらい最前線に立ち続けているメーカーなんです。出展するクルマのスゴさもさることながら、台数が多いことでも有名です。
そんなKUHLの12月から1月にかけて完成するエアロパーツの情報がはいってきました。まだCG画像ですが、紹介したいと思います。

ALPHARD・アルファード S(30系)



先行して発売されている30系ヴェルファイア用バンパーエアロが好評を博しているなか、待望の30系アルファード用バンパーエアロがついに登場します。サイドステップとリアバンパー、リアフローティングディフューザーは30系ヴェルファイア用と共通としながらも、フロントバンパーとフロントディフューザーは完全新デザインでの登場となります。今回は純正フォグランプを活かした迫力のある形状が特徴的ですね。エアロ自体の完成は12月上旬を予定しているので、東京オートサロンには確実に登場しますが、展示される車両は全体にカスタムペイントが施されて、このCGとはまったく違ったデモカーになるとのこと。ぜひその目で確かめてくださいね。

【パーツ構成】

フロントバンパー
フロントデュフューザー
サイドステップ
リアバンパー
リアフローティングディフューザー
レーシングボンネット

HIACE WIDE・ハイエースワイド(200系・4型)




こちらもついにお待ちかねの200系ハイエースワイドボディ用エアロキットです。これまでは標準ボディ用だけのラインアップだったので、待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか?サイドステップ、サイドステップディフューザーとリアバンパー、リアフローティングディフューザーは標準ボディ用のデザインをフィードバックさせていますが、フロントバンパーとフロントディフューザーはまったく新しいデザインを採用しています。もちろん、KUHLのアイデンティティともいえるレーシングボンネットも用意されていますよ。CG画像はフロントグリルの塗り分けによっての見え方の違いをみせています。完成は東京オートサロンでの発表となるようですが、こちらのデモカーもCG画像とは違う、フルカスタムペイントが施された状態となる予定なので楽しみですね。

【パーツ構成】

フロントバンパー
フロントデュフューザー
サイドステップ
サイドステップディフューザー
リアバンパー
リアフローティングディフューザー
レーシングボンネット

NOAH・ノア Si(80系後期)



残念ながら東京オートサロンでの展示予定はないとのことですが、80系ノアの後期用エアロパーツが12月末頃に完成します。80系ヴォクシー後期用のエアロが完成していたので、ノア用もでるかと期待していましたが、ちゃんと期待にこたえてくれました。こちらは上の2車種と違ってハーフタイプのフロントリップスポイラーとなりますが、KUHLらしいレーシングなデザインがよく似合っていますね。CG画像では純正フロントグリルを塗り分けた場合の見え方の違いを比べていますが、どれもかなり個性がアップしそうです。東京オートサロンではこの80系ノアの展示はありませんが、80系ヴォクシーは展示予定なので、そちらもチェックしてみてください。

【パーツ構成】

フロントリップスポイラー
サイドディフューザー
リアフローティングディフューザー


スポンサードリンク

期間工.jp|大手メーカーの期間工・期間従業員の求人情報サイト

おすすめコンプリートカー情報

おすすめコンプリートカー情報

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る