デイライトやリフレクターがウインカー点滅するっ! 鮮烈なり前後ダブル発光 | C-HR激推し宣言!!

  • 公開日時 :

昼夜問わず視線独占!!

LANBO


C‐HRの攻略ポイントとして挙げられるのが、フロント/リアバンパー両サイドに設置される三角形状のパネル部分。リアはリフレクターが装備されているが、フロントはただの樹脂製パネルが備わっているだけ。そんなウイークポイントの攻略に最適なのがランボから登場したライティングキット。

フロントはデイライト/ウインカーランプの切り替えが可能なメッキパネルキットで、日中でも圧倒的な光で存在をアピール。樹脂パネルとまるごと交換するので、スマートにインストールできるのも大きな魅力。対するリアはポジション/ブレーキランプ連動のダブル発光タイプ。しかもスリット型デザインとすることで、さり気なくスポーティなムードも演出できる。見た目はもちろん、実用性も兼ね備えたアイテムだ。

LEDデイライトキット

デイライト時はホワイト点灯、ウインカー時はオレンジ点滅に切り替わる

デイライト点灯

ウインカー点灯

LEDの光源が直接見えないように配されているため、間接照明的な光りで発光。パネル本体とインナーレンズはメッキ処理が施されている。
■ 価格:1万8000円

LEDリフレクターガーニッシュキット

純正のリアリフレクターパネルとまるごと交換する設計

ポジション時には弱く、ブレーキ時に強くLEDが点灯するダブル発光仕様になっている。
スモール点灯

ブレーキ点灯

LED本体が3連スリットダクト風に設置されているのもポイント。
■ 価格:1万9000円

斬新なグラデカラー&カーボンパネル開発中


ランボからの新しい提案が、グラデカラーとカーボン調を採用したインテリアパネル。グラデカラーは赤×黒以外も現在検討中とのこと。
他にも大量のインテリアパーツのリリースを計画している。


純正交換型のステアリングはガングリップ&カーボン仕上げ。中央のスポーク部分は別売の貼り付けパネル。


グローブボックス上部を大胆にカバーするレザーパネル。ステアリング脇まで繋がっている一体式だ。


グラデパネル、カーボン調パネル、そしてレザーパネルと、3つの商品で構成される予定。単品での装着もアリ。


後部座席のドアパネルも同様にコーディネイト可能。レザーパネルのレッドステッチがアイキャッチに効果的だ。

(スタイルワゴンより)

アクセスランキング

  1. 1万円で圧倒的な明るさが手に入る! ハロゲンから高品質なHIDへ
    2019年07月17日
    1万円で圧倒的な明るさが手に入る! ハロゲンから高品質なHIDへ
  2. 1万円で圧倒的な明るさが手に入る! ハロゲンから高品質なHIDへ
  3. 前期モデルもガソリン仕様のみ、今でも継続販売!!【旬のオフ系カスタム狙い】デリカD:5に最新&注目ホイール18本をVRマッチング!! 【#01/04】
    2019年07月17日
    前期モデルもガソリン仕様のみ、今でも継続販売!!【旬のオフ系カスタム狙い】デリカD:5に最新&注目ホイール18本をVRマッチング!! 【#01/04】
  4. 前期モデルもガソリン仕様のみ、今でも継続販売!!【旬のオフ系カスタム狙い】デリカD:5に最新&注目ホイール18本をVRマッチング!! 【#01/04】
  5. 【新型RAV4のインチアップ考察】16〜22インチまでオンもオフも幅広くホイール選びができる
    2019年07月16日
    【新型RAV4のインチアップ考察】16〜22インチまでオンもオフも幅広くホイール選びができる
  6. 【新型RAV4のインチアップ考察】16〜22インチまでオンもオフも幅広くホイール選びができる
  7. やっぱりボルボのワゴンは美しい|ボルボ・V60【スタワゴ的カスタム目線で輸入車を知る!】
    2019年07月16日
    やっぱりボルボのワゴンは美しい|ボルボ・V60【スタワゴ的カスタム目線で輸入車を知る!】
  8. やっぱりボルボのワゴンは美しい|ボルボ・V60【スタワゴ的カスタム目線で輸入車を知る!】
  9. 想像を超えるキャビン&ラゲッジの広さ! ホンダ・フィットシャトル(2011年6月〜2013年8月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー&試乗記
    2019年07月17日
    想像を超えるキャビン&ラゲッジの広さ! ホンダ・フィットシャトル(2011年6月〜2013年8月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー&試乗記
  10. 想像を超えるキャビン&ラゲッジの広さ! ホンダ・フィットシャトル(2011年6月〜2013年8月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー&試乗記
もっと見る