2)ネガキャンの付け方 | ノア&ヴォクシー&エスクァイア フットワーク基礎講座

  • 公開日時 :

スタイルと乗り心地を両立する FOOTWORK基礎講座

2)ネガキャンの付け方


ノア&ヴォクシー&エスクァイアは、使い勝手のいいサイズや充実した装備から、ファミリー層に人気の高いクルマ。家族と一緒に乗る機会も多いだけに、乗り心地を重視するオーナーも多いのが事実。ここではノア&ヴォクシー&エスクァイアに装着可能なフットワークのメニューから、ローダウンにおける注意点までを紹介しているので、自分の目的や用途に合ったフットワークを実現してほしい。  

ローダウン時のホイールセッティングで必要になる

ネガティブキャンバー(ネガキャン)の付け方

ネガティブキャンバー(ネガキャン)とは、タイヤがハの字を描くタイヤ&ホイールの角度のこと。ノア&ヴォクシー&エスクァイアの場合、サスペンションの構造上、ローダウンしてもほとんどネガキャンが付かない。大口径ホイールを装着し、ホイールをフェンダーとツライチにしたり、ツラウチにするようなセッティングを目指すドレスアップ上級者にとって、ネガキャンは外せないテクニックとなる。ネガキャンを付ける方法は以下の通り。まずフロントは、車高調、エアサスに限らず、ショック下部のブラケット固定ボルトを細いタイプに変えると、ボルト径が細くなったすき間の分だけキャンバーを付けられる。またストラットのアッパーマウントを調整機能のついたタイプにすれば、そこでもキャンバー調節が可能となる。リアはトーションビーム式サスの構造上、サスペンション側でキャンバー調整は難しいので、キャンバープレートをハブ内に入れて調節したり、キャンバービームに交換するのが一般的。詳しくはショップに相談してみよう。

フェンダーの外にタイヤがハミ出た画像
20インチなどの大口径タイヤを入れて、車高がノーマルのままだとフェンダーからタイヤがハミ出ているのがわかる。ローダウンしてもキャンバーが付かなければフェンダーの外にタイヤがハミ出たままとなる

ネガティブキャンバーセッティング画像
キャンバーが付くように調整してあるクルマの場合は、ローダウンするとタイヤがフェンダーの内側にキレイに入りこむ。これがホイールセッティングの上級テク、ネガティブキャンバーセッティングだ。

フロント

ボルト交換画像

ボルト交換

フロントのショックは下部を片側2本のボルトで固定しているのだが、そのボルトを径の細いものに交換すれば隙間の分だけキャンバーが付けられる。キャンバーボルトと呼ばれているアレだ。

調整式アッパーマウント画像

調整式アッパーマウント

フロントの車高調のアッパーマウントがこのような調整式のピロアッパーだったり、調整機能の付いているアッパーマウントなら、溝の部分のスライド量だけキャンバーを調整することが可能だ。

リア

キャンバープレート画像

キャンバープレート

プレートの上部と下部で厚みが異なる金属製のプレートを、リアのハブ内に装着することでキャンバー角度をつける専用のプレート。

リアキャンバービーム画像

リアキャンバービーム

純正と交換することで、車高ダウンとキャンバー調整、オフセット調整が可能になるトーションビーム。写真はTセレクション製だが、80系用はまだ発売未定とのこと。

(スタイルワゴンより)