古臭い? ワザとなんです。明るさを確保して色味は旧車風のHIDに換装!

  • 公開日時 :

敢えて初代ステップワゴンをカスタム

純正っぽくて明るいハロゲン色HIDで見通し良好!


ヘッドライトを3200Kのハロゲン色HIDに交換。純正に近いイエローの光は、ボディカラーにマッチするだけでなく、明るさもアップして夜間の見通しも良好。なぜか気持ちまで明るくなったかも!?

Before

ヘッドライトのバルブは、クルマ購入時からブルー系ライトのHIDが装着されていた。なので、今回の交換はいわば「ノーマルと近い光にする」ことになる。だけど、単に先祖返りさせるためではなく、最新の技術でハロゲンの温かみあるライトを再現したかったのだ。実際にエエ感じの効果が出たと思う。

装着したのは「ライザーⅡ HIDキット」。選んだ理由は、まず初代ステップワゴンのヘッドライト規格35W・H1タイプがラインアップされていたため。当初の目論みでは、今最先端のLEDバルブに交換だったのだが、H1は最近のクルマに設定がない規格のためか、適合製品はほぼなし。そこで、適合があるHIDに絞ったというわけ。ブルーに光るタイプは元々装着されているし、なによりサンドベージュのボディカラーにマッチしない。どうせなら、純正に近いイエロー系の方が似合うのでは? と判断。3200Kのハロゲン色があり、明るさもかなりアップすると評判のこの製品をセレクトさせて頂いた次第だ。
今回は左右のロービーム側のみ交換した。装着後に、早速ヘッドライトを点灯してみると、イエローの色調がうまくボディカラーにマッチする。まさに光のコーディネイト! 光のカラー選択は大成功だ。
しかも、夜間走行で以前より視界が良くなったように感じる。以前は光が路面に吸収される感じで、ちょっと見えづらい時があった。ちなみに、このタイプは路面が光を反射する雪道でも、視認性が良好なんだとか。悪状況下の夜間走行でも前方が見やすいのは、とっても安心だ。

あと、思わぬ効果がもうひとつ。夜間運転中に気持ちまで少し明るくなった気がする。視認性がよくなり、運転に余裕ができたためかな? 理由は何にせよ、どんなことも「先の見通しが明るい」のはいいことだと、実感した今日この頃であった。

 LYZER(ライザー) LYZERⅡ HIDキット


HIDバーナーの灯体にUVカットクリスタル石英ガラスを採用、HIDのスパーク時に発生する紫外線を防ぎ、レンズの黄ばみや劣化を軽減。小型高性能のデジタルバラスト「LYZER」により、HID初動時から安定した光を実現する。
カラーは3000K・3200K・6000K・8000Kを用意。

今回装着した35W・H1タイプで2万3760円(税込)。
初代ステップワゴンへの装着には、別売りのバルブアダプター(税込3024円)も必要だ。


ガラス管を無菌真空状態で製造するなどの徹底した品質管理により、ハロゲンの7倍の長寿命も実現する。


スリットにより放熱効果も高いバラスト。今回は、エンジンルーム左側のスペースに両面テープで固定。

協力ショップ JETSTROKE

施工は千葉のショップ・ジェットストロークさんにお願いした。さすがプロ、手際よい作業で装着完了!

(スタイルワゴンより)

ジェットストローク

電話 : 047-446-5557 URL : http://www.jetstroke.com/

記事情報

  • 公開日時 :