簡単・デジタル・ワイヤレス、これがエアフォースジャパン次世代エアサスのキーワード!

  • 公開日時 :

「簡単」「デジタル」「ワイヤレス」がエアサス次世代スタンダードだ!

AIR FORCE JAPAN

目指したのは新しい時代のエアサス。面倒な車内への配線の引き込みを最小限にしたイージーインストール、そして便利さを体感できるデジタル&ワイヤレス。エアフォースジャパンのキットは、これからのエアサスのスタンダードになる!

メイン

次世代エアサスのキャッチコピーで、登場以来シェアを拡大しているエアフォースジャパン。それを実現しているのが、スーパーパフォーマンスキットにパッケージされているコンパクトで高機能なセンサーシステムとワイヤレスリモコンだ。

センサーシステムを形成するボックスには、いわゆる電磁弁と、エア圧を検出するデジタルプレッシャーシステムを一体化。そのセンサーシステムが検出したデータを、専用ECUがデジタル化し、ワイヤレスリモコンにエア圧を表示するという仕組み。それにより、リモコンだけでエア圧の確認と車高の調整ができるようになったというわけだ。

そのワイヤレスリモコンには4つの車高をメモリーする機能を搭載。ボタンひとつで記憶した車高に設定できるので、より簡単にエアサスの醍醐味を堪能できるようになっている。エンジン始動時に走行車高に設定する機能もあり、走行前に車高を合わせていた従来システムのようなわずらわしさもない。

しかも、このシステムのいいところは、取り付けやすさにも貢献していること。コンパクトなボックス内に必要な部品が組み込まれているので、従来よりも装着する部品点数を大幅に低減。さらにワイヤレスリモコンが、メーター&スイッチも兼ねていることにより、配線やホースなど、最小限の引き込みで済むようになったというわけ。その結果、エア漏れなどのリスクも低くなっているのも大きなトピックのひとつだ。

より精度を求める人には、ハイトセンサーシステムをパッケージにしたゴールドキットを設定。すでにエアサスを装着している人が、いずれかのエアマネジメントシステムを導入することで次世代エアサスを体感できるのも必見。

50 PRIUS

段差を気にせず走行できるMAX UPから、リムかぶりまで下がるMAX DOWNまでエアサスならではのパフォーマンスを堪能できる。次世代エアサスなら、この調整をワイヤレスリモコンで簡単に行える。

MAX UP
MAX UP

MAX DOWN
MAX DOWN

30 VELLFIRE

ヴェルファイアでのMAX UP→MAX DOWNは写真のような感じ、下まわりから向こう側が見える車高から、モデリスタのエアロが着地しそうなほどの低さまで実用性とルックスをひとつのキットでまかなえる。

MAX UP
MAX UP

MAX DOWN
MAX DOWN

AIR FORCE JAPAN AIR SUSPENSION LINE UP

AIR FORCE JAPAN AIR SUSPENSION LINE UP

Prices

ユニバーサルキット 40万円
ラグジュアリーキット 48万円
スーパーパフォーマンスキット 65万円
ゴールドキット 73万円

Specifications

動作 機械式/電磁弁式
減衰力調整 36段階(車種による)
全長調整 標準
4輪独立 設定あり (スーパーパフォーマンス以上)
価格 40万円〜
対応車種 500車種以上
構造変更書類 標準
保証 1年

エアフォースジャパンでは、予算重視のユニバーサルキットから、ワイヤレスリモコンを採用したスーパーパフォーマンスキット&ゴールドキットまで、全4タイプを用意。足まわりは、どのキットを選んでも共通だ。

ワイヤレスリモコン
AIR FORCE JAPAN AIR SUSPENSION LINE UP3
車高を記憶する4つのメモリー機能によって、ボタンひとつで設定車高に調整することができる。

スーパーパフォーマンスキットのセンサーシステム
AIR FORCE JAPAN AIR SUSPENSION LINE UP2
コンパクトかつデザイン性に優れ、魅せるインストールも可能。

公認申請書類を標準で同梱
AIR FORCE JAPAN AIR SUSPENSION LINE UP4
エアフォースジャパンのキットは、すべて公認申請書類を標準で同梱。キット購入者には、改造申請書を作成するツールを無料で配布するサービスも。

センサーシステム
AIR FORCE JAPAN AIR SUSPENSION LINE UP5
AIR FORCE JAPAN AIR SUSPENSION LINE UP6
センサーシステムは、バッグ内の圧力を測定して調整するタイプ(左)と足まわりにセンサーを取り付け車高を測定する(右)の2種類を設定。すでにエアサスを装着している場合、センサーシステムを増設すれば、次世代エアサスの魅力を味わうことができる。

豊富なオプションで自分好みにカスタム!

ピロアッパーマウント
ピロアッパーマウント
キャンバー調整機能を搭載するピロアッパーマウント(2万9800円)。ストラット形状を採用した車種など、多くの車種に対応しているのも魅力だ。

コンプレッサー
コンプレッサー
標準でクローム仕様のコンプレッサーがキットに含まれているが、注文時に黒と白も選ぶことができる。ドレスアップの仕様など、好みに応じて選ぼう。

ウォータートランスファープリント
ウォータートランスファープリント
ステッカーボムのような柄をアレンジするウォータートランスファーペイント(エアタンク参考価格5万5000円)。オリジナリティを高めるオプションなのだ。

パイピング
パイピング
エアサスを魅せるパーツへと昇華させるパイピング施工(価格は要問い合わせ)。これまでのエアサスの概念を払拭する、次世代のアプローチは注目度大。

(ドレナビ編集部)

(スタイルワゴンより)

記事情報

  • 公開日時 :

アクセスランキング

  1. 50mmリフトアップの試作フォルム。息の長いクルマだからじっくり開発したい|JB64型ジムニー カスタム
    2019年08月22日
    50mmリフトアップの試作フォルム。息の長いクルマだからじっくり開発したい|JB64型ジムニー カスタム
  2. 50mmリフトアップの試作フォルム。息の長いクルマだからじっくり開発したい|JB64型ジムニー カスタム
  3. 最新のハリアーカスタムとは!? ボディキット、ホイール、足まわり……。60ハリアーをイジるためのすべてが集約した1冊が登場!
    2019年08月22日
    最新のハリアーカスタムとは!? ボディキット、ホイール、足まわり……。60ハリアーをイジるためのすべてが集約した1冊が登場!
  4. 最新のハリアーカスタムとは!? ボディキット、ホイール、足まわり……。60ハリアーをイジるためのすべてが集約した1冊が登場!
  5. マツダ3にも使える! エンジンルームに赤のアクセント、オイルレベルゲージグリップ登場|マツダ カスタム
    2019年08月22日
    マツダ3にも使える! エンジンルームに赤のアクセント、オイルレベルゲージグリップ登場|マツダ カスタム
  6. マツダ3にも使える! エンジンルームに赤のアクセント、オイルレベルゲージグリップ登場|マツダ カスタム
  7. 斜めデュアルとダウンテール! トムスのマフラーが登場!|60系ハリアー UX250h カスタム
    2019年08月23日
    斜めデュアルとダウンテール! トムスのマフラーが登場!|60系ハリアー UX250h カスタム
  8. 斜めデュアルとダウンテール! トムスのマフラーが登場!|60系ハリアー UX250h カスタム
  9. リモコン操作もできる流れるウインカーって?|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
    2019年08月23日
    リモコン操作もできる流れるウインカーって?|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
  10. リモコン操作もできる流れるウインカーって?|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム
もっと見る